パーソナルトレーナーの資格に必要なATPやエネルギー機構について(パーソナルトレーナー 資格 三瓶巧)

こんにちは。トレーナーの三瓶です。今回のテーマは「生理学」です。まず生理学とは何かを知っておきましょう。 生理学(Physiology)とは…「人体を構成する各要素(組織、器官、細胞など)がどのような活動を行っているかを解き明かす学問」です。身体の各要素がどのような機能を持つかという基本を抑えたうえで、その機序への理解を深めていくことでトレーニングも効率化できます。知識を身に着けることでお客様のボディメイクやダイエットにも適切なアプローチが可能となりますので、パーソナルトレーナーは必ず知っておく必要があります。それでは参りましょう!


facebookInstagram

パーソナルトレーナーに必要な『生理学』の知識【VOL.1】

こんにちは。
トレーナーの三瓶です。

今回のテーマは「生理学」です。

まず生理学とは何かを知っておきましょう。
生理学(Physiology)とは…
「人体を構成する各要素(組織、器官、細胞など)がどのような活動を行っているかを解き明かす学問」です。

身体の各要素がどのような機能を持つかという基本を抑えたうえで、その機序への理解を深めていくことでトレーニングも効率化できます。

知識を身に着けることでお客様のボディメイクやダイエットにも適切なアプローチが可能となりますので、
パーソナルトレーナーは必ず知っておく必要があります。

それでは参りましょう!

目次

異化と同化

画像4

異化作用とは…
大きな分子から小さな分子への分解の過程でエネルギーが放出される過程
(例:炭水化物がグリコーゲンに分解)

同化作用とは…
小さい分子から大きい分子を合成する過程で異化作用で放出されたエネルギーを使用
(例:アミノ酸からタンパク質の合成)

人間の身体は同化作用と異化作用のバランスによって一定に保たれている。
→これを代謝と呼ぶ
(体内でのすべての同化・異化作用が含まれる)

異化作用で得られたエネルギーは中間分子である
アデノシン三リン酸(ATP)
を介して同化作用で使われます。

十分なATPの供給なしには、筋活動と筋の成長はあり得ません!
そのため、パーソナルトレーナーは運動がどのようにしてATPの利用と再合成に影響を及ぼすかについて基本的に理解しておく必要があるのです。

ATP(アデノシン三リン酸)とは

59198302-atp-の化学式を描画ペンを持つ手

ATPとは前述したとおり、
異化作用によって三大栄養素から作り出されたエネルギー体のこと。

ATPは体内の様々な反応のためのエネルギーとなります。
しかし筋細胞には限られた量のATPしか蓄えられないため、筋活動を継続的に行うためには
常にATPの供給(再合成)が必要となります。

このATPを産生する過程は筋細胞内で起こります。

3つのエネルギー供給機構

再生可能エネルギーとは何かを簡単に解説!日本と世界の導入状況も

人間にはATPを再合成するために3つのエネルギー供給機構が存在します。

①ホスファゲン機構
(無酸素性機構、酸素を必要としない→ATPとクレアチンリン酸を使用)
②解糖系機構
(速い解糖と遅い解糖がありどちらも無酸素性機構→炭水化物<糖>を使用)
③酸化機構
(有酸素性機構→炭水化物<糖>、脂質、タンパク質を使用)

上記の通り、炭水化物だけが酸素なしで直接的にエネルギー産生のために代謝されます。

使用されるエネルギー機構の決定は
【運動強度】→【継続時間】
の順に決まります。

1.ホスファゲン機構

短時間・高強度の身体活動のためのATPの主要な供給源ですが、
強度に関わらずすべての運動の開始時に動員される機構でもあります。

再合成に重要な働きを持つ物質がCP(クレアチンリン酸)です。

順序は…
①ATPがエネルギーとして使われた後、ADP(アデノシン二リン酸)に変化
②ADP+CP(ADPとPがくっつく)
③ATP+クレアチン(P)

画像1

前述した短時間・高強度の身体活動とは…

運動強度:非常にきつい(ジャンプやスプリント、ウエイトリフティング)
継続時間:0~6秒

2.解糖系機構

解糖系は、筋に蓄えられたグリコーゲンあるいは血中に運ばれたグルコースといった炭水化物を分解し、ATPを産生します。

解糖系の過程には、速い解糖遅い解糖の2つが存在します。

速い解糖は無酸素的解糖と呼ばれ、遅い解糖はピルビン酸の最終的な利用方法から有酸素的解糖と呼ばれます。
しかし、解糖系はそれ自体は酸素を必要としないためこれらの名称はこの一連の過程を正確には表していません。

画像2

①速い解糖
最終酸性物質であるピルビン酸は乳酸へと変換され、遅い解糖より速くエネルギー(ATP)を供給します。
筋トレ(レジスタンストレーニング)のように速いエネルギー供給が要求される場合、速い解糖が主として働きます。

②遅い解糖
ピルビン酸はミトコンドリアに運ばれ、酸化機構の下でエネルギー源となります。
軽い強度(エアロビックダンスなど)の開始時などのようにエネルギー要求がそれほど高くなく、かつ細胞内の酸素量が十分である場合には、遅い解糖が使われます。

