パーソナルトレーナー資格 高梨竜弥

パーソナルトレーナースクール『TRAINERS'S LAB』高梨竜弥のページです。


facebookInstagram

高梨竜弥

高梨竜弥【コラム】

パーソナルトレーナーに栄養学は必要なのか?VOL2 (パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)

パーソナルトレーナーに栄養学は必要なのか?VOL2 (パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)の画像

パーソナルトレーナーに栄養学は必要なのか?VOL2

前回の栄養学Vol.1では5大栄養素の中の以下の3つについて解説致しました。
・炭水化物(糖質)
・たんぱく質
・脂質

今回は残りの2つ
ビタミン、ミネラルについては解説致します。

それでは早速見ていきましょう。

パーソナルトレーナーに栄養学は必要なのか?(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)

パーソナルトレーナーに栄養学は必要なのか?(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)の画像

パーソナルトレーナーに栄養学は必要なのか?

答えはYESです。

それは何故か?

パーソナルトレーナーは
トレーニングの仕方を教えるのが仕事ではなく
1対1でゲストにあった健康的かつ安全にボディーメイクをするのが仕事になります。
そのため、トレーニング指導+食事指導行います。

その中で、多くの人が勘違いしているのが食事です。
実は、トレーニング 3割、食事 7割と言われていて
正しくボディーメイクが出来ない方のほとんどがほぼ食事に原因があります。
そのため食事=栄養学はトレーナーにとって
とても必要に知識になります。

ケトジェニックダイエットには生理学の知識が必要なのか?(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)

ケトジェニックダイエットには生理学の知識が必要なのか?(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)の画像

ケトジェニックダイエットには生理学の知識が必要なのか?

答えはYESです。

それは何故か?

ケトジェニック(糖質制限)では
糖質をカットして、脂質をエネルギー源にすることで脂肪を燃やしてダイエットを行います。
脂肪の減少が望めますが、筋肉量も落ちやすくなってしまいます。
筋肉量が落ちてしまうと基礎代謝も下がってしまい、リバウンドの原因にもなってしまいます。
そのため正しく身体について学び、筋肉量を残しつつ脂肪のみを落とすことが必要になります。

パーソナルトレーナーに生理学は必要なのか? (パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)

パーソナルトレーナーに生理学は必要なのか? (パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)の画像

パーソナルトレーナーに生理学は必要なのか?

まず、生理学とはなにか?

『生理学は生命体の構造ごとの機能』を学ぶ学問になります。
何やら難しそうな雰囲気が出てきましたがご安心ください。
簡単にご説明すると、、、

『身体の働き』をイメージするととても分かりやすいです。

そのため、パーソナルトレーナーは正しく身体の働きを学ぶ必要があるため
『PT=生理学』といっても過言ではないのではないのでしょうか。

では実際に、生理学についてご紹介したいと思います。
高梨竜弥,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:高梨竜弥

関連記事

パーソナルトレーナースクール 茅野宏志郎

パーソナルトレーナースクール 茅野宏志郎の画像

茅野宏志郎

茅野宏志郎【コラム】


パーソナルトレーナースクール 佐藤涼太

パーソナルトレーナースクール 佐藤涼太の画像

佐藤涼太

佐藤涼太【コラム】


パーソナルトレーナースクール 清水佑花子

パーソナルトレーナースクール 清水佑花子の画像

清水佑花子

清水佑花子【コラム】