パーソナルトレーナーの資格、NSCAを取得できるスクール (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)

はじめまして!パーソナルトレーナーのmiyuと申します。パーソナルトレーナーになりたい!と思ったけれど、どんな資格が必要なんだろう?と分からない事だらけですよね。私も実際そうでした。ずばり、パーソナルトレーナーになる為には、美容師や医師などのような国家資格はありません!!しかし、就職するにあたって資格が必須である場合などもあります。その場合、パーソナルトレーナーには民間資格が存在するので、そちらを取ることがおすすめです。


facebookInstagram

パーソナルトレーナーになるには資格は必要?NSCAとは?

はじめまして!パーソナルトレーナーのmiyuと申します。

パーソナルトレーナーになりたい!と思ったけれど、どんな資格が必要なんだろう?と分からない事だらけですよね。私も実際そうでした。

ずばり、パーソナルトレーナーになる為には、美容師や医師などのような国家資格はありません!!

しかし、就職するにあたって資格が必須である場合などもあります。その場合、パーソナルトレーナーには民間資格が存在するので、そちらを取ることがおすすめです。

目次

1.民間資格NSCAとは?
2.NSCA-CPTとNSCA-CSCSの違いとは?
3.資格取得条件について

1.民間資格NSCAとは?

NSCAの正式名称は、《National Strength & Conditioning Association》です。
現在、世界52ヵ国に約33,000人の会員が所属しています。
トレーナー業界でも知名度の高い資格であり、信用のある資格としても認知されています。

適切なストレングストレーニングとコンディショニングの活用という共通のゴールを目指して活動している組織です。

NSCAは会員制で、年会費を払えば誰でも入ることができます!
年会費は以下になります。

◼️正会員 13,200円(個人)
◼️学生会員 11,000円(大学生、大学院生、専門学校生、高校生、中学生)
◼️賛助会員 55,000円(法人)

2.NSCA-CPTとNSCA-CSCSの違いとは?

NSCAにはNSCA-CPTとNSCA-CSCSの2つがあります。

まずは、CPTについてです。
CPTは《Certified Personal Trainer》の略称で、認定パーソナルトレーナーのという意味です。

資格取得の難易度はCSCSより易しめです!

CPTの資格を取得することで、一般のお客さまのボディメイクや、アスリートのお客様にも対応できる知識とスキルを持つことが証明されます。

次に、CSCSについてです。
CSCSは《Certified Strength & Conditioning Specialist》の略称で、認定ストレングス&コンディショニングスペシャリストという意味です。

難易度はCPTより難しい資格になります。

アスリートのお客様をメインに、パフォーマンスの向上と傷害予防を目的とし、トレーニングプログラムの作成、指導を行います。

3.資格取得条件について(CPT)

NSCA-CPTの資格取得条件は以下になります。

◼️NSCAジャパン会員である
◼️満18歳以上
◼️高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)合格者
◼️有効なCPR/AEDの認定者
(日本赤十字社→救急法基礎講習会、救急法救急員養成講習会
消防署→普通救命講習、普通救命講習1、普通救命講習2、上級救命講習など、、)
◼️NSCA-CPT認定試験に合格

この条件に当てはまり、試験に合格すると、無事NSCA-CPTの資格取得となります!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。
今回はNSCAの基礎編についてお伝えしていきました。
次回は、《NSCA-CPTの試験について》お伝えしていきます!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の小原美佑でした。

次回の記事もよろしくお願いします。

小原美佑,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:小原美佑

関連記事

パーソナルトレーナーに必要な栄養学VOL.1 (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)

 パーソナルトレーナーに必要な栄養学VOL.1 (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)の画像

パーソナルトレーナーに必要な栄養学VOL.1

こんにちは!パーソナルトレーナーのmiyuです!

前回は、生理学についてお話しました。
パーソナルトレーナーにとって栄養学も生理学と同じくらいとても大切なものです。

パーソナルトレーニングをご案内するとき、運動だけでなく食事指導もとても大切になってきます。

栄養学を学んで正しい知識を知ることで、ゲストに健康的で、ダイエットにも効率の良い食事法を提供することができます。

パーソナルトレーナーに生理学は必要?VOL.2 (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)

パーソナルトレーナーに生理学は必要?VOL.2 (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)の画像

パーソナルトレーナーに生理学は必要?VOL.2

こんにちは!パーソナルトレーナーのmiyuです。
本日は生理学VOL.2です!前回のVOL.1の続きになります。

まず、みなさんケトジェニックとはご存知ですか?
体の主なエネルギー源がケトン体という物質になり、ケトーシスという状態で行うダイエットを言います。

簡単に言うと、糖質を制限し脂質を大量に摂ることによって、エネルギー源を糖質から脂質に変える食事法の事です。

本文でも詳しく説明しますが、ケトジェニック中は筋肉が分解されやすくなります。
生理学を学び、対策法を知っておくとしっかりと筋肉を落とさず脂肪だけを減らすことができますよね!

また、ケトジェニックは長期的に行う事で、インスリン抵抗性を改善させることができます。
インスリン抵抗性を改善することでメタボやⅡ型糖尿病の予防にもなります。

このように、生理学とダイエットは大きく関与しているので、ケトジェニック前に生理学を学ぶ事で、効果をより大きくすることが期待できますね!

パーソナルトレーナーに生理学は必要?VOL.1 (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)

パーソナルトレーナーに生理学は必要?VOL.1 (パーソナルトレーナー 資格 小原美佑)の画像

パーソナルトレーナーに生理学は必要?VOL.1

こんにちは。パーソナルトレーナーのmiyuです!
今回は生理学についてお話ししていきます。

生理学なんてトレーニングに関係あるの?初めはそう思いますよね。
実は、生理学とトレーニングはとっても深い関係があります!!
パーソナルトレーナーにとって、生理学はしっかりと頭に叩き込んでおかなければいけないものです。