試合と消防士と選手とnoteとパーソナルトレーナーについて(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)

こんにちは。パーソナルトレーナーの助政桂多です。今日は自己紹介コーナーの続きを書いていきたいと思います。前回は消防士でプロボクサーって副業になるの!?〜デビュー戦(ライト級4回戦)のお話をさせて頂きました。まだの方はぜひご覧頂けると幸いです。さて、今回も前回から引き続き、消防士をしながらプロボクシングの第2戦目の試合をした話をしていきたいと思います。プロボクサーになろうと思ったきっかけや、プロまでの道のりなどは前回お話させて頂いているので、今回は試合の概要のみでサクッと終わりたいと思います。後半に当時の試合映像を載せてありますので、ぜひ観て頂けると嬉しいです。(長いので2分ぐらいに編集しています)


facebookInstagram

消防士プロボクサー第2戦(スーパーライト級4回戦)

こんにちは。パーソナルトレーナー助政桂多です。

今日は自己紹介コーナーの続きを書いていきたいと思います。

前回は消防士でプロボクサーって副業になるの!?〜デビュー戦(ライト級4回戦)のお話をさせて頂きました。まだの方はぜひご覧頂けると幸いです。

さて、今回も前回から引き続き、消防士をしながらプロボクシングの第2戦目の試合をした話をしていきたいと思います。

プロボクサーになろうと思ったきっかけや、プロまでの道のりなどは前回お話させて頂いているので、今回は試合の概要のみでサクッと終わりたいと思います。

後半に当時の試合映像を載せてありますので、ぜひ観て頂けると嬉しいです。(長いので2分ぐらいに編集しています)

1,2008年6月6日トクホンVダッシュ第73弾

前回のデビュー戦の試合日が2007年3月5日でしたので、1年3ヶ月ぶりの試合でした。この間も練習はしっかり行なっていたので、技術パワー格段にアップした状態で挑みました。

試合前日の計量1回でパスして、当日の体調も万全でした。
あとはリングに上って相手に勝つことだけを考えておりました。

緊張も程々に、デビュー戦とは打って変わってリラックスしていました。
後楽園ホールについて控室に入ってすぐ、出場選手はリングチェックといって床の硬さや弾力性ロープの張り具合を確認します。

その後、試合用のバンテージを巻いて、レフェリーの検査を受けて、あとは試合開始まで、体を温めながらミット打ちステップの最終確認をします。

相手選手の楠三好ジム篠田選手はデビュー戦でしたので、試合経験値の差は少しだけありました。
ですので、少し余裕があったのかもしれません。ただしそれが逆にプレッシャーになっていたことは言うまでもありませんww

では、ここからは実際の試合風景を少しだけご紹介します。
DVDから画像を抽出したので、画質が荒いですがお許しください。

リングインの写真とリング中央で両陣営レフェリーによるルールの最終確認と、選手同士正々堂々と闘うようにと説明を受けているところの写真です。

第2戦目はトクホン真闘ジムの会長である佐々木会長にセコンドに付いてもらい、気持ち的にも心強く力になりました。

1ラウンドの攻防シーンです。どちらもまだまだ様子を観ている段階です。

相手のボディを肘でガードしているシーンです。動きをよく観察してカウンターを狙っていました。

上の写真は1ラウンド1分2秒、相手の右ストレートを見切り、狙い通りカウンター顎に入れて膝が落ち、体勢が崩れた瞬間です。

このあとラッシュを掛けるも相手の※クリンチに苦戦して、逆に反撃を受けてしまいました。

※クリンチ(clinch)は格闘技の立ち技状態において、相手の体に抱きついたり体の一部を掴んで相手の動きや攻撃を止める技術。

1ラウンド1分38秒、再度、得意のカウンター相手の右フックに合わせ、渾身の右ストレートに入れて、膝が落ちレフェリーがダウンを取って10カウントを始めます。

ダウンのあと10カウントが始まり、篠田選手8カウントまでに※ファイティングポーズを取らなかったため、カウントアウトによる勝利です。

いわゆるKO(ノックアウト)勝ちです。
相手の篠田選手技術が高く、正攻法では攻めきれないと思いカウンター狙いに変えました。とても強くスピードがある選手でしたね。

2、実際の試合映像はこちらから

2008年6月6日トクホンVダッシュ第73弾スーパーライト級第2戦 試合映像

3,まとめ

全2回のシリーズでデビュー戦から第2試合までのお話をさせて頂きました。生涯戦績【2戦2勝2KO】でした。

続けていれば、日本ランカーまではいけると言われていましたが、僅か2試合で引退を決意。

理由は、当時私は消防士をしておりまして、視力低下が業務に支障をきたしてきた関係で、レーシック(視力回復)手術を受けることに。

術後の試合が失明の危険性を高めるとの事、またこの後お話しする、レスキュー隊員になるためにやむ無く、ボクシングを辞める運びとなりました。

その約12年続けた消防士時代の話を、前のパートからお話させて頂いておりますが、次のパートからはいよいよ特別救助隊(通称レスキュー隊)のお話し致します。

最後に、もうだいぶ引退してから時間が経ちますが、約3年程ボクシングをやっていたので、ボクササイズなどのダイエット向けの運動でしたら、教えることができます。

ボクシングは究極の有酸素運動ですので、脂肪燃焼高い効果があります。
シャドウボクシングミット打ちなどで代謝をあげていくことが出来ます。

ご希望があれば、パーソナルトレーニングにも取り入れますので、お気軽にご相談してくださいね。

今回も最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。
Instagramも頑張っていますので、ぜひ御覧ください。

パーソナルトレーナー
助政桂多

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の助政桂多でした。

次回の記事もよろしくお願いします。

助政桂多,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:助政桂多

関連記事

ローファットを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)

ローファットを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)の画像

ローファットを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?

こんにちは。パーソナルトレーナーの助政桂多です。



前回はケトジェニックを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?を題材にして、実施前に感じていたことや、実際の食事内容、体組成計の数字と写真のBefore・Afterを含めた結果などを投稿させて頂きました。

まだご覧になっていな方は、どのくらいの効果があったのか、やってみた後の感想なども書き綴っていますので、よろしければご一読お願いします。

さて、今回も題名の通り、私自信が実際にローファットを実践した内容を、皆さんと共有していきたいと思います。

ケトジェニックと同様にローファットでも「生理学」と「栄養学」の知識を駆使してダイエットを行いました。

食事方法の知識だけでなく、自分自身も実践しているトレーナーになりたかったので、【30日間】に渡りローファット食事法と、しっかりウエイトトレーニングを週3回以上行いました。

実はボディメイクの大会に出場経験があり(詳細は次回の自己紹介記事で)、過去にもローファットの経験がありました。その時との違いは、やはりエビデンスに基づく知識があったか、なかったかの違いがあります。

ではさっそく参りましょう。

消防士時代の話〜ハイパーレスキュー隊員編(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)

消防士時代の話〜ハイパーレスキュー隊員編(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)の画像

消防士時代の話〜ハイパーレスキュー隊員編

こんにちは。パーソナルトレーナーの助政桂多です。

画像1

今日は自己紹介コーナーの続きを書いていきたいと思います。

前回は消防士時代の話〜レスキュー隊員編のお話をさせて頂きました。まだの方はぜひご覧頂けると幸いです。

パイパーレスキュー隊って聞いたことありますか?なんとなく耳にしたことはあるけど、どんな部隊でどんな活動をしているのか、よくわからない方もいると思います。

26〜27歳の時に、約2年間勤務した時の実際のお話と、簡単な紹介をしていけたらと思います。最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

ケトジェニックを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)

ケトジェニックを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?(パーソナルトレーナー 資格 助政桂多)の画像

ケトジェニックを「栄養学」と「生理学」を熟知したパーソナルトレーナがやると、どんな結果が生まれるのか!?

こんにちは。パーソナルトレーナーの助政桂多です。

画像1

前回は【ケトジェニックダイエット】って何?をパーソナルトレーナーが語りますを題材に、ケトジェニックってそもそも何?ほんとに痩せるの?安全なの?など、みなさんが不安や疑問に思っていることについて、一つ一つ紐解いていきました。

まだご覧になっていな方は、ざっと目を通して頂いた方が、今回の内容も頭に入ってきやすくなると思いますので、よろしければご一読お願いします。

さて、今回は題名の通り、私自信が実際にケトジェニックを実践した内容を、皆さんと共有していきたいと思います。

食事方法の知識だけでなく、自分自身も実践しているトレーナーになりたかったので、【60日間】に渡りケトジェニック食事法と、しっかりウエイトトレーニングを週3回以上行いました。

始める前に抱いていた感情や、実践していく上で感じた難しかったこと、不憫に感じたこと、慣れてきてからのケトジェニックの効果や良いと感じた内容など、経験したことをご紹介していきます。
ではさっそく参りましょう。