パーソナルトレーナーに必要な生理学、ATPについてなど(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)

こんにちは、umiです。題名にも書きましたが、パーソナルトレーナーには生理学の知識が必要だと私は考えています。なぜなら、生理学の知識がなければ、人間が運動したら身体の中でどのようなことが起こっていて、どのように身体が変化していくのかがわからないからです。本当に、そんなこと身体の中で起こっているの?と思うこともあるかもしれません。私も思っていた時がありました。でも、これから紹介することはすべて身体の中で起こっています!今回は生理学のATPの作られ方などを中心にご紹介していきたいと思います。


facebookInstagram

パーソナルトレーナーに必要な生理学の知識VOL.1

こんにちは、umiです。
題名にも書きましたが、パーソナルトレーナーには生理学の知識が必要だと私は考えています。なぜなら、生理学の知識がなければ、人間が運動したら身体の中でどのようなことが起こっていて、どのように身体が変化していくのかがわからないからです。
本当に、そんなこと身体の中で起こっているの?と思うこともあるかもしれません。私も思っていた時がありました。でも、これから紹介することはすべて身体の中で起こっています!
今回は生理学のATPの作られ方などを中心にご紹介していきたいと思います。

目次
1.人間のガソリンの基本~代謝とは~
2.ATPって何の略?
3.ATPの作られ方1(ホスファゲン)
4.ATPの作られ方2(解糖系)
5.ATPの作られ方3(酸化系)

1.人間のガソリンの基本~代謝とは~

人間のガソリンは、摂取した炭水化物、脂質、たんぱく質を身体の中でエネルギーに変換することで作られます。この変換には2種類あります。

【異化作用(カタゴリック)】
大きな分子が小さな分子に分解すること
例)脂肪が燃焼し脂肪が分解されること

脂肪燃焼

【同化作用(アナゴリック)】
小さな分子が大きな分子に合成すること
例)筋トレをし、筋肥大が起こること

筋肥大

この2つの作用のことをまとめて代謝と呼びます。
この2つのおかげで人間はガソリンを作ることができ、エネルギーを出すことができるのです。

2.ATPって何の略?
ATPはアデノシン三リン酸の略です。
上記の異化作用によって炭水化物・脂質・たんぱく質から作り出されたエネルギーのことです。
このATPは、使用されるとADP(アデノシン二リン酸)に変化します。

画像3

この分解したときにエネルギーが発生するのです。
ATPは主に筋肉で使われます。しかし、ATPを貯蔵するには限度があります。そのため、継続して筋肉を使うためには、ATPを再合成する必要があるのです。その再合成する方法が次の3つです。

①ホスファゲン
②解糖系
③酸化系

以上の3つです。この3つの使い分けは、運動強度と継続時間によって決まります。詳しく見ていきましょう。

3.ATPの作られ方1(ホスファゲン)
当機構では、ADPクレアチンリン酸という物質がくっついて、ATPを作り、エネルギーを作り出すことができます。この時にクレアチンキナーゼという酵素も一緒に使っていきます。

ホスファゲン
0~6秒間6~30秒間のとても短い時間での運動で非常にきつい運動などかなりきつい強度の時に当機構を使います。

4.ATPの作られ方2(解糖系)
炭水化物を使って生成します。炭水化物からグルーコースという物質がグリコーゲンという物質に変換され、グルコースになった物質は代謝によりピルビン酸になります。ピルビン酸になった物質は乳酸または酸化機構へと移行します。
この乳酸になった経路を速い解糖、酸化機構へ移行した経路を遅い解糖と呼びます。

ミトコンドリア
遅い解糖は、ミトコンドリアへの輸送でATPを生成しています。ミトコンドリアとは、細胞の中にある上の図のようなものです。
速い解糖は6~30秒間30秒~2分間かなりきつい強度の運動やきつい運動で使われます。遅い解糖は、2~3分間普通の強度の運動で使われます。

5.ATPの作られ方3(酸化系)
炭水化物、脂質、たんぱく質から再合成をしていきます。また、炭水化物→脂質→たんぱく質の順番に利用されます。

TCAサイクル

上の図はTCAサイクルと呼びます。この回路を通って、炭水化物、脂質、たんぱく質はATPに変換されていきます。
当機構は、2~3分間普通の運動強度や3分以上軽い運動で使用されます。

以上の3つがATPを作る方法です。それぞれの運動強度や継続時間は以下の図も参照にしてみてください。

継続時間

今回は、パーソナルトレーナーに必要な生理学の基本的な知識を紹介してきました。少し、難しい部分もあったかもしれません。そのため、これらのことは専門的なことになってくるので、スクールで学んでいくことは大切だと改めて感じることができました。

最後までご覧いただきありがとうございました。
次回は生理学の知識VOL.2になります。糖新生や身体に不可欠なホルモンなどについてご紹介していきたいと思います!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の澤野うみでした。
次回の記事もよろしくお願いします。

澤野うみ,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:澤野うみ

関連記事

パーソナルトレーナーが栄養学と生理学を駆使してケトジェニックに挑戦!(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)

パーソナルトレーナーが栄養学と生理学を駆使してケトジェニックに挑戦!(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)の画像

パーソナルトレーナーが栄養学と生理学を駆使してケトジェニックに挑戦!

こんにちは、umiです。
 前回、ケトジェニックとは何か、ケトジェニックダイエットはどのように行っていくかなどケトジェニックについての細かいことをご紹介してきました!でも、新しいことに1歩踏み出すのはとても勇気がいることだと思います。また、実践例がないと、あまりイメージしづらいのではないでしょうか。
 今回は、上記の問題を解決するために、実際に私が初めてケトジェニックダイエットをやってみて、どのように変化し、どのようなことが辛かったかなどの経験談をご紹介していきます!


パーソナルトレーナーによるケトジェニックダイエット講座(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)

パーソナルトレーナーによるケトジェニックダイエット講座(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)の画像

パーソナルトレーナーによるケトジェニックダイエット講座

こんにちは、umiです。
 ダイエットをする上で、大切なことは食事・運動・休養です。そのうち、運動はトレーニングで補うことができます。休養は休む日を決めたり、睡眠をしっかりすることです。では、食事は何に気を付けてダイエットはしていけばいいのでしょうか?
 最近、糖質オフのパンや糖質オフのごはん屋さんなど様々なものが展開されています。糖質制限というやり方のダイエット方法、それがケトジェニックです!しかし、制限されていればなんでも食べていいのでしょうか?
 ということで、今回は、トレーニングと同時に大事な食事のこと、ケトジェニックについてご紹介していきます!

パーソナルトレーナーに必要な栄養学の知識VOL.2 (パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)

パーソナルトレーナーに必要な栄養学の知識VOL.2 (パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)の画像

パーソナルトレーナーに必要な栄養学の知識VOL.2

こんにちは、umiです。
 パーソナルトレーナーにも栄養学の知識は必要ですが、毎日3食食事をする上で欠かせないのがこの栄養の知識です!自分が食べているもの、食べたいもの、それはいったい何からできているのだろう。何が入っているのだろう。身体の中でどのように働くのだろう。このようなことを知っていて、デメリットになることがあるでしょうか?たくさんの方が栄養に興味を持っていただけると嬉しいです!
 今回は、たんぱく質のことを中心にご紹介していきたいと思います!