具体的な運動強度と継続時間は…

①速い解糖
運動強度:かなりきつい・きつい
継続時間:6~30秒・30秒~2分

②遅い解糖
運動強度:普通
継続時間:2~3分

3.酸化機構

酸化機構は安静時と有酸素運動中の主要なATP供給の源であり、
炭水化物→脂質→タンパク質 の順で利用されます。

長距離走やトレッドミル歩行、水中エアロビクス、ヨガなどを行っている場合は主に酸化機構からのエネルギー供給に依存しています。

タンパク質は通常は顕著に代謝されませんが、長期の飢餓90分を超えるような長時間の運動では代謝されます。

*安静時には、産生されるATPの約70%が脂質から、30%が炭水化物から供給されます。

運動の開始に伴い、運動強度が上がるにつれて多く使われる基質は脂質から炭水化物へと移行します。
高強度の有酸素性運動の間、十分に供給が追い付くのならば、ほとんど100%のエネルギーが炭水化物から供給されます。

運動強度:普通・軽い
継続時間:2~3分・3分以上

まとめ

画像6

・ATPの再合成には【ホスファゲン機構】【解糖系機構】【酸化機構】の3つが存在
・使用されるエネルギー機構の決定は【運動強度】【継続時間】

以上!!

今回の内容がパーソナルトレーナーにとって必要な生理学の予備知識です。
系統的に学ぶために、専門のスクールで学ぶことは大切だと思いました。

次回は・・・・・・
生理学VOL.2です。
糖新生と運動強度、そして知っておくべきホルモンについてまとめます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
次回の記事もよろしくお願い致します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
疑問に思ったことや聞きたいこと、少しでも気になったことがあればコメント頂ければお答えします。
私のInstagramアカウント「peipeiman_」→こちらをクリック
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の三瓶巧でした。

次回の記事もよろしくお願いします。

三瓶巧,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:三瓶巧

関連記事

トレーナー資格NSCA‐CPTの試験内容は?難易度は?合格率は? (パーソナルトレーナー 資格 三瓶巧)

トレーナー資格NSCA‐CPTの試験内容は?難易度は?合格率は? (パーソナルトレーナー 資格 三瓶巧)の画像

トレーナー資格NSCA‐CPTの試験内容は?難易度は?合格率は?

こんにちは!
前回の記事で、パーソナルトレーナーの資格【NSCA-CPT】取得にかかる費用や、出願~受験までの流れはお分かりいただけたと思います。

出願するまではわかったけど、
「どんな試験内容か知りたい。どんな対策をすれば良いのか分からない。試験は簡単なのか、難しいのか知りたい。合格率はどのくらいか知りたい。…」
などと不安や疑問が多く出てくると思います。

今回はそんな疑問を解決していければと思っています!
それでは見ていきましょう!

【必見】トレーナーの資格NSCA-CPTの出願~受験までの流れ、費用が高い⁉(パーソナルトレーナー 資格 三瓶巧)

【必見】トレーナーの資格NSCA-CPTの出願~受験までの流れ、費用が高い⁉(パーソナルトレーナー 資格 三瓶巧)の画像

【必見】トレーナーの資格NSCA-CPTの出願~受験までの流れ、費用が高い⁉

こんにちは!
前回の記事で、パーソナルトレーナーの資格の必要性やどういった資格を取ればよいかはお分かりいただけたと思います。 「ただ…資格が必要だってことは分かったけど、出願方法とかどう...

【永久保存版】パーソナルトレーナーに必要な資格とは?NSCA-CPT(パーソナルトレーナー 資格 三瓶巧)

【永久保存版】パーソナルトレーナーに必要な資格とは?NSCA-CPT(パーソナルトレーナー 資格 三瓶巧)の画像

【永久保存版】パーソナルトレーナーに必要な資格とは?NSCA-CPT

初めまして!今回が初投稿です。
自己紹介します。
三瓶 巧(さんぺい たくみ)と申します。
今年の3月末まで都内の大学病院で作業療法士(国家資格)として働いていました。
今はパーソナルトレーナーとして活動しています。

近年、フィットネスがブームでトレーナーになりたいという方が増えてきている印象です。
そんな中でよく疑問に挙がるのが、
「トレーナーになりたいけど、資格とかって必要なのかな?、トレーナーって資格が無くてもなれるよね?」です。

その通りです。
パーソナルトレーナーになるには資格は必要ありません!
ただ、私は資格は必要なものだと思っています。

なぜって?お客様にご案内するのは「運動と食事」ですが、
正しい知識を持っていることを証明できるトレーナーと、そうでないトレーナー。
お客様がお金や時間など、投資したいとより思うのは前者がほとんどだと思います。
資格を持っている。それだけでお客様からの信頼は得られやすいと思います。

そして今回はこの資格を取っておけば間違いない!
日本で最も認知度が高く、信頼性も高い
【NSCA-CPT】
という資格をご紹介していきます。