パーソナルトレーナーが語る、ダイエットに大切な痩せるために必要な血糖値を下げるインスリンについて (パーソナルトレーナー 資格 池田達也)

皆さんこんにちは!「ひゃっくり」より「しゃっくり」派。パーソナルトレーナーの池田です!突然ですが、「インスリン」をご存知でしょうか?これまた生命を維持するのに大切なホルモンな訳ですが、このインスリンの分泌をうまくコントロールする事でダイエット効果が見込めてしまうのです!そこで今回は、「インスリンとは何か」「どのようにして分泌をコントロールするのか」などなど。インスリンについてご紹介いたします!


facebookInstagram

ダイエット初心者必見! “痩せる”に役立つ豆知識(vol.6) 〈インスリン〉

皆さんこんにちは!

「ひゃっくり」より「しゃっくり」派。
パーソナルトレーナーの池田です!

突然ですが、「インスリン」をご存知でしょうか?

これまた生命を維持するのに大切なホルモンな訳ですが、このインスリンの分泌をうまくコントロールする事でダイエット効果が見込めてしまうのです!

そこで今回は、「インスリンとは何か」「どのようにして分泌をコントロールするのか」などなど。インスリンについてご紹介いたします!

〈目次〉
1.【インスリンとは?】
2.【インスリンの分泌を抑えるには?】
① 低GI値食品の活用
② ベジファーストの食事
③ 小分けに食べる
3.【血糖値を上げにくいおすすめの食品・栄養素】
①水溶性食物繊維
②タンパク質
③良質な油
4.【まとめ】

画像1

1.【インスリンとは?】
インスリンは血糖値を下げる働きのある唯一のホルモンです!

食事から糖を取ると血糖値が上昇し、血糖値を下げるべく膵臓から”インスリン”が分泌されるのです。

このインスリンが血液中のブドウ糖(血糖)を筋肉などに取り込みエネルギーとして利用する働きを持っているのですが、脂肪の合成にも大きく関わってきます。

つまり血糖値の上昇を抑え、インスリンの過剰分泌を抑えることがダイエットのカギとなるということですね!

画像3

2.【インスリンの分泌を抑えるには?】

①低GI値食品の活用

玄米や全粒粉パンなどのGI値が低いものを選ぶことで血糖値の上昇を抑え、インスリンの過剰分泌を抑制してくれる。
②ベジファーストの食事

血糖値のコントロールには、食べる順番も重要です。最初に、消化に時間がかかるタンパク質や繊維質の多い野菜を食べれば、その後に糖質の多いご飯やパンを食べても、急激に吸収されるのを抑えてくれます。

痩せる食べ方として、「野菜→タンパク質→糖質」の順番で食べるのが理想的。外食などで野菜が摂れないときも、最初はタンパク質を食べるように心がけましょう!
③小分けに食べる

一気に大量の食事を摂るよりも何回かに分けて摂取したほうが、当然血糖値は上がり過ぎません。つまり小分けにして食べれば、無理に食べる量を減らさなくとも、ダイエット効果があるのです!

画像4

3.【血糖値を上げにくいおすすめの食品・栄養素】

①水溶性の食物繊維

海藻、こんにゃく、緑黄色野菜、納豆、大麦、果物、ネバネバした野菜など。

根菜や玄米に多く含まれる「不溶性食物繊維」よりも、水に溶けるとゼリー状になる「水溶性食物繊維」がオススメ。

糖質を包み込んでゆっくりと胃や小腸に移動し、糖質の消化・吸収スピードも穏やかになり血糖値の急激な上昇が防げます。

ベジファーストで食べる際はこちらの水溶性食物繊維を意識して摂るようにしましょう!

②タンパク質

タンパク質も消化に時間がかかり、胃の中に長く滞留します。

糖質と胃の中で混じり合い、ゆっくりと消化・吸収されるため、血糖値の急上昇を防げます。

ご飯を食べる前にお肉やお魚を先に食べると良いでしょう!

③ 良質な油

野菜があまり摂れないという方は消化・吸収に時間がかかり、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる「油」の活用もオススメです!

ただ揚げ物やスナック菓子などの悪い油ではなく、青背魚の油やえごま油などの「オメガ3系」、オリーブやアボカドなどの「オメガ9系」を摂るようにしましょう!

