パーソナルトレーナーの資格、NSCA取得にも必要なエネルギーについて(パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)

パーソナルトレーナーのさやえんどう(遠藤亮子)です。驚いて飛び跳ねた時、のんびりお散歩している時…当たり前に動く身体に必要なエネルギーは一体どうやって供給されているのでしょうか。私たちの身体はとても高性能でエネルギーを生み出すシステムを持っています。パーソナルトレーナーなら知っておくべきそのシステムについて今回は考えてみたいと思います。


facebookInstagram

パーソナルトレーナーが考える生理学vol.1

パーソナルトレーナーのさやえんどう(遠藤亮子)です。
驚いて飛び跳ねた時、のんびりお散歩している時…当たり前に動く身体に必要なエネルギーは一体どうやって供給されているのでしょうか。
私たちの身体はとても高性能でエネルギーを生み出すシステムを持っています。パーソナルトレーナーなら知っておくべきそのシステムについて今回は考えてみたいと思います。

異化・同化

私たちが口に運んだ食べ物は、体の中で二つのルートを辿ります。

①異化:栄養はエネルギーへ
②同化:栄養は身体形成へ

以下の三大栄養素もそれぞれに低分化して、異化と同化を繰り返します。
・炭水化物→単糖へ
・たんぱく質→アミノ酸へ
・脂質→脂肪酸へ

ATPとは

ATPとは Adenosine triphosphate アデノシン三リン酸のこと。
ATPは体を動かすエネルギーそのもの。生きるために私たちはATPを必要としています。栄養を取り込んでも体内ではそのままエネルギーとして使えないため「生体のエネルギー通貨」と言われるATPに作り替えていきます。

画像1

アデノシン三リン酸(ATP)のリン酸(P)が外れる時に放出されるエネルギーで身体を動かしているんですね。リン酸(P)が1個外れるとアデノシン二リン酸(ADP)となりお役目ご免かと思いきや、クレアチンリン酸からリン酸(P)を分けてもらってアデノシン三リン酸へ再合成されるという優秀リサイクルシステム。

①ATPはどうやって作られる? ホスファゲン機構

筋肉の中にはATPが貯蔵されています。強い強度で体を動かす(非常にきつい強度)とき、このエネルギーが最速で供給されます。しかし貯蔵できる量に限りがあるために5秒程度でエネルギーは枯渇してしまいます。

②ATPはどうやって作られる?解糖系機構

枯渇したエネルギーを急いで供給しないといけません。かなりハードに体を動かしている状態の時にエネルギーを供給してくれるのが解糖系。糖を分解して2個のATPを作り出します。しかしこれも6秒~30秒で限界を迎えます。

③ATPはどうやって作られる? 酸化系機構

ミトコンドリア内で三大栄養素と酸素をもとにATPを作り出しますが、生産速度はゆっくり。その代わり生産量は最大級。3分以上の軽い運動や安静時にはここからエネルギーが供給されます。

このように、運動強度と継続時間によって供給場所を変えてエネルギーが枯渇しないよう身体を守ってくれているんですね。
筋肉量の増加で貯蔵できるエネルギー量も増えるので、より疲れにくい身体を作ることができます。

トレーニングで強い身体を作っていきましょう!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の遠藤亮子でした。
次回の記事もよろしくお願いします。

遠藤亮子,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:遠藤亮子

関連記事

栄養学なしにパーソナルトレーナーと名乗ってはいけない vol.1 (パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)

栄養学なしにパーソナルトレーナーと名乗ってはいけない vol.1 (パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)の画像

栄養学なしにパーソナルトレーナーと名乗ってはいけない vol.1

パーソナルトレーナーの遠藤亮子です。
栄養学、その昔習った記憶はあれど内容はほとんど記憶の彼方・・・という方も多いと思います。「体に良いもの=野菜」というイメージで野菜ばかり食べているという話もちらほら。バランスの良い栄養が体にどんな影響を与えるのか、ボディメイクに携わるパーソナルトレーナーなら当然知っておくべきこと。一生健やかに生きていくために必要な栄養について一緒に考えていきましょう。

パーソナルトレーナーが考える生理学vol.2 (パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)

パーソナルトレーナーが考える生理学vol.2 (パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)の画像

パーソナルトレーナーが考える生理学vol.2

パーソナルトレーナーのさやえんどう(遠藤亮子)です。
前回は人間が身体を動かすためのエネルギーