試験の問題や受験資格や費用について(パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)

こんにちは!トレーナー黒津です。今回は前回ご紹介した、NSCA-CPTについてその受験費用や受験方法などについて触れたいと思います。試験というと高校受験や運転免許の取得、なかには職業によって色んな資格試験を皆さんご経験されているかと思います。まずは費用や試験内容について最初に大枠を抑えてから勉強に取り組みますよね!?今回NSCAの試験についての基本情報をまとめてまずは資格取得への第一歩になるようにご紹介していきます。では、さっそくいってみましょう!


facebookInstagram

【第2回】NSCA-CPTの受験費用は?気になる受験方法や試験内容について

こんにちは!トレーナー黒津です。

今回は前回ご紹介した、NSCA-CPTについてその受験費用や受験方法などについて触れたいと思います。

試験というと高校受験や運転免許の取得、なかには職業によって色んな資格試験を皆さんご経験されているかと思います。まずは費用や試験内容について最初に大枠を抑えてから勉強に取り組みますよね!?

今回NSCAの試験についての基本情報をまとめてまずは資格取得への第一歩になるようにご紹介していきます。

では、さっそくいってみましょう!

画像1

1、気になる費用はどれくらい?

先に受験費用をお伝えします。

・受験費用   ¥46,000(税込)

なんと!結構お高いですね。これはますます一発合格しないといけないと感じますね。資格取得も自己投資の一環です。やはり費用はかかりますが自分のためと思って準備しておきましょう。

しかしながらこれで驚いてはいけません。

取得までには他にも費用をお支払いして準備を整えなくてはいけません。以下がその費用になります。

・会員費 (年会費)

受験するためにまずはNSCAジャパンの会員になる必要があります。

正会員(対象:個人) ¥13,200

学生会員(対象:学生)¥11,000

賛助会員(対象:法人)¥55,000

ここまでは受験に最低でもかかる費用になります。

さらに忘れがちですが、テキスト(NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識第2版)が¥11,880 問題集セット(NSCA-CPT受験用問題集セット)が¥9,900 これらの発送手数料¥880とたくさんの費用がかかることがわかります。

当然試験に落ちると、受験料がまたかかりますのでまずは費用を理解するだけでも勉強に熱が入るかもしれませんね。

再試験にならないよう試験勉強は頑張っていきましょう。

画像2

2、受験方法について

①まずは出願

1.会員サイトのマイページから出願

2.受験料の支払い

3.学歴証明書の郵送 (事前に卒業した学校から卒業証明書を取り寄せておいてください)

※受験の際には必須ではありませんが、資格認定には有効なCPR/AED認定証のコピーの提出が必要です。(第1回記事参照)

②テストセンターの予約

出願手続きが完了すると、テストセンターより試験予約の案内メールが届くので、案内にしたがってウェブサイトか電話にてテストセンターの予約を行います。

③いよいよ受験

本人確認と受験に際しての注意事項などの説明のあと試験開始です。合否もすぐに結果が判明し、後日NSCAジャパンより資格認定証が発送されます。

試験はそれまでの勉強や準備が大切です。当日は焦らず余裕をもって会場には到着したいですね。

画像3

3、試験の内容は?

NSCA-CPTの試験は、スコアード問題140問とノンスコアード問題15問で構成されています。ノンスコアード問題というのは将来の試験問題を評価するために試験問題中に点在する採点されない問題のことです。

問題のなかには映像や画像をみて解答する問題が25~35問含まれます。問題の配分や内容は以下のとおりです。

画像4

①クライアントに対する面談と評価 (問題配分25% 問題数32問)

パーソナルトレーナーはクライアントとの面談や進捗の評価スキルが必要とされます。トレーニングスキルだけでなく、会話の技術なども磨く必要があります。

②プログラムプランニング (問題配分31% 問題数45問)

クライアントのニーズをきちんと理解し、目標や成果に向かって何をどの程度提案し提供していくか・・・パーソナルトレーナーには永遠のテーマかもしれませんね。ここもきっちり抑えていく必要があります。

③エクササイズテクニック (問題配分31% 問題数43問)

当然トレーナーには必要な知識と技術ですね。正しいテクニックなくして良いトレーニングは提供できません。なぜ、どのように、トレーニングを実施していくか。確かなテクニックを磨いていく必要があります。

④安全性、緊急時の手順、法的諸問題 (問題配分13% 問題数20問)

安全が第一である。どのような環境でもまず掲げる目標ですよね。いざというときの対処や手順、法的な問題もしっかり身につけておいてあらゆる場面に対応できる必要があります。

⑤ノンスコアード問題 (問題配分なし 問題数15問)

以上のような問題構成です。これらのことをまんべんなく理解し、実践できることがパーソナルトレーナーには必要とされています。

4、試験の難易度、合格率は?

NSCA-CPTに関して2019年度の合格率ですが、78.9%と発表されています。

合格率からすると難易度が低く感じますが、出題範囲も広く、深い知識が必要な試験なのは確かです。

テキストをみるとわかりますが、膨大な情報が詰め込まれています。勉強をしてみて改めてパーソナルトレーナーの責任の重さも感じますね。

試験時間は3時間。155問という問題を時間配分も注意して解答していかなければならず、十分な試験対策が必要な資格といえます。

5、資格はなぜ取る?

写真

資格取得は自分を表す名刺のような存在である気がします。小さな努力の証明としてこの資格を持つことで、すこしでもクライアントに信頼されるきっかけになりうると思います。

とはいえ持っていれば成功ということはないですし、その後の努力の継続は必須となってきます。

チャンスや出会いを得たあとは、学んだ知識をアウトプットすることでファンを作り、誰かのために、また自分のためになっていくということだとも思うのです。

費用が高くつくのはデメリットですが、それ以上に得られるものがあるのではないでしょうか?

パーソナルトレーナーに限らずどの分野でも、学び、前進していくきっかけにもなるのが資格取得のメリットともいえるはずです。

それではここまでお読みいただきありがとうございました。【第2回】はこちらで以上です。次回の【第3回】に続きます。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の黒津晴良でした。

次回の記事もよろしくお願いします。

黒津晴良,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:黒津晴良

関連記事

【第8回】パーソナルトレーナーがご案内するケトジェニックとは (パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)

【第8回】パーソナルトレーナーがご案内するケトジェニックとは (パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)の画像

【第8回】パーソナルトレーナーがご案内するケトジェニックとは

こんにちは!トレーナー黒津です。

今回から体づくりにおいて、食事の実践的なお話で「ケトジェニック」についてまとめていきます。

パーソナルトレーナーはお客様への体づくりのご案内の時に、お食事の面からもサポートする必要があるのは明らかです。そこでなんとなく「たんぱく質多めで」「糖質少なめで」とお伝えしても曖昧な意思疎通になりそうですし、それは避けなければいけません。

そこで糖質制限の中でも「ケトジェニック」という食事法を利用し、科学的に認められた効果を狙ってご案内することで、より食事内容の基準を正確に見定めることができ、お客様へもより丁寧にご案内することが可能です。

パーソナルトレーナーはその確かな知識と利用法を駆使して、お客様の目標達成と満足へと導くことが重要です。ケトジェニックを初めて聞く方も知っている方もぜひ深掘りの機会にしていただければと思います。

では、さっそくいってみましょう。

【第7回】パーソナルトレーナーと栄養学 『VOL.2』(パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)

【第7回】パーソナルトレーナーと栄養学 『VOL.2』(パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)の画像

【第7回】パーソナルトレーナーと栄養学 『VOL.2』

こんにちは!トレーナー黒津です。

前回に引き続き、栄養学第2弾としてまとめていこうと思います。前回までは糖質や脂質をテーマに扱ってきましたが、今回は「たんぱく質」です。

たんぱく質はトレーニングをしている方ならもちろん、最近の健康ブームの中ではよく聞く栄養素であり、筋トレには絶対必要というのはお分かりだと思います。

パーソナルトレーナーはその表面的な知識だけでなく、どんな栄養でありなぜ必要かまでしっかりお伝え出来なければ本当の意味でゲストにお伝えすることができないと思います。

改めて今回たんぱく質について深掘りし、整理していきましょう。

【第6回】パーソナルトレーナーと栄養学 『VOL.1』(パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)

【第6回】パーソナルトレーナーと栄養学 『VOL.1』(パーソナルトレーナー 資格 黒津晴良)の画像

【第6回】パーソナルトレーナーと栄養学 『VOL.1』

こんにちは!トレーナー黒津です。

今回からは栄養学について調べていこうと思います。人間生きている限りは食事をして栄養を摂取し、毎日を過ごすことは誰しも変わらず行う行為です。

なぜか太ってしまう人や、なんとなくだるい人・・体調は様々ですがライフスタイルそのものに原因があったり、食事で良くない原因があることもしばしばです。

パーソナルトレーナーは運動を支持するだけでなく、体づくりの根本である「栄養摂取」のサポートを行ってこそ、理想のボディメイクが可能なのは理解できますね。

ここでは改めて栄養学について学び、深掘りしていきたいと思います。

では、さっそくいってみましょう!