パーソナルトレーナーのスクールで取得できる資格NSCA-CSCSとは

パーソナルトレーナーを目指す際、「資格」がキーワードになっています。最近増加傾向にあるパーソナルトレーナー養成スクールでも資格取得を強みにしているスクールも存在します。今回は数ある資格の1つ「NSCA-CPT」についてまとめました。


facebookInstagram

パーソナルトレーナーに必要な資格?NSCAとは

パーソナルトレーナーを目指す際、「資格」がキーワードになっています。
最近増加傾向にあるパーソナルトレーナー養成スクールでも資格取得を強みにしているスクールも存在します。
今回は数ある資格の1つ「NSCA-CPT」についてまとめました。

・NSCAという団体について
【米国NSCA本部】

National Strength and Conditioning Association (NSCA)は、※ストレングストレーニングとコンディショニングに関する国際的な教育団体として1978年に設立されました。
現在では世界76の国と地域において会員が活動しており、この膨大な会員のネットワークをもとに、ストレングストレーニングとコンディショニングの実践と研究から得られた最先端の情報を、論文集、ジャーナル、ウェブサイト等を通じて世界中に配信し続けています。

【NSCAジャパン】

米国コロラド州コロラドスプリングスに本部をもつNSCA(National Strength and Conditioning Association)の日本支部です。
1991年に設立され、日本におけるストレングストレーニングとコンディショニングの指導者の育成や継続教育、研究に裏付けられた知識の普及を通じて、一般の人々に対する健康の維持・増進から、アスリートに対する傷害予防とパフォーマンスの向上などに貢献するために活動しています。

・NSCA-CPTとNSCA-CSCSの違いについて

【NSCA-CPT】

(NSCA Certified Personal Trainer)

健康と体力のあらゆるニーズに応える、パーソナルトレーナーの資格です。

健康と体力のニーズに関して、評価・動機づけ・教育・トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う、優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。

トレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要となります。

【指導対象者】
アスリート、年齢・性別・経験を問わず幅広い層。

【主な資格取得者】
パーソナルトレーナー、フィットネスインストラクター、スポーツ指導者、理学療法士、柔道整復師など

【NSCA-CSCS】

(Certified Strength and Conditioning Specialist)
スポーツパフォーマンス向上を目的とした、アスリートやチーム向けの資格です。
傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした、安全で効果的なトレーニン
グプログラムを計画・実行する知識と技能を有する人材を認定する資格です。
筋力トレーニングや他の体力要素の指導だけでなく、施設を運営、管理することも重要な職務となります。
また、栄養、ドーピング、生活習慣に関する指導など、教育者的側面も併せ持っています。
【指導対象】アスリート、スポーツチーム。
【主な取得者】
ストレングスコーチ、アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー、医師、フィットネスインストラクター、研究者など。

まとめると、

NSCA-CPTは一般の人を指導する人向きの資格(パーソナルトレーナー向き!)

NSCA-CSCSはプロアスリートを指導する人向きの資格

ということになります!

** **

・資格取得条件について

【NSCA-CPT】

1. NSCAジャパン会員である(年会費あり)

2. 満18歳以上

3. 高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)合格者

4. 有効なCPR/AEDの認定者(*)

5. NSCA-CPT認定試験に合格

** **

【NSCA-CSCS】

1. NSCAジャパン会員である(年会費あり)

2. 学位(学士・修士・博士)取得者、または高度専門士の称号の保持者

3. 有効なCPR/AEDの認定者(*)

4. CSCS認定試験 基礎科学セクションに合格

5. CSCS認定試験 実践/応用セクションに合格

(*)資格認定に有効なCPR/AEDの認定には条件があります。(下記2点)

①講習会の中に実技評価が含まれていること(オンラインのみのコースは不可)
②病者の対象が成人であること
記事の参照:NSCAジャパンホームページ

以上です。

パーソナルトレーナーはNSCA-CPTを取得することで、多くの人に信頼され、仕事に直結している資格となってきます。
反対にNSCA-CSCSはプロスポーツの方向けなので、方向性が似ているようで異なる資格となっていますね。

参考になれば嬉しいです!

金山周平,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:金山周平

関連記事

【生理学】パーソナルトレーナーに必要不可欠?生理学について_VOL.1

【生理学】パーソナルトレーナーに必要不可欠?生理学について_VOL.1の画像

【生理学】パーソナルトレーナーに必要不可欠?生理学について_VOL.1

こんにちは!
今回のテーマは生理学です。
学んだことをアウトプットし、この記事が役に立てれば幸いです!

さて、さっそくですが、生理学についてお話します!
パーソナルトレーナーに生理学は必須であると私は考えます!

生理学を学ぶ事により、
①人体の各部がどのように働き、どのような仕組みで人間が動いてるのかを知ることができる。
②呼吸器系や循環器系の仕組み、代謝のメカニズムや内分泌系の働きなど、さまざまな生理現象を理解できる

以上2点のメリットがあります。
上記2点をおさえないと、正しいダイエット指導、ボディメイクは案内できないと、考えられます!
今回はボディメイクやダイエットに役立つ生理学の知識をご紹介いたします。

【大会】ボディーメイク大会、コンテストの種類について

【大会】ボディーメイク大会、コンテストの種類についての画像

【大会】ボディーメイク大会、コンテストの種類について

こんにちは!
ボディーメイク大会が年数が経つにつれて流行っています!
YouTubeやInstagramなどSNSの普及によってフィットネスが身近に感じるようになったのも影響していますね。
フィットネスの知識を身近に獲得できる時代になったため、パーソナルトレーナーの立場としては、それなりの身体でなければ説得力が弱くなってしまう=自分自身の仕事に影響が出てしまう可能性があります!パーソナルトレーナーも大会に出場することで、大会出場者の気持ちを理解すること、共感することにつながります。
たしかに、減量中の必死な状況を理解してくれる人がいるだけでも助かりますよね!笑
私も将来はフィットネス系の大会に出てみたいと考えています。
前置きが長くなりましたが、私が興味ある大会について以下よりまとめました。

パーソナルトレーナーが目指す資格、NSCAの受験方法や合格率は??

パーソナルトレーナーが目指す資格、NSCAの受験方法や合格率は??の画像

パーソナルトレーナーが目指す資格、NSCAの受験方法や合格率は??

こんにちは!
前回はNSCAの団体のことや、2つの資格の違いについて紹介しました。今回は NSCAの 資格試験が具体的にどういうものか、受験費用、受験方法、試験内容などを以下にまとめています。