パーソナルトレーナーに必要な知識、ATPなどについて (パーソナルトレーナー 資格 馬場直規)

こんにちは!パーソナルトレーナーを目指して勉強中の馬場直規です。今回は【生理学】についての記事になります!生理学は人体の機能がどのように働くか、摂取した栄養がどのように体に作用するかなどパーソナルトレーナーとしてお客様にトレーニング、食事をご案内していくには必要不可欠なものとなっております。  


facebookInstagram

パーソナルトレーナーの基礎知識!  生理学VOL.1

こんにちは!
パーソナルトレーナーを目指して勉強中の馬場直規です。

今回は【生理学】についての記事になります!

生理学は人体の機能がどのように働くか、摂取した栄養がどのように体に   作用するかなどパーソナルトレーナーとしてお客様にトレーニング、食事をご案内していくには必要不可欠なものとなっております。

目次
・【代謝について】
・【ATPについて】
・【ホスファゲン機構について】
・【解糖系機構について】
・【酸化系機構について】

・【代謝について】

同化作用...食事やサプリメントなどを体内に吸収すること。
異化作用...自身の筋肉を分解して栄養にしてしまうこと。      この同化作用、異化作用のことを代謝と言います。

・【ATPについて】

ATPとはアデノシン3リン酸の略で、アデニン、リボース、3つのリン酸で 出来ています。そしてATPが分解されるとADP(アデノシン2リン酸)になります。分解されるときに生じるエネルギーを使って筋収縮が行われます。      ただ筋肉の中に貯蔵されているATPの量は限られていて、運動を続けるにはATPの再合成や産生が必要となります。ATPを新たに作るには大きく3つの 方法があり、【ホスファゲン機構】【解糖系機構】【酸化機構】と呼ばれています。これら3つのものにはそれぞれ運動時間や強度によって変わっていきます。筋細胞にATPを貯蔵することもできるが限度があり、継続的に筋活動を行うためにはATPの供給(再合成)が必要になります。

・【ホスファゲン機構について】

ホスファゲン機構は筋肉にわずかな量しか貯蔵できないため、大きな力を 生み出すと筋肉のATPはすぐに枯渇してしまいます。
ホスファゲン機構は、筋肉の中でクレアチンがリン酸と繋がりクレアチンリン酸となり、ADPにリン酸を与えることでATPを再合成します。      ただクレアチンリン酸の量も限られており、ホスファゲン機構の持続時間は0~6秒程度であると言われています。

・【解糖系】

解糖系は筋肉の中にある糖質、糖質は筋肉に届く際グリコ―ゲンとなり  ピルビン酸に分解されます。ピルビン酸はミトコンドリアで代謝されますが、一気に激しい運動をした場合ピルビン酸は、乳酸へと変わります。  この作用を早い解糖と言います。そしてこの時に発生したエネルギーがATPの産生に使われます。                        実は解糖系には【速い解糖】と【遅い解糖系】がございます。             遅い解糖は速い解糖とは違い、ピルビン酸のままミトコンドリアに運ばれます。速い解糖よりはゆっくりなものの多くのATPを産生できます。

・【酸化機構】

酸化機構は、ピルビン酸や脂肪が分解し生成されたアセチルCoAがミトコンドリア内で処理されます。そこで多くのATPが再合成される。
この経路自体がはとても複雑なので、代謝の際に酸素を必要とするため  ホスファゲン機構や解糖系とは違い瞬発的なエネルギー供給には向いていません。                               ただエネルギーの供給量は多いので酸化機構のATP産生によって長時間の運動が可能となります。

少し難しいお話になりましたが、こういったことを生かしていくと      お客様に的確なアドバイスしていけるかなと思います。

次回は生理学について『VOL.2』お話しします。

パーソナルトレーナーを目指して勉強中の馬場直規でした。

次回の記事もよろしくお願いします。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の馬場直規でした。

次回の記事もよろしくお願いします。

馬場直規,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:馬場直規

関連記事

パーソナルトレーナーの基礎知識!  生理学VOL.1 (パーソナルトレーナー 資格 馬場直規)

パーソナルトレーナーの基礎知識!  生理学VOL.1 (パーソナルトレーナー 資格 馬場直規)の画像

パーソナルトレーナーの基礎知識!  生理学VOL.2

こんにちは!
パーソナルトレーナーを目指して勉強中の馬場直規です。

前回の生理学は人間の体がどのような経路でエネルギーが使われていくのかお話させていただいたので、今回は【ホルモン】のお話をさせていただきます。                                最近メディアの取り上げや有名なモデルさんなど多くの方が取り組まれている【ケトジェニック(糖質制限ダイエット)】こちらのダイエットは普段人間がエネルギー源にしている糖質を脂質に変えてダイエットをしていく方法です。この方法でダイエットをしていくには普段のエネルギー源である糖質を枯渇させ、サブ燃料である脂質をエネルギー源にするケトーシスという状態にしなければなりません。                      ケトーシスにするには糖質を制限し脂質を大量に摂取することが必要になります。

記事で説明いたしますが、ケトジェニック中は糖質をほとんど摂取しないので筋肉が分解されやすくなります。
それをできるだけ防ぐために生理学を学び、対策方法を知っておくことが   大切になります。

近年流行しているボディーメイクコンテストについて (パーソナルトレーナー 資格 馬場直規)

近年流行しているボディーメイクコンテストについて  (パーソナルトレーナー 資格 馬場直規)の画像

近年流行しているボディーメイクコンテストについて

ユーチューバーやインスタグラムの影響などもあり、近年流行している    ボディメイクコンテストですが、歴史は古く世界でもっとも有名な      『オリンピア』という大会は1965年から始まっております。         現在日本ではどのような大会があり、自分が出るならどの大会に出てみたいか調べてみました。

パーソナルトレーナーの資格NSCAの受験方法、合格率、勉強方法について (パーソナルトレーナー 資格 馬場直規)

 パーソナルトレーナーの資格NSCAの受験方法、合格率、勉強方法について (パーソナルトレーナー 資格 馬場直規)の画像

パーソナルトレーナーの資格NSCAの受験方法、合格率、勉強方法について

こんにちは!
パーソナルトレーナーの馬場直規です。

前回お話させていただいた【NSCA-CPT】今回はこの資格の取得について となります。