大会や選手権、FWJの団体や出場について(パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)

こんにちは!トレーナー黒津です。今回は体づくりやダイエットを志す者なら一度は聞いたことがあるであろう、ボディーメイクの大会について調べてみようと思います。いやー私には関係ないよ!って思いましたか?僕も大会があることはもちろん知っていましたが、調べてみると筋肉ムキムキじゃないとダメとかそういったものばかりではないんですよね。さて、パーソナルトレーナーにとって大会に出場することは必要でしょうか?誰でも大会を目標にすることが可能ですし、自分がどのように大会と向き合うか考えていこうと思います。では、さっそくいってみましょう!


facebookInstagram

【第3回】ボディーメイクに関する大会やコンテストは何がある?

こんにちは!トレーナー黒津です。

今回は体づくりやダイエットを志す者なら一度は聞いたことがあるであろう、ボディーメイクの大会について調べてみようと思います。

いやー私には関係ないよ!って思いましたか?僕も大会があることはもちろん知っていましたが、調べてみると筋肉ムキムキじゃないとダメとかそういったものばかりではないんですよね。

さて、パーソナルトレーナーにとって大会に出場することは必要でしょうか?

誰でも大会を目標にすることが可能ですし、自分がどのように大会と向き合うか考えていこうと思います。

では、さっそくいってみましょう!

画像1

1、大会のジャンルは何がある?

①フィットネス系

・フィットネススター ・兵庫県ボディフィットネス選手権大会

・ゴールドジムジャパンカップ

②ボディーメイク系

・ベストボディジャパン ・ボディメイクグランプリ ・サマースタイルアワード ・スーパーボディコンテスト

③モデル系

・ミスユニバースジャパン ・ミスジャパン

④ボディービル系

・ゴールドジムジャパンカップ ・マッスルゲート

・東京ノービスボディビル選手権大会

・IFBB  ・NABBA  ・JBBF  ・NBBF (団体名)

⑤フィジーク系

・FWJ (団体名)・ゴールドジムジャパンカップ ・マッスルフェスタヨコハマ

⑥その他

・全日本男子パワーリフティング選手権大会

・新宿パワーリフティング選手権大会

・新宿ベンチプレス選手権大会

・ONI CUP ベンチプレス選手権大会

画像2

調べてみた結果・・・すごいいっぱいある!!

上記のように健康美からゴリゴリの筋肉量を審査するものまで様々ですね。

これら以外でも、地方各地でも行っていることがわかりました。

2、どの大会が自分に合っている?

今現在僕に合っている大会は・・・さて、どれなんでしょうか。

大会のコンセプトをまず知ること。これが大事だと思います。

画像3

・ベストボディジャパン (下記ホームページより引用)

①健康美
②全身引き締まった身体、バランスの取れたスタイル
③ルックス、顔の表情、表現力
④ポージング
⑤ウォーキングを含む身のこなし、見せ方
⑥知性、品格、誠実さ

・FWJ  ノービスチャレンジ (下記ホームページより引用)

