パーソナルトレーナーが糖質が摂れるローファットとケトジェニックの食事に挑戦 (パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)

こんにちは、umiです。前回は、糖質を抑えたダイエット、ケトジェニックダイエットについてご紹介してきました。糖質を抑えるとなると、おにぎりやパン、甘いものも控えなければならないので、結構大変です。私の記事を参考にして挑戦してみた!という方がいらっしゃったら幸いです。今回は、ケトジェニックダイエットの他に挑戦した、脂質を抑えたダイエット、ローファットダイエットについて、そしてローファットダイエットに実際に挑戦してみての辛かったことや実際の食事内容などをご紹介していきます!


facebookInstagram

パーソナルトレーナーが栄養学と生理学を駆使してローファットに挑戦!

こんにちは、umiです。
前回は、糖質を抑えたダイエット、ケトジェニックダイエットについてご紹介してきました。糖質を抑えるとなると、おにぎりやパン、甘いものも控えなければならないので、結構大変です。私の記事を参考にして挑戦してみた!という方がいらっしゃったら幸いです。
今回は、ケトジェニックダイエットの他に挑戦した、脂質を抑えたダイエット、ローファットダイエットについて、そしてローファットダイエットに実際に挑戦してみての辛かったことや実際の食事内容などをご紹介していきます!

1.ローファットとは何?

ローファット

ローファットダイエットは、ケトジェニックとは逆で、脂質を少なくし、糖質を摂っていくダイエット方法です。ローファットはダイエットだけではなく、健康維持のためや増量にも利用することができます。
ケトジェニックとの違いは、糖質を摂取することができるので、エネルギー不足になるということは少ないです。ですので、激しい運動をしているスポーツ選手には適切なダイエットです!

実際のPFCバランスとしては、P(たんぱく質)は、体重の1~2倍、F(脂質)は全体の2割、C(糖質)は、このPとCを引いたものの残りです。かなり、糖質を摂取することができます!

2.ローファットの最初の印象

考える

ケトジェニックをローファットを始める前にやっていたので、糖質のごはんやパンを食べることができる!というのがとても嬉しかったです。

でも、不安も少しありました。ケトジェニックの時は糖質を抑えるという比較的抑えるものが決まっているので、どのようなものを食べればよいのかというのを決めやすかったのですが、ローファットでは脂質を抑えなければならないので、お肉やお魚を抑えながらたんぱく質を摂らなければならないので、食事内容はとても悩みました。

3.実際の食事について

主な食事内容としては、
・GI値の低いごはんやパン
・魚の良い脂質
・ミネラル、ビタミンが摂れる野菜
などです。

ローファットにおいては、ケトジェニックと違って外食がしやすくなることと、ケトジェニックではまったくNGだった甘いもの、和菓子を食べることができるのが1番良かったところです!

では、実際に食事内容を見ていきましょう。

<自炊編>

画像3

食事内容
玄米ご飯
サーモン
お味噌汁
オイコス
ローファットはお米が食べられるのでとっても嬉しいです。サーモンで脂質を少し摂りながら、お味噌汁で食物繊維も摂ってという感じの食事でした。

画像4

トップバリュ―
脂質70%OFFグラノーラ
時間がない時によくお世話になったのがこちら!
よく朝ごはんで食べていました。かなりおいしいし、腹持ちも良いのでとてもおすすめです。

<コンビニ編>

画像5

セブンイレブン
たんぱく質が摂れるちょっきゃきチキンロール
タンパク質も摂ることができるし、糖質もしっかり摂ることができます。なおかつ、全粒粉のパンなのでGI値も低いです。

画像6

セブンイレブン
4種きのこの二八そば
ローファットではおそばも食べることができます!きのこや野菜もたっぷりなのでセブンイレブンで迷ったらこれを!

<外食編>

画像7

スターバックス
サーモンフォカッチャ
ベリーグラノーラ
パンとグラノーラなので少し糖質多めになってしまいますが、しっかりと脂質は抑えることができています。ローファットはこんな感じで外食もできるので、嬉しいですね。

画像8

大戸屋
鶏のお鍋定食
ごはんは五穀米にしてできるだけ栄養価が高いものを選びました。また、お鍋なので野菜もたっぷり。冬にはとっても最適な1品です。

以上が私のローファット時の食事です。外食やコンビニでレパートリーがかなり増えるのでケトジェニックよりはやりやすいのではないでしょうか。
でも、糖質は使わないと蓄積されていってしまうので、ローファット時は運動も大切です!

4.ローファットをやり終えて

ローファットをやり終えての数値や身体の変化についてご紹介していきます!

画像9

顔のむくみがとれて、お腹の線もくっきりしてますね。

画像10

トレーニングのおかげか上半身の筋肉が全体的に増えているような感じがします。

画像11

背中はそんなに差がみられませんが、肩回りが少し筋肉が増えているでしょうか。

数値としては、
体重:43.7kg→43.1㎏(‐0.6)
体脂肪率:16.6%→15.7%(‐0.9)
体脂肪量:7.2㎏→6.7㎏(‐0.5)
基礎代謝量:1094kcal→1088kcal(‐6)
となりました!
ケトジェニックの時よりは大幅な減少はありませんでしたが、体脂肪率がかなり減っており、脂肪だけ減っていることがよくわかります。ローファットはトレーニングありきなので筋肉量も増えていることが見た目でよくわかりました。

このように実際にローファットをやってみて、私的にはケトジェニックの時よりも食材選びなどスムーズにできたのではないかと思います。しかし、ローファットは運動ありきなので、まだ運動習慣が身についていない方には不向きだということもわかりました。

5.最後に

このようにローファットをやってみて、辛い時の対処やローファットのメリットデメリットなどがわかりました。
栄養学と生理学を先に勉強していることによって、ローファットでなぜ脂肪が落ちるのか、なぜローファット中は運動が必須なのかとうことも意識しながら進めることができるので、改めて、栄養学と生理学の大切さがわかりました。
そして、ローファットをこれから始めるよという方の参考になれれば嬉しいです。

これからは、この経験を生かして、お客様のサポートをしっかりして参ります!

今回はローファットについてご紹介してきました。少しでも食事内容などがお役に立てていれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の澤野うみでした。
次回の記事もよろしくお願いします。

澤野うみ,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:澤野うみ

関連記事

パーソナルトレーナーがボディメイク大会に出場するための作戦 (パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)

パーソナルトレーナーがボディメイク大会に出場するための作戦 (パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)の画像

パーソナルトレーナーがボディメイク大会に出場するための作戦

こんにちは、umiです。
 前回までは栄養学や生理学を使って減量のみに挑戦してきた時の実際の食事方法や詳しい方法などをご紹介してきました。
 今回は、前記事までの知識をフル活用して、実際にボディメイクの大会に出場するためのロードマップをご紹介していきます!


 私は今回、来年の2021年のベストボディジャパンに挑戦しようと考えています。専門としている競技の試合との兼ね合いもあり、4月4日の千葉の大会に出場したいと考えています。なので、今回は4月4日に向けてのロードマップをご紹介していきます!

パーソナルトレーナーが栄養学と生理学を駆使してケトジェニックに挑戦!(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)

パーソナルトレーナーが栄養学と生理学を駆使してケトジェニックに挑戦!(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)の画像

パーソナルトレーナーが栄養学と生理学を駆使してケトジェニックに挑戦!

こんにちは、umiです。
 前回、ケトジェニックとは何か、ケトジェニックダイエットはどのように行っていくかなどケトジェニックについての細かいことをご紹介してきました!でも、新しいことに1歩踏み出すのはとても勇気がいることだと思います。また、実践例がないと、あまりイメージしづらいのではないでしょうか。
 今回は、上記の問題を解決するために、実際に私が初めてケトジェニックダイエットをやってみて、どのように変化し、どのようなことが辛かったかなどの経験談をご紹介していきます!


パーソナルトレーナーによるケトジェニックダイエット講座(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)

パーソナルトレーナーによるケトジェニックダイエット講座(パーソナルトレーナー 資格 澤野うみ)の画像

パーソナルトレーナーによるケトジェニックダイエット講座

こんにちは、umiです。
 ダイエットをする上で、大切なことは食事・運動・休養です。そのうち、運動はトレーニングで補うことができます。休養は休む日を決めたり、睡眠をしっかりすることです。では、食事は何に気を付けてダイエットはしていけばいいのでしょうか?
 最近、糖質オフのパンや糖質オフのごはん屋さんなど様々なものが展開されています。糖質制限というやり方のダイエット方法、それがケトジェニックです!しかし、制限されていればなんでも食べていいのでしょうか?
 ということで、今回は、トレーニングと同時に大事な食事のこと、ケトジェニックについてご紹介していきます!