パーソナルトレーナーに必要なたんぱく質やプロテインの知識(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)

こんにちは、umiです。パーソナルトレーナーにも栄養学の知識は必要ですが、毎日3食食事をする上で欠かせないのがこの栄養の知識です!自分が食べているもの、食べたいもの、それはいったい何からできているのだろう。何が入っているのだろう。身体の中でどのように働くのだろう。このようなことを知っていて、デメリットになることがあるでしょうか?たくさんの方が栄養に興味を持っていただけると嬉しいです!今回は、たんぱく質のことを中心にご紹介していきたいと思います!


facebookInstagram

パーソナルトレーナーに必要な栄養学の知識VOL.2

こんにちは、umiです。
パーソナルトレーナーにも栄養学の知識は必要ですが、毎日3食食事をする上で欠かせないのがこの栄養の知識です!自分が食べているもの、食べたいもの、それはいったい何からできているのだろう。何が入っているのだろう。身体の中でどのように働くのだろう。このようなことを知っていて、デメリットになることがあるでしょうか?たくさんの方が栄養に興味を持っていただけると嬉しいです!
今回は、たんぱく質のことを中心にご紹介していきたいと思います!

1.トレーニングに欠かせないたんぱく質について

トレーニングをしている方やスポーツ選手は、たんぱく質は運動直後に摂ったほうが良い。や筋肉はたんぱく質でできているんでしょう?という知識をもうご存知かもしれません。しかし、たんぱく質の身体の中でどのように吸収され、どのように身体の中で働いてるかご存知ですか?(たんぱく質がそもそも何なのかについては1つ前の記事を読んでいただけると幸いです)このようなことについてご紹介していきます!

アミノ酸

ヒトのたんぱく質はアミノ酸で構成されています。アミノ酸と一概に言っても上記のように2種類に分けられます。この2つの違いは、身体の中で生成することができるかできないかの違いです。必須アミノ酸は身体の中で自然に生成することはできないので、食事で補う必要があります。
必須アミノ酸の中の、バリン、ロイシン、イソロイシンは、筋肉を強化するのに役立つので、トレーニングをする上で欠かせないアミノ酸です。この、3つのアミノ酸は、食材から摂取することが可能です。
バリン→牛肉、レバー
ロイシン→レバー、アジ、牛肉
イソロイシン→牛乳、牛肉
非必須アミノ酸も身体の外から取り入れることは可能です。例えば、アスパラギン酸やグルタミン、アルギニンは栄養ドリンクに含まれています。アスパラギン酸とグルタミンには疲労回復の効果があるので、栄養ドリンクに含まれているのです。

2.プロテインって絶対飲まなきゃだめなの?

プロテインは、トレーニングをする上で飲まなければならないものというわけではありません。食事から補うことも可能です。しかし、たんぱく質を手軽に今すぐに摂りたい!という時やトレーニング中など食事をすることが不可能な時にとても役立ちます!

プロテインの種類は大きく分けて3つあります。

1.ホエイプロテイン

ホエイプロテイン

ホエイプロテインはヨーグルトの上澄みの部分が原料になっています。吸収速度が早いので、トレーニングの直後やトレーニング中に摂取すると、筋肉の修復効果が早く、筋肉になりやすくなります!

2.ソイプロテイン

ソイプロテイン

ソイプロテインは、大豆が原料です。吸収速度はゆっくりで間食や朝食におすすめです。大豆にはイソフラボンが含まれています。イソフラボンは、皮膚や骨の強化に効果的です!

3.カゼインプロテイン

カゼインプロテイン

カゼインプロテインは、牛乳が原料です。吸収速度はソイプロテインと同様にゆっくりなので、間食や運動をしない日の栄養補給におすすめです!アスリートの方は寝ている間にたんぱく質を分解しないように、就寝前に摂取するのもおすすめです。

3.私のおすすめプロテイン

プロテインはいつも粉ぽくて飲みにくいなーと正直私は思っていたので、そんなにたくさんの種類のプロテインを試すことができていません。しかし、バータイプのものなども今はコンビニなどで売っているので、粉タイプのもの、バータイプのものどちらもご紹介していきたいと思います!

・エクスプロージョン(粉タイプ)

画像5

上の写真はエクスプロージョンのぶどう味とフランボワーズ味です!このプロテインを買った時が初めて自分でプロテインを買った時でした。中学生の時に少し飲んでいたのですが、粉ぽいのと味があまりおいしくないというイメージがかなりあったので、毛嫌いしていたのですが、エクスプロージョンのプロテインは粉ぽいところもありますが、味はとてもおいしくて飲みやすかったです!

・森永 プロテインミニバー(バータイプ)

画像6

これは、アーモンドが入っているものなのですが、オレンジピールが中に入っているものもあり、この種類のバーもあります。ふがふがして少し、口の中の水分を持っていかれる感じがしますが、とにかく味がおいしいです!

・森永 プロテインバー

画像7

さくさくしていて、お菓子ぽくてとてもおいしいです!しかも、このシリーズは結構あり、低糖質のものや低脂質のものがあります。なので、ケトジェニックの時、ローファットの時とその時の状況に応じて選ぶことができます。

・ささみプロテインバー

画像8

中に2本入ってます。中身は魚肉ソーセージみたいな感じで、ささみがぎゅっと詰まっています!朝ごはんや手っ取り早くたんぱく質を摂りたい時におすすめです!

以上の4つが私のおすすめプロテインです!粉タイプのものが少ないですが、これからも少しずつ試していければよいなと思っています。また、手っ取り早くたんぱく質を摂りたい時は、バータイプのものがおすすめです!状況と好き嫌いに合わせて選んでもらえたらうれしいです!

今回は、たんぱく質やプロテインについてご紹介してきました!たんぱく質は身体を動かすために欠かせないものです。プロテインも時には必要かもしれません。自分に合ったプロテインを探すのも楽しいかもしれないです!

最後までご覧いただきありがとうございました!
次回は、ケトジェニックダイエットについてご紹介していきます!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の澤野うみでした。
次回の記事もよろしくお願いします。

澤野うみ,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:澤野うみ

関連記事

パーソナルトレーナーが栄養学と生理学を駆使してケトジェニックに挑戦!(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)

パーソナルトレーナーが栄養学と生理学を駆使してケトジェニックに挑戦!(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)の画像

パーソナルトレーナーが栄養学と生理学を駆使してケトジェニックに挑戦!

こんにちは、umiです。
 前回、ケトジェニックとは何か、ケトジェニックダイエットはどのように行っていくかなどケトジェニックについての細かいことをご紹介してきました!でも、新しいことに1歩踏み出すのはとても勇気がいることだと思います。また、実践例がないと、あまりイメージしづらいのではないでしょうか。
 今回は、上記の問題を解決するために、実際に私が初めてケトジェニックダイエットをやってみて、どのように変化し、どのようなことが辛かったかなどの経験談をご紹介していきます!


パーソナルトレーナーによるケトジェニックダイエット講座(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)

パーソナルトレーナーによるケトジェニックダイエット講座(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)の画像

パーソナルトレーナーによるケトジェニックダイエット講座

こんにちは、umiです。
 ダイエットをする上で、大切なことは食事・運動・休養です。そのうち、運動はトレーニングで補うことができます。休養は休む日を決めたり、睡眠をしっかりすることです。では、食事は何に気を付けてダイエットはしていけばいいのでしょうか?
 最近、糖質オフのパンや糖質オフのごはん屋さんなど様々なものが展開されています。糖質制限というやり方のダイエット方法、それがケトジェニックです!しかし、制限されていればなんでも食べていいのでしょうか?
 ということで、今回は、トレーニングと同時に大事な食事のこと、ケトジェニックについてご紹介していきます!

パーソナルトレーナーに必要な栄養学の知識VOL.1 (パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)

パーソナルトレーナーに必要な栄養学の知識VOL.1 (パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)の画像

パーソナルトレーナーに必要な栄養学の知識VOL.1

こんにちは、umiです。
 今回は、題名の通り、栄養学についてご紹介していこうと思うのですが、パーソナルトレーナーにそもそも栄養学の知識は必要なのでしょうか?


 答えはYESだと私は考えています。ダイエットやボディメイクなどに必要なものは栄養・運動・休養、この3つだと言われています。このうちの1つ、栄養は食事をすることで、補うことができます。そのため、栄養についての知識はダイエットやボディメイクなどには欠かせないのです。

 ということで、今回は、栄養学についての知識についてご紹介していきたいと思います!