ですが油はカロリーが高いため良質なものといっても摂りすぎには注意が必要です!

画像2

4.【まとめ】

今回はインスリンについてご紹介致しました。下記にまとめます。

• インスリンとは血糖値を下げる唯一のホルモン。
• インスリンの過剰分泌を防ぐには血糖値の上昇を抑えるのがポイント!
• 食事はこまめに野菜やタンパク質から。
• 低GI値食品を上手く活用する
いかがでしょうか!

食事の摂り方や食材を意識して、インスリンの分泌をコントロールすることが大切だとお分かり頂けたのではないでしょうか!

正しく痩せて健康と肉体美を手に入れましょう!!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の池田達也でした。
次回の記事もよろしくお願いします。

池田達也,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:池田達也

関連記事

ダイエット初心者必見! “痩せる”に役立つ豆知識(vol.7) 〈腸内環境〉 (パーソナルトレーナー 資格 池田達也)

ダイエット初心者必見! “痩せる”に役立つ豆知識(vol.7) 〈腸内環境〉 (パーソナルトレーナー 資格 池田達也)の画像

ダイエット初心者必見! “痩せる”に役立つ豆知識(vol.7) 〈腸内環境〉

皆さんこんにちは!

シチューにはパンよりもご飯。
パーソナルトレーナーの池田です!

腸内環境を意識して日々の生活を送っておりますでしょうか?

「健康のためにも腸内環境が大切!」という言葉をよく耳にしますが実際のところ、どのように腸内環境の良し悪しを判断するのか分からない方も多いのでは?

腸内環境を整えることは健康的に繋がることはもちろん、ダイエットにも大きく関わって参ります!

そこで今回は腸内環境の判断方法や整える方法など、ご紹介しますのでぜひチェックしてみてください!

ダイエット初心者必見! “痩せる”に役立つ豆知識(vol.5) 〈糖質ゼロと糖類ゼロの違い〉 (パーソナルトレーナー 資格 池田達也)

ダイエット初心者必見! “痩せる”に役立つ豆知識(vol.5) 〈糖質ゼロと糖類ゼロの違い〉 (パーソナルトレーナー 資格 池田達也)の画像

ダイエット初心者必見! “痩せる”に役立つ豆知識(vol.5) 〈糖質ゼロと糖類ゼロの違い〉

皆さんこんにちは!

カレーよりもハヤシライス派。
パーソナルトレーナーの池田です!

最近では糖質制限ダイエットをされる方が増えてきたように思えます。

そのためかコンビニやスーパーなどでは多くの糖質ゼロと表記された商品や、糖類ゼロと表記された商品をよく見かけるようになりました!

ですが皆さん、"糖質ゼロ"と"糖類ゼロ"の違いについてはご存知でしょうか?

一見どちらも糖質が抑えられているから糖質制限中でも大丈夫!というように思えますがそんなことはないのです…

そこで今回は、糖質ゼロと糖類ゼロの違いや注意点についてご紹介いたします!

ダイエット初心者必見!”痩せる”に役立つ豆知識(vol.4) 〈咀嚼回数〉(パーソナルトレーナー 資格 池田達也)

ダイエット初心者必見!”痩せる”に役立つ豆知識(vol.4) 〈咀嚼回数〉(パーソナルトレーナー 資格 池田達也)の画像

ダイエット初心者必見!”痩せる”に役立つ豆知識(vol.4) 〈咀嚼回数〉

皆さんこんにちは!

チョミント味好きが周りに居なくて悲しい
パーソナルトレーナーの池田です!

「ご飯はよく噛んで食べると良い」と言われておりますが、具体的には何がいいの?噛む回数は?などなど。

咀嚼回数を増やすと良いって聞くけど何が良いのか分からない…

今回はそのような方に向けて咀嚼回数を増やす事で得られるメリットやダイエット効果をご紹介致します!

〈目次〉
1.【ダイエットに嬉しい効果】
① 食べ過ぎ防止
② 便秘改善
③小顔効果
④代謝アップ
2.【健康面の効果】
① 睡眠の質向上
② 口臭、虫歯予防
③ 脳の活性化
3.【噛む回数の目安は?】
4.【まとめ】