ポージングは体全体の形やバランス、適度な筋量をアピールし、パーソナリティー(個々の魅力)を最大限に引き出すもの

これらのコンセプトが僕に合っているのかなと考えています。

体のビジュアル面だけでなく、知性や内面も含む審査をする大会は心技体の成長を評価をしてもらえる絶好の機会なんだと思います。

あとは僕のような初心者にも参加しやすいようで、経験を積むにもいいですね。

3、僕が思う憧れの大会

FWJやJBBFという団体が主催するボディビル、フィジーク系の大会はYou Tubeでも見ることができますが、まあ筋肉マンたちの大集合ですよね。

北斗の拳出てましたよね!?的な方々がたくさん出場していますが、筋トレしている方は体を大きくしたいと思っている人も多いはず。僕もその一人です。

では日本でも有名なJBBF、FWJの大会の違いは何なのか?これについて調べてみました。

・JBBF

公益社団法人日本ボディビル・フィットネス連盟。1955年に発足した日本最大のボディビル運営団体です。

薬物検査が非常に厳しいのが特徴で、出場選手は営利活動は禁止されているようです。また、JBBFに加盟している選手は許可なく他団体の大会へ出場することができません。

・FWJ

元々はNPCJ という団体名でしたが、2020年より FWJ へ変更しました。

初心者向けの部門があったり、費用やエントリーの方法もハードルが低いのが特徴です。また他の団体への大会にも参加できます。薬物検査もありません。

JBBFについて初めて知りましたが、営利活動が禁止されているということで、パーソナルトレーナーとして独立しようという方には向いていません。

団体でもこれだけ違いがあることが勉強になりました。

画像4

4、最後に 大会に出る意義とは

まとめになりますが、大会に出てどうなる?ということです。

きっと限られた本当に完璧に仕上げた体の持ち主が勝ち抜いていくのであろうと思いますが、負けた人、予選落ちの人も同じように成長できると僕は考えています。

パーソナルトレーナーを目指す方は特にその恩恵はあるのではないでしょうか。

出場することで得られるメリット

・出場するまでの目標管理と反省の日々がお客様へのアプローチに繋がる

・なかなか上手く結果が出せない経験がお客様へ寄り添う気持ちを養う

・食事の記録や体の変化を実験的に体感できる

・一年のなかで減量や増量のメリハリをもてる

もちろん出るからには何らかの痕跡は残したいですね!

ここまでお読みいただきありがとうござました。

大会について以上です。【第4回】へと続きます。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の黒津晴良でした。

次回の記事もよろしくお願いします。

黒津晴良,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:黒津晴良

関連記事

【第8回】パーソナルトレーナーがご案内するケトジェニックとは (パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)

【第8回】パーソナルトレーナーがご案内するケトジェニックとは (パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)の画像

【第8回】パーソナルトレーナーがご案内するケトジェニックとは

こんにちは!トレーナー黒津です。

今回から体づくりにおいて、食事の実践的なお話で「ケトジェニック」についてまとめていきます。

パーソナルトレーナーはお客様への体づくりのご案内の時に、お食事の面からもサポートする必要があるのは明らかです。そこでなんとなく「たんぱく質多めで」「糖質少なめで」とお伝えしても曖昧な意思疎通になりそうですし、それは避けなければいけません。

そこで糖質制限の中でも「ケトジェニック」という食事法を利用し、科学的に認められた効果を狙ってご案内することで、より食事内容の基準を正確に見定めることができ、お客様へもより丁寧にご案内することが可能です。

パーソナルトレーナーはその確かな知識と利用法を駆使して、お客様の目標達成と満足へと導くことが重要です。ケトジェニックを初めて聞く方も知っている方もぜひ深掘りの機会にしていただければと思います。

では、さっそくいってみましょう。

【第7回】パーソナルトレーナーと栄養学 『VOL.2』(パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)

【第7回】パーソナルトレーナーと栄養学 『VOL.2』(パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)の画像

【第7回】パーソナルトレーナーと栄養学 『VOL.2』

こんにちは!トレーナー黒津です。

前回に引き続き、栄養学第2弾としてまとめていこうと思います。前回までは糖質や脂質をテーマに扱ってきましたが、今回は「たんぱく質」です。

たんぱく質はトレーニングをしている方ならもちろん、最近の健康ブームの中ではよく聞く栄養素であり、筋トレには絶対必要というのはお分かりだと思います。

パーソナルトレーナーはその表面的な知識だけでなく、どんな栄養でありなぜ必要かまでしっかりお伝え出来なければ本当の意味でゲストにお伝えすることができないと思います。

改めて今回たんぱく質について深掘りし、整理していきましょう。

【第6回】パーソナルトレーナーと栄養学 『VOL.1』(パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)

【第6回】パーソナルトレーナーと栄養学 『VOL.1』(パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)の画像

【第6回】パーソナルトレーナーと栄養学 『VOL.1』

こんにちは!トレーナー黒津です。

今回からは栄養学について調べていこうと思います。人間生きている限りは食事をして栄養を摂取し、毎日を過ごすことは誰しも変わらず行う行為です。

なぜか太ってしまう人や、なんとなくだるい人・・体調は様々ですがライフスタイルそのものに原因があったり、食事で良くない原因があることもしばしばです。

パーソナルトレーナーは運動を支持するだけでなく、体づくりの根本である「栄養摂取」のサポートを行ってこそ、理想のボディメイクが可能なのは理解できますね。

ここでは改めて栄養学について学び、深掘りしていきたいと思います。

では、さっそくいってみましょう!