パーソナルトレーナーPTに大会は必要か(パーソナルトレーナー 資格 草野裕太郎)

※私の記事ではパーソナルトレーナーを、PTで略しています。PTはダイエットのプロと言っても過言でない。ゲストの生活やその日の体調に合わせ、適切な指導・アドバイスを送ることが主。そんなプロが大会に出場しないでどうする!!なんて私は大口叩いていますが、本当に必要なのでしょうか?因みに私は毎年出場しています。毎年増量と減量をしながら生きています。笑よって、年齢を重ねるごとに健康的になってる気がします。笑今回は、大会の種類や出場に関しての記事を書いていきますので今回も最後までお読み頂けたら幸いです!


facebookInstagram

大会での結果はPTにとって欠かせないでしょ!!

※私の記事ではパーソナルトレーナーを、
PTで略しています。

PTはダイエットのプロと言っても過言でない。

ゲストの生活やその日の体調に合わせ、適切な指導・アドバイスを送ることが主。
そんなプロが大会に出場しないでどうする!!

なんて私は大口叩いていますが、
本当に必要なのでしょうか?
因みに私は毎年出場しています。
毎年増量と減量をしながら生きています。笑

よって、年齢を重ねるごとに健康的になってる気がします。笑

今回は、大会の種類や出場に関しての記事を書いていきますので今回も最後までお読み頂けたら幸いです!

まずは大会に出るメリットを完結にまとめました。

・自分を知っていただける。最高のアピールの場。自分を知っていただければ、受け持つゲストの数を増やすことができますし、何より人気度が上昇します。

・自身が大会に出場することで、ダイエットのつまづきをトレーナー自身が経験でき、壁に当たったゲストに適切なアドバイスを送れる。

・目標が常にあるので日々頑張れる、フィットネスに興味があるもの同士と繋がれて知識や人脈が広がる。

●大会のジャンル

・フィットネス系

フィットネスモデル(BBJ主催)
ミス・メンズフィットネス(JBBF主催)
ミス・メンズフィジーク(FWJ主催)

・ボディメイク系

ベストボディジャパン(BBJ主催)
サマースタイルアワード(SSA主催)

・モデル系

モデルジャパン(BBJ主催)
ビューティーフィットネスモデル(SSA主催)
スポーツモデル(令和2年から追加FWJ主催)

・ボディービル系

ボディビル選手権大会(JBBF主催)
クラシックボディービル(FWJ主催)

・フィジーク系

オールジャパンメンズフィジーク(JBBF主催)ベストフィジークジャパン(BBJ主催)
ミス・メンズフィジーク(FWJ主催)

・その他

全日本パワーリフティング選手権
(日本パワーリフティング協会)

など、主催団体によって様々の大会があるのが分かります!

審査基準もそれぞれ違い、主催社毎のカラーがあるので規定ポーズや出る選手の体格も異なってきますので比較するのもこれが面白い!

私はFWJ主催のフィジークに出ています。入賞したりしなかったりそろそろ上位に安定してランクインしていたい。笑

●どの大会が自分に合っているか

上記の通り、様々な大会があります。
年々日本ではボディメイクや競技が流行になっていますので、ただの減量、ただのダイエット
その先で大会に参加を一緒に目指してみませんか?

ダイエットだけでは作れない身体があり、
大会ごとに身体作りの仕方も変わってきますのでハマるとハマりますよ!笑

では、今回はこのぐらいにします。
来月大会なのでジムに行ってきまーす👋

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の草野裕太郎でした。
次回の記事もよろしくお願いします。

草野裕太郎,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:草野裕太郎

関連記事

ボディーコンテスト(FWJ)に参加してVol.3 (パーソナルトレーナー 資格 草野裕太郎)

ボディーコンテスト(FWJ)に参加してVol.3 (パーソナルトレーナー 資格 草野裕太郎)の画像

ボディーコンテスト(FWJ)に参加してVol.3

あけましておめでとうございます!

2020年は何だかんだあっという間で、
2021年も静かに幕開けしましたね。

こればかりは仕方ないですね…
暗いニュースは続きますが是非皆さんで前ムキムキな日々を送りましょう。
本年もマッスル記事上げていきますのでどうぞよろしくお願い申し上げマッスル。笑

さて、早速新年1発目の記事を投稿をさせてください。前回に続きボディーコンテストに出場してみてどうだったか、前回はコンテストに向けての準備に関してまとめてみました。

いかがでしたでしょうか。

今回は最終説としてコンテスト当日の模様、ステージ上の感覚、終わった後の気持ち、など実体験を元に記事を作成していきます!

是非最後まで読んでいただければ嬉しく思います。

ボディーコンテスト(FWJ)に参加してVol.2 (パーソナルトレーナー 資格 草野裕太郎)

ボディーコンテスト(FWJ)に参加してVol.2 (パーソナルトレーナー 資格 草野裕太郎)の画像

ボディーコンテスト(FWJ)に参加してVol.2

ただいま戻りました。
筋トレが大好きでクリスマスも、
ジムにいた草野です。

さて、 
前回の記事はいかがでしいたでしょうか!

今回もボディーコンテストに参加した経験を記事にまとめたいと思います。

是非最後までお付き合いくださいませ。
では早速レッツマッスル!

ボディーコンテスト(FWJ)に参加してVol.1 (パーソナルトレーナー 資格 草野裕太郎)

ボディーコンテスト(FWJ)に参加してVol.1 (パーソナルトレーナー 資格 草野裕太郎)の画像

ボディーコンテスト(FWJ)に参加してVol.1

草野裕太郎(28歳)独身、仕事より筋トレにはまり毎年ボディーコンテストに出場しております。

ボディーコンテストといえば、過酷な増量と減量がセットと思う方が多くいらっしゃいます。今回と残り数本の記事は実際に出場してみて思った感想、出るべきか、出ないべきか、個人の見解をまとめたいと思います!

Vol.3まで記事を作成していきますので是非お読みいただけたら幸いです。

私なんか出れない、そもそも人前で身体を魅せるの恥ずかしい、筋肉トレだけできたらそれでいい、健康目的だからコンテストまでは…

など多くの悲観的イメージを持たれる方が多いのが現状です。

悲観的な意見だったり、単純に興味がなかたっり、もちろん様々な意見があるのはいいことですし結論から申し上げますとボディーコンテストになんかでなくてもいいわけです。笑

もっと言うと筋肉トレすらしなくていいのです。笑

金曜日の夜に職場の仲間、恋人と美味しいディナー、美味しいお酒を飲んでいたほうが幸せですし、楽しい時間を確実に過ごせますよね。

幸せの定義も個人差があります。

ここでは何かを断言するつもりはないですし、何かを批判するつもりは一切ございません。
一人のパーソナルトレーナーとしてボディーコンテストに関しての記事を作成しているだけですのでご理解いただけたら嬉しく思います。