パーソナルトレーナーはトレーニングの知識としてNSCAの資格が必要

こんにちは。鍼灸師、あん摩マッサージ師の資格を持ちながら、パーソナルトレーナーを目指しているmasayaといいます。NSCAをこれから取得するのに、「知識や経験でなんとかなるんじゃないか」と思う方もいると思います。ただ、それだけでは知らないと後悔してしまうので、NSCAとは何か?というのをご紹介します。


facebookInstagram

パーソナルトレーナーになるための資格、NSCAとは?

こんにちは。鍼灸師、あん摩マッサージ師の資格を持ちながら、パーソナルトレーナーを目指しているmasayaといいます。

NSCAをこれから取得するのに、「知識や経験でなんとかなるんじゃないか」と思う方もいると思います。
ただ、それだけでは知らないと後悔してしまうので、NSCAとは何か?というのをご紹介します。

○NSCAとは
→ ストレングストレーニングとコンディショニングに関する国際的な教育団体として1978年に設立されました。現在では世界88の国と地域において会員が活動しており、この膨大な会員のネットワークをもとに、ストレングストレーニングとコンディショニングの実践と研究から得られた最先端の情報を、論文集、ジャーナル、ウェブサイト等を通じて世界中に配信し続けています。

使命: 科学者とスポーツ現場の指導者との橋渡しです。ストレングストレーニングとコンディショニングの分野に関する新しい研究の実用化を目指すことで、トレーニング指導の専門的職業としての発展を促進しています。

○NSCAジャパンとは?

特定非営利活動法人NSCAジャパンは、米国コロラド州コロラドスプリングスに本部をもつNSCA(National Strength and Conditioning Association)の日本支部です。
1991年に設立され、日本におけるストレングストレーニングとコンディショニングの指導者の育成や継続教育、研究に裏付けられた知識の普及を通じて、一般の人々に対する健康の維持・増進から、アスリートに対する傷害予防とパフォーマンスの向上などに貢献するために活動しています。

使命:「Bridging the gap between science and application」
→研究と現場の橋渡し役として

研究に裏付けられたストレングス&コンディショニングに関する知識を普及させ、子どもから高齢者にいたるすべての人々の健康増進と、アスリートの競技力向上および傷害予防を支援します。

・研究に基づいた知識と現場での応用を広く普及する人材の認定=NSCAの認定資格

そして、

・日本語で受けられるのはCSCSとNSCA-CPTの2つ

では、その日本語で受けられる2つについて紹介します。

・NSCA-CPT:1993年に認定試験が開始され、米国内はもとより、国際的に最も信頼性の高いパーソナルトレーナーの認定資格として、NCCAの承認を受けています。健康と体力のニーズに関して、評価・動機づけ・教育・トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う、優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。
指導対象者はアスリートだけでなく、年齢・性別・経験を問わず幅広い層に対してトレーニング指導を行います。そのため、NSCA-CPTはトレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要となります。

資格習得者: パーソナルトレーナー、フィットネスインストラクター、スポーツ指導者、理学療法士、柔道整復師

・NSCA-CSCS:1985年に認定試験が開始され、ストレングス&コンディショニングの認定資格として唯一、1993年にNCCAの承認を受けている資格です。傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を有する人材を認定する資格です。
指導対象は主にアスリート、スポーツチームです。筋力トレーニングや他の体力要素の指導だけでなく、施設を運営、管理することも重要な職務となります。また、栄養、ドーピング、生活習慣に関する指導など、教育者的側面も併せ持っています。

資格習得者: ストレングスコーチ、アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー、医師、フィットネスインストラクター、研究者

*NCCA:全米資格認定委員会

実は米国では、歴史が長い資格ということだったんですね!
なんとNSCA-CSCSは現在で25年間は長いなーと思いました!

そして現在、私が資格取得に目指しているのは、NSCA-CPTです。こちらの資格取得条件について、ご紹介します。

NSCA-CPTの資格取得条件
1.NSCAジャパン会員である
2.満18歳以上
3.高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧・大学入学検定試験)合格者
4.有効なCPR/AEDの認定者(*)
5.NSCA-CPT認定試験に合格

*資格の認定に有効なCPR/AEDの認定とは、
1.講習の中に実技評価が含まれていること
(オンラインのみのコースは不可)
2.傷病者の対象が成人であること
*有効な講習会を1つ受講すること

要約
・NSCAとは研究と現場の橋渡し役として、一般の人々に健康の維持・増進、アスリートに対する傷害予防とパフォーマンスの向上などに貢献、トレーニング指導の専門的職業としての発展を促進させる団体。

・日本語で受けられる資格は2つで、
NSCA-CPTはフィットネスインストラクターやパーソナルトレーナー、理学療法士、柔道整復師が取得者
NSCA-CSCSはCPTよりも教育者、施設の運営、管理とかなり高度な資格

調べてみて、この緊急事態だからこそ運動方法や健康管理を知ることとそこに携わる責任感を感じました。

長々と読んで頂き誠にありがとうございます!

何かの参考になれば嬉しいです!

高橋昌也,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:高橋昌也

関連記事

栄養学についてパーソナルトレーナーが考える vol.2 (パーソナルトレーナー 資格 高橋昌也)

栄養学についてパーソナルトレーナーが考える vol.2 (パーソナルトレーナー 資格 高橋昌也)の画像

栄養学についてパーソナルトレーナーが考える vol.2

先ほどは五大栄養素、三大栄養素の炭水化物(糖質)、脂質について話をしました!

次はトレーニングをしている方、我々パーソナルトレーナーにとって一番必要な三大栄養素のタンパク質について話をしていきます!
目次

#4 タンパク質について
#5 プロテインについて(種類、タイミング、量について)
#6 おすすめのプロテイン

栄養学についてパーソナルトレーナーが考える vol.1(パーソナルトレーナー 資格 高橋昌也)

栄養学についてパーソナルトレーナーが考える vol.1(パーソナルトレーナー 資格 高橋昌也)の画像

栄養学についてパーソナルトレーナーが考える vol.1

みなさん良いトレーニングライフを送っていますか!?
今度は栄養学について話をさせていただきます!
目次

栄養学はパーソナルトレーナーに必要な理由
#1 五大栄養素について
#2 炭水化物(糖質)とは
#3 脂質について

パーソナルトレーナーが知るべき生理学VOL.2(パーソナルトレーナー 資格 高橋昌也)

パーソナルトレーナーが知るべき生理学VOL.2(パーソナルトレーナー 資格 高橋昌也)の画像

パーソナルトレーナーが知るべき生理学VOL.2

前回のVOL.1の続きで今度は運動に関わるホルモンとホルモンが活動するためのエネルギーの消費の役割を説明できたらと思います!
目次

生理学を学んだ後にケトジェニック(糖質制限)を行うと効果があるか?
#6 糖新生とは
#7 運動強度、運動持続時間について
#8 ホルモンとは何か
#9 ボディメイクに関わるホルモン(成長ホルモン)
#10 ボディメイクに関わるホルモン(インスリン、グルカゴン)
#11 ボディメイクに関わるホルモン(甲状腺ホルモン)
#12 ボディメイクに関わるホルモン(コルチゾール)
#13 ボディメイクに関わるホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)
あとがき