パーソナルトレーナーに必要な資格内容、ATPやガソリンについて (パーソナルトレーナー 資格 高倉桃子)

トレーニングに必要な知識というと、筋肉の名前や体の動かし方、つまり解剖学を思い浮かべる方が多いと思います。解剖学はもちろん大事ですが、それと同じくらい生理学も重要です。なぜなら、生理学を理解していないと、せっかく正しいフォームでトレーニングをしても効果が得られにくいからです。今回は、トレーニングに必要な生理学について解説していきます。


facebookInstagram

パーソナルトレーナーと生理学vol.1

トレーニングに必要な知識というと、筋肉の名前や体の動かし方、つまり解剖学を思い浮かべる方が多いと思います。解剖学はもちろん大事ですが、それと同じくらい生理学も重要です。
なぜなら、生理学を理解していないと、せっかく正しいフォームでトレーニングをしても効果が得られにくいからです。

今回は、トレーニングに必要な生理学について解説していきます。

目次
・人間にとってのガソリン「ATP」
・ガソリンホース①ホスファゲン機構
・ガソリンホース②解糖系機構
・ガソリンホース③酸化系機構
・どのホースが使われるかはどうやって決まる?

・人間にとってのガソリン「ATP」

車が走るのにはガソリンが必要ですよね。
人間が筋活動を行うためにもガソリンが必要です。
その人間にとってのガソリンは、「ATP」と呼ばれるエネルギー体です。

たんぱく質、脂質、糖質の3大栄養素を摂ると、体の中で分解されます。
そして出来上がるのがATPです。

ATPは、主に筋肉で使われます。
筋細胞にATPを貯蔵しておくことも出来ますが、継続的に筋活動を行うためには、ATPを生産することが必要です。

ATPを生産して供給する、言わばガソリンホースは3つあります。

・ガソリンホース①ホスファゲン機構

ATP(アデノシン3リン酸)は活動エネルギーとして使われると、「P(リン酸)」が一つ減って「ADP(アデノシン2リン酸)」に変化します。
ATPに戻すためには「P」が必要なので、「CP(クレアチンリン酸)」の「P」と結びついて再びATPになります。

・ガソリンホース②解糖系機構

炭水化物を使用して、ATPを再生産します。
まず、炭水化物は、「グルコース(血糖)」に分解されます。グルコースは、「グリコーゲン」として肝臓や筋肉に貯蔵されるか、「ピルビン酸」という物質に変わります。

ピルビン酸から2つのルートに分かれます。
必要な酸素が無ければ、「速い解糖」と呼ばれるルートに進みます。このルートでは、ピルビン酸が「乳酸」への変換され、ATPを生産します。

2つ目は、「遅い解糖」と呼ばれるルート。
必要な酸素があれば、こちらのルートに進みます。
こちらは、次に紹介する酸化系機構に繋がっていきます。

・ガソリンホース③酸化系機構

遅い解糖ルートから、ミトコンドリアに輸送されて、ピルビン酸は「アセチルCoA」に変化します。アセチルCoAは、CTA回路に取り込まれ、ATPが作られます。

アセチルCoAは、炭水化物だけでなく、脂質、たんぱく質からも作られます。使用される順番は、炭水化物→脂質→たんぱく質の順です。

・どのホースが使われるかはどうやって決まる?

どのホースが使われるかは、運動強度、運動の継続時間によって決まります。

【運動強度(継続時間)】
非常にキツい(0〜6秒)   ▶︎ホスファゲン機構
かなりキツい(6〜30秒) ▶︎ホスファゲン機構、速い解糖
キツい(30秒〜2分)       ▶︎速い解糖
普通(2〜3分)               ▶︎遅い解糖、酸化系機構
軽い(3分以上)              ▶︎酸化系機構
せっかくトレーニングをするなら、知識を持って、効率的に理想の体を目指しましょう♪

次回はパーソナルトレーナーと生理学vol.2をお送りします。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の高倉桃子でした。

次回の記事もよろしくお願いします。

高倉桃子,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:高倉桃子

関連記事

パーソナルトレーナーが伝えたい栄養学vol.1 (パーソナルトレーナー 資格 高倉桃子)

パーソナルトレーナーが伝えたい栄養学vol.1 (パーソナルトレーナー 資格 高倉桃子)の画像

パーソナルトレーナーが伝えたい栄養学vol.1

こんにちは。
ヨガIR×パーソナルトレーナーの高倉桃子です。

パーソナルトレーナーは、お客様を理想の姿に導くために、運動とお食事の両面からサポートします。
そのためには、栄養学の知識がとても重要です。

今回は、そんな栄養学の基礎知識をお伝えします。

パーソナルトレーナーと生理学vol.2 (パーソナルトレーナー 資格 高倉桃子)

パーソナルトレーナーと生理学vol.2 (パーソナルトレーナー 資格 高倉桃子)の画像

パーソナルトレーナーと生理学vol.2

こんにちは。
ヨガIR×パーソナルトレーナーの高倉桃子です。

除脂肪体重って聞いたことありますか?
除脂肪体重とは、体脂肪以外の筋肉や骨、内臓などの総重量のことです。
ダイエットをする時に大事なのは、除脂肪体重を維持しながら体重を落とすことです。
せっかく体重を落としても、除脂肪体重が減ってしまうと基礎代謝量が減って、リバウンドしやすくなってしまいます。

今回は、除脂肪体重を減らしてしまう「糖新生」についてとボディメイクに関わるホルモンについてお話していいきます。

パーソナルトレーナーがボディメイクの大会について解説! (パーソナルトレーナー 資格 高倉桃子)

パーソナルトレーナーがボディメイクの大会について解説! (パーソナルトレーナー 資格 高倉桃子)の画像

パーソナルトレーナーがボディメイクの大会について解説!

こんにちは!
ヨガIR×パーソナルトレーナーの高倉桃子です。

昨今の筋トレブームに相まって、ボディメイクの大会も人気が高まっています。
パーソナルトレーナーにとって、ボディメイクの大会は、トレーナーとしての価値を高めることのできる最高のチャンスです!
一般のトレーニーにとっても、大会に出る、優勝を目指すことは、トレーニングをする上でのモチベーションになりますよね♪

今回は、そんなボディメイクの大会について解説していきます。