消防とハイパーレスキューと救助と車両と災害について(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)

こんにちは。パーソナルトレーナーの助政桂多です。今日は自己紹介コーナーの続きを書いていきたいと思います。前回は消防士時代の話〜レスキュー隊員編のお話をさせて頂きました。まだの方はぜひご覧頂けると幸いです。パイパーレスキュー隊って聞いたことありますか?なんとなく耳にしたことはあるけど、どんな部隊でどんな活動をしているのか、よくわからない方もいると思います。26〜27歳の時に、約2年間勤務した時の実際のお話と、簡単な紹介をしていけたらと思います。最後までお付き合い頂けると嬉しいです。


facebookInstagram

消防士時代の話〜ハイパーレスキュー隊員編

こんにちは。パーソナルトレーナー助政桂多です。

画像1

今日は自己紹介コーナーの続きを書いていきたいと思います。

前回は消防士時代の話〜レスキュー隊員編のお話をさせて頂きました。まだの方はぜひご覧頂けると幸いです。

パイパーレスキュー隊って聞いたことありますか?なんとなく耳にしたことはあるけど、どんな部隊でどんな活動をしているのか、よくわからない方もいると思います。

26〜27歳の時に、約2年間勤務した時の実際のお話と、簡単な紹介をしていけたらと思います。最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

1,ハイパーレスキュー隊とは

画像2

正式名称は消防救助機動部隊といいます。

1995年
に発生した阪神・淡路大震災の教訓から、通常の消防部隊や資機材などでは、対応できなかった災害事象に、迅速的確に対処できるように配置された部隊です。

ハイパーレスキュー特別救助技術の資格や、救急救命士大型重機免許船舶免許など、特殊な技術・能力を有する隊員と、大型車両特殊な救助資機材などを備え、多数の人命を早期に救助することを目的とした専門部隊です。

なお、ハイパーレスキューは、大規模災害だけでなく高層ビ ル地下街の災害航空機災害船舶災害土砂崩れ 水害などへの対応や、一般の火災・救助活動も、消防署所の消防部隊と連携した、通常の消防活動も行っています。

次の章で私が所属していた6本部ハイパーレスキューYou Tube映像がありましたので、参考までに御覧ください。※私は映っておりませんのであしからずw

2,第6消防方面本部消防救助機動部隊(6HR)に配属された時の話

画像3

※これは特別救助隊の腕章をベースに、消防救助機動部隊の高度な技術をイメージするため下地を金色にし、帯は重機を表すフック付きワイヤーとなっています。

前回の自己紹介で、江戸川特別救助隊2年半勤務したお話をしました。
日々火災や救助活動訓練や体力錬成その他事務作業など忙しい日々を過ごしていました。

そんなある年、日頃の勤務態度高い救助技術と知識が認められ、異動が決まり、第六消防方面本部消防救助機動部隊(通称ハイパーレスキュー)へと転身しました。

このように所属推薦で異動する場合と、年1回の勤務評定で異動希望を書いて異動する場合の2パターンがあります。

将来ハイパーレスキュー隊員になりたいと思うのであれば、私と同じようにレスキュー隊の資格である特別救助技術研修を受け、資格取得後、所属で実績を積み、異動希望を出すルートが1番の近道だと思います。

この部隊は大規模災害や急流救助事象に対応するための、大型車両や大型重機小型ボートや水上バイクなどもあり、私自身もハイパーレスキューに配属後整地解体小型移動式クレーン2級小型船舶免許など、さまざまな資格を取得しました。

ですので、先にこういった資格などを取得しておくのも、アピールポイントになるので、ハイパーレスキューになりたい人は積極的に取得しましょう。

画像4

この写真は急流救助訓練水上バイクを活用した時のものです。

河川上で助けを求めている要救助者を、水上バイクの後ろにくくりつけた浮き板に乗せて迅速に救助することを想定しています。

私の所属していた第6方面のハイパーレスキューは、足立区の新田地区にあり、四方を隅田川荒川に囲まれているため、河川への飛び込みや、豪雨による増水で流されたり、落水するなどした場合に、迅速に対応しなくてはいけません。

この時は冬の寒い時期での訓練だった記憶があります。服を着たまま着れるドライスーツとはいえ、流石に水も冷たくものすごく寒かったですね。

画像5

こちらは遠距離大量送水装備(送水車・ホース延長車)と言います。大経口150mmホースを1km積載しており、このように走行しながらのホース延長ができます。

震災時に発生する大規模な火災などに対応するため、遠方に位置する海及び河川から火災現場まで、長距離かつ大量に送水することが可能な車両です。

走行しながら延長できるので、非常に効率よく迅速に活動できるのはメリットですが、その分収納(後片付け)するのがものすごく大変で、車両の上に3人道路上に2人、さらに運転手1人安全管理1人最低7人は必要なんですw

画像6

先程の車両から延長されたホースを、最大で毎分8,000Lの揚水が可能な水中ポンプを装備した送水車で圧力を高め水を送り、こちらの屈折放水塔車で放水します。

この屈折放水塔車は、最大地上高22m二節ブーム式屈折放水塔を装備した車両です。高所火災危険物火災など消防隊が容易に近づけない火災現場において、高所から効果的に注水及び泡放射を行います。

屈折放水塔車の毎分放水量が3,800Lですので、学校などの25メートルプールを満タンにすると422,000Lですので、約111分で満タンにできます。

通常の太めのパイプ管満タンにするのに約12時間以上掛かる計算ですので、どれだけ大量に放水できるかが分かると思います。

またこの車両は、2011年(平成23年)3月11日に起きた、東日本大震災で、福島第一原子力発電所事故冷却作業にあたった時に活躍した車両です。

皆さんニュースなどで何度か目にしているのではないでしょうか。
あの時写っていた車両と同じ形のものですね。

※当時のニュース映像です。緊迫感が伝わってきますね。

幸い私が配属されていた期間は、大きな災害もなく、こういった特殊車両が活躍することはありませんでした。

画像7

画像8

この写真は高所に取り残された要救助者を、斜めに張ったロープと担架を活用して、地上部分に救出する、訓練中の様子です。

1枚目の写真に映る車両は、私がメインに乗っていた救助車両です。通常時の火災救助活動時にはこの車両で出場していました。後ろのシャッターやBOXには数十種類以上の救助資機材が積まれていて、そのすべての名称や用途、使用方法を熟知していました。

2枚目の写真は、救急脱出といって救出時に使用したロープを活用して、地上部分に避難する技法です。

真ん中で垂直に降下している隊員が私です。座席懸垂といって、ロープとカラビナという器具のみで降下するんです。

実際この日は消防見学会の開放日で、子供や親御さん大きな歓声が上がっていました。普通に嬉しかったですね!

画像9

画像10

最後の写真ハイパーレスキュー部隊の集合写真です。
1部隊20名で編成されており、全員救助や救急のスペシャリスト集団です。

この技術や知識だけでなく、意識や志の高い方々と一緒に勤務した2年間は、とても有意義で価値ある時間でした。

先程も話しましたが、幸い私個人で言えば、勤務した約2年間の間は、大きな災害に出場することもなく、実践的な経験はできませんでしたが、それでも何にも代えがたい貴重な経験であったことには変わりありません。

この第6消防方面本部消防救助機動部隊(6HR)には、『屠龍技』(とりゅうぎ)と書かれた額縁が飾ってあります。

辞書で調べると「学んでも実際には役立たない技術」と出てきます。
ではなぜこんな言葉を飾っているのでしょうか。

それは、「救助の技」は常に磨き続けるが、『災害は起こらず無駄な努力に終わってほしい』という願いを込めた、部隊心得だからです。

諸説はこうです

昔、中国の山奥に悪い龍が住みつき,時折現れては村人に害を為した1人の青年が、その龍を屠る(ほふる)べく、「屠龍技」(龍を倒す技)を身につけるため精進する。
しかし、その後、龍は二度とその村に姿を現さなかったが、その者は、一生精進し続けた。村人の中には無駄なことをしたと笑う者もいた。

なぜこれが部隊の心得になったのか⬇

龍の出現の有無にかかわらず、屠龍の技を磨く
但し現れたなら一撃のもとにこれを屠る(ほふる)。我々の目指すところである。災害に備えて常に訓練を重ねる。
何も無いことと何もないようにしたこととは天地の差がある。
これが、私たち消防、そして六本部機動隊の心得である。

素敵な心得ですよね。私も当時この言葉に感銘を受けて、毎日訓練をして技術を磨いていました。結果、大きな災害はなかったですが、無駄なことではなかったと思います。

3,まとめ(消防人生11年半の思い)

画像11

画像12

ハイパーレスキューを経験後は、消防人生最後の配属先となった深川消防署で、消防士長という階級で、隊の中心的なポジションである副隊長(1番員)も経験しました。

詳しい話は、前回の消防士時代の話〜レスキュー隊員編目次4,深川特別救助隊員時代〜救助大会編を御覧ください。

それから約2年後、19歳から30歳までの11年8ヶ月の間、長年勤めてきた東京消防庁を退庁しました。

消防人生楽しい事よりも、人の命と向き合う時間が長いため、辛く悲しい事の方が多く、色々な意味で人として大きく成長できました。

また、人を思いやる気持ち、心に寄り添う大切さ、人に感謝されることの嬉しさ、仲間を信頼し人を頼ることの大切さなど、あげればキリがない程、心と体の成長ができた消防人生でした。

この11年8ヶ月の消防人生で身に付けた、人一倍努力する力や、最後まで決して諦めない気持ち、強い精神力忍耐力、真の優しい心をこれからのパーソナルトレーナー人生に活かしていきたいです。

画像13

次回の自己紹介は「転換期とトレーニングとの出会い」をお送り致しますので、ぜひとも楽しみにお待ちくださると嬉しいです!

少し長くなりましたが、今回も最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。
Instagramも頑張っていますので、ぜひ御覧ください。

パーソナルトレーナー
助政桂多

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の助政桂多でした。

次回の記事もよろしくお願いします。

助政桂多,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:助政桂多

関連記事

ローファットを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)

ローファットを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)の画像

ローファットを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?

こんにちは。パーソナルトレーナーの助政桂多です。



前回はケトジェニックを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?を題材にして、実施前に感じていたことや、実際の食事内容、体組成計の数字と写真のBefore・Afterを含めた結果などを投稿させて頂きました。

まだご覧になっていな方は、どのくらいの効果があったのか、やってみた後の感想なども書き綴っていますので、よろしければご一読お願いします。

さて、今回も題名の通り、私自信が実際にローファットを実践した内容を、皆さんと共有していきたいと思います。

ケトジェニックと同様にローファットでも「生理学」と「栄養学」の知識を駆使してダイエットを行いました。

食事方法の知識だけでなく、自分自身も実践しているトレーナーになりたかったので、【30日間】に渡りローファット食事法と、しっかりウエイトトレーニングを週3回以上行いました。

実はボディメイクの大会に出場経験があり(詳細は次回の自己紹介記事で)、過去にもローファットの経験がありました。その時との違いは、やはりエビデンスに基づく知識があったか、なかったかの違いがあります。

ではさっそく参りましょう。

ケトジェニックを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)

ケトジェニックを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)の画像

ケトジェニックを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?

こんにちは。パーソナルトレーナーの助政桂多です。

画像1

前回は【ケトジェニックダイエット】って何?をパーソナルトレーナーが語りますを題材に、ケトジェニックってそもそも何?ほんとに痩せるの?安全なの?など、みなさんが不安や疑問に思っていることについて、一つ一つ紐解いていきました。

まだご覧になっていな方は、ざっと目を通して頂いた方が、今回の内容も頭に入ってきやすくなると思いますので、よろしければご一読お願いします。

さて、今回は題名の通り、私自信が実際にケトジェニックを実践した内容を、皆さんと共有していきたいと思います。

食事方法の知識だけでなく、自分自身も実践しているトレーナーになりたかったので、【60日間】に渡りケトジェニック食事法と、しっかりウエイトトレーニングを週3回以上行いました。

始める前に抱いていた感情や、実践していく上で感じた難しかったこと、不憫に感じたこと、慣れてきてからのケトジェニックの効果や良いと感じた内容など、経験したことをご紹介していきます。
ではさっそく参りましょう。

消防士時代の話〜レスキュー隊員編(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)

消防士時代の話〜レスキュー隊員編(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)の画像

消防士時代の話〜レスキュー隊員編

こんにちは。パーソナルトレーナーの助政桂多です。



今日は自己紹介コーナーの続きを書いていきたいと思います。

前回は消防士時代の話〜はしご隊員編のお話をさせて頂きました。まだの方はぜひご覧頂けると幸いです。

話の本題に入る前に、少しおさらいしますと、私は東京消防庁に入庁後に、大田区にあります矢口消防署に配属されました。

在籍中の火消し2年とはしご隊員1年半の合計3年半をかけて、登竜門と言われている、【特別救助技術研修選抜試験】に3回挑んで3回目にしてようやく合格することができました。※選抜試験は年1回のみ

消防士になった時、このレスキュー隊員の存在を知り絶対に合格して、オレンジの隊服に救助ワッペンを付けて着るんだと、心に誓っていたので、本当に嬉しかったです。



今回はそのレスキュー試験の内容と救助研修、レスキュー隊員になったその後のお話をしていこうと思っております。最後までお付き合い頂けると嬉しいです。