パーソナルトレーナーが語る、資格に必要な生理学や機構、ATPについて (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)

こんにちは。パーソナルトレーナーのmiyuです!今回は生理学についてお話ししていきます。生理学なんてトレーニングに関係あるの?初めはそう思いますよね。実は、生理学とトレーニングはとっても深い関係があります!!パーソナルトレーナーにとって、生理学はしっかりと頭に叩き込んでおかなければいけないものです。


facebookInstagram

パーソナルトレーナーに生理学は必要?VOL.1

こんにちは。パーソナルトレーナーのmiyuです!
今回は生理学についてお話ししていきます。

生理学なんてトレーニングに関係あるの?初めはそう思いますよね。
実は、生理学とトレーニングはとっても深い関係があります!!
パーソナルトレーナーにとって、生理学はしっかりと頭に叩き込んでおかなければいけないものです。

目次

1.ATPとは?
2.ホスファゲン機構
3.解糖系機構
4.酸化機構(有酸素性機構)
5.3つのエネルギー機構の特徴

1.ATPとは

まず、生理学でとてもよく出てくるATPについてお話しします。
“ATP”という言葉、中学校の理科の授業などで聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ATPとはアデノシン三リン酸の事です。
その名の通りアデノシンに3つのリン酸が付いています。

生体エネルギーは三大栄養素である、炭水化物、脂質、たんぱく質から生成されます。
この三大栄養素から、異化作用によって作り出されたエネルギーのことをATP(アデノシン三リン酸)と言います。

※異化作用…大きな分子を小さい分子に分解してエネルギーを取り出す代謝過程

ATPは主に筋肉で使われます。ATPが使用されたら、筋活動を持続する為に再合成が必要になります。

ATPを再合成する機構は3つあります。
ホスファゲン機構、解糖系機構、酸化機構です。次はこの3つの機構を説明していきます!

2.ホスファゲン機構

先程もお話ししましたように、ホスファゲン機構はATPを再合成することができます。

ATPは活動エネルギーとして使われたら、ADP(アデノシン二リン酸)に変化します。

ホスファゲン機構では、このADPとクレアチンリン酸が結合して、ATPとクレアチンが産み出されます。

ATPはまた活動エネルギーとして使われ、クレアチンはリン酸と結合して肝臓に行くか、尿中排泄されます。

3.解糖系機構

次は解糖系機構です。解糖系機構では、炭水化物を使用してATPの合成を行います。
解糖系機構は速い解糖と遅い解糖があります。

まず、炭水化物(糖質)を異化しピルビン酸にします。
ピルビン酸から乳酸へ変換することでATPが生産されます。これを速い解糖と言います。
速い解糖では、血液中の乳酸が多くなる事でことで、成長ホルモンが分泌され、体脂肪燃焼が促進されます。

また、先程炭水化物から異化されたピルビン酸は、酸化機構でも使われます。こちらを遅い解糖と言います。

4.酸化機構(有酸素性機構)

次は酸化機構です。酸化機構では、低強度の運動や安静時にATPが供給されます。

炭水化物→脂質→タンパク質の順で利用されます。

先程のピルビン酸は、十分な酸素があればミトコンドリアに輸送され、アセチルCoAまで分解し、クエン酸回路に入ります。
クエン酸回路によりATPは合成されます。

出典: https://ja.m.wikipedia.org/wiki/クエン酸回路

5.3つのエネルギー機構の特徴

ATPは先程紹介した機構によって、作られる速度・数が変わってきます。

ホスファゲン機構は、生産速度は最も速いですがATPを数個しか作り出す事ができません。
逆に酸化機構では、生産速度は遅いですが30個以上のATPを作り出す事ができます。

このように、3つの機構によってATPは生産されています。

以上がパーソナルトレーナーに必要な生理学の知識になります!
難しいですが、トレーニングの強度・運動時間を設定するのにとても大切になってきますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。
次回は、生理学VOL.2です!運動強度・継続時間、糖新生、ホルモンについてお話ししていきます。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の小原美佑でした。

次回の記事もよろしくお願いします。

小原美佑,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:小原美佑

関連記事

パーソナルトレーナーに必要な栄養学VOL.1 (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)

 パーソナルトレーナーに必要な栄養学VOL.1 (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)の画像

パーソナルトレーナーに必要な栄養学VOL.1

こんにちは!パーソナルトレーナーのmiyuです!

前回は、生理学についてお話しました。
パーソナルトレーナーにとって栄養学も生理学と同じくらいとても大切なものです。

パーソナルトレーニングをご案内するとき、運動だけでなく食事指導もとても大切になってきます。

栄養学を学んで正しい知識を知ることで、ゲストに健康的で、ダイエットにも効率の良い食事法を提供することができます。

パーソナルトレーナーに生理学は必要?VOL.2 (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)

パーソナルトレーナーに生理学は必要?VOL.2 (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)の画像

パーソナルトレーナーに生理学は必要?VOL.2

こんにちは!パーソナルトレーナーのmiyuです。
本日は生理学VOL.2です!前回のVOL.1の続きになります。

まず、みなさんケトジェニックとはご存知ですか?
体の主なエネルギー源がケトン体という物質になり、ケトーシスという状態で行うダイエットを言います。

簡単に言うと、糖質を制限し脂質を大量に摂ることによって、エネルギー源を糖質から脂質に変える食事法の事です。

本文でも詳しく説明しますが、ケトジェニック中は筋肉が分解されやすくなります。
生理学を学び、対策法を知っておくとしっかりと筋肉を落とさず脂肪だけを減らすことができますよね!

また、ケトジェニックは長期的に行う事で、インスリン抵抗性を改善させることができます。
インスリン抵抗性を改善することでメタボやⅡ型糖尿病の予防にもなります。

このように、生理学とダイエットは大きく関与しているので、ケトジェニック前に生理学を学ぶ事で、効果をより大きくすることが期待できますね!

パーソナルトレーナーにボディメイクの大会・コンテストは必要? (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)

パーソナルトレーナーにボディメイクの大会・コンテストは必要? (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)の画像

パーソナルトレーナーにボディメイクの大会・コンテストは必要?

こんにちは。パーソナルトレーナーのmiyuです!

最近ボディメイクの大会とても人気ですよね!
とてもみなさんキラキラ輝いていてステキです。
一度は出てみたい!と憧れを抱くのではないでしょうか?

今回はそのボディメイクの大会はパーソナルトレーナーに必要なのかということをお話ししていきます。