ビタミンとミネラルとサプリメンと体とマルチビタミンについて(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)

前回の栄養学Vol.1では5大栄養素の中の以下の3つについて解説致しました。・炭水化物(糖質)・たんぱく質・脂質今回は残りの2つビタミン、ミネラルについては解説致します。 それでは早速見ていきましょう。


facebookInstagram

パーソナルトレーナーに栄養学は必要なのか?VOL2

前回の栄養学Vol.1では5大栄養素の中の以下の3つについて解説致しました。
・炭水化物(糖質)
・たんぱく質
・脂質

今回は残りの2つ
ビタミン、ミネラルについては解説致します。

それでは早速見ていきましょう。

目次
※1〜3は、VOL.1記述
4ビタミン
5ミネラル
6現在愛用しているサプリメント

4ビタミン ※現在ビタミンは13種類あるとされています。
五大栄養の1つ。
ビタミンはエネルギー源や体を作る成分はありませんが、
体の健康を維持するにはとても重要な栄養素になります。
その中で、水や油への溶けやすさで二種類に分類分けされています

■水溶性ビタミン
水に溶けるため過剰に摂取しても余分な量は尿として排出されます。

ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ビオチン、Cの9種類あります。

■脂溶性ビタミン
水に溶けないため尿として排出されることがなく、体内では脂肪組織や肝臓等に貯蔵され毎日少しずつ消費されていきます。
過剰な摂取には注意が必要になります。

ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK

5ミネラル
五大栄養の1つ。
体の維持や調節に欠くことが出来ない、ビタミン同様大切な栄養素になります。
体内に比較的に多く存在する主要(多量)ミネラルと量が少ない微量ミネラルの2種類に分かれています。

6現在愛用しているサプリメント


■マルチビタミン
日々の食事でビタミンが不足することが多いため
まずはマルチビタミン。

●Nature Made マルチビタミン
※粒が大きく少し飲みにくいですが圧倒的なコスパ〇
●DHC マルチビタミン
※コンビニや薬局でも購入できカプセルのため飲みやすいです

■プロテイン
タンパク質を毎日体重の2倍摂取するのが難しいため、
朝とトレーニング後に摂取しています。

●Gold Standard 100% WHEY PROTEIN チョコレート味
※溶けやすく味も美味しいためおすすめです

● MY PROTEIN ミルクティー味、ストロベリークリーム味
※少しだまになりやすいですが、コスパ最強

■BCAA
3つの必須アミノ酸総称です。(バリン、ロイシン、イソロイシン)
運動中に取り入れると筋肉の分解を抑えることが出来ます。

●XTEND BCAA ブラッドオレンジ味
※味も美味しくコスパ〇

まとめ
今までは、周りが体に良いからと言われた食材やサプリメントを何も分からずに取り入れていましたが実際に調べて、何事もバランス良く取り入れるのが大事という事を再認識する事が出来ました。

サプリメントに頼りすぎるのも良くないですが、
日常の食事の中で全ての栄養素を賄うのは難しいと感じたので、
バランスを見ながら上手く付き合って行きたいと思います。

次回は…..

ケトジェニックについて

次回もお読みいただければ幸いでございます。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の高梨竜弥でした。

次回の記事もよろしくお願いします。

高梨竜弥,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:高梨竜弥

関連記事

パーソナルトレーナーに栄養学は必要なのか?(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)

パーソナルトレーナーに栄養学は必要なのか?(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)の画像

パーソナルトレーナーに栄養学は必要なのか?

答えはYESです。

それは何故か?

パーソナルトレーナーは
トレーニングの仕方を教えるのが仕事ではなく
1対1でゲストにあった健康的かつ安全にボディーメイクをするのが仕事になります。
そのため、トレーニング指導+食事指導行います。

その中で、多くの人が勘違いしているのが食事です。
実は、トレーニング 3割、食事 7割と言われていて
正しくボディーメイクが出来ない方のほとんどがほぼ食事に原因があります。
そのため食事=栄養学はトレーナーにとって
とても必要に知識になります。

ケトジェニックダイエットには生理学の知識が必要なのか?(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)

ケトジェニックダイエットには生理学の知識が必要なのか?(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)の画像

ケトジェニックダイエットには生理学の知識が必要なのか?

答えはYESです。

それは何故か?

ケトジェニック(糖質制限)では
糖質をカットして、脂質をエネルギー源にすることで脂肪を燃やしてダイエットを行います。
脂肪の減少が望めますが、筋肉量も落ちやすくなってしまいます。
筋肉量が落ちてしまうと基礎代謝も下がってしまい、リバウンドの原因にもなってしまいます。
そのため正しく身体について学び、筋肉量を残しつつ脂肪のみを落とすことが必要になります。

パーソナルトレーナーに生理学は必要なのか? (パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)

パーソナルトレーナーに生理学は必要なのか? (パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)の画像

パーソナルトレーナーに生理学は必要なのか?

まず、生理学とはなにか?

『生理学は生命体の構造ごとの機能』を学ぶ学問になります。
何やら難しそうな雰囲気が出てきましたがご安心ください。
簡単にご説明すると、、、

『身体の働き』をイメージするととても分かりやすいです。

そのため、パーソナルトレーナーは正しく身体の働きを学ぶ必要があるため
『PT=生理学』といっても過言ではないのではないのでしょうか。

では実際に、生理学についてご紹介したいと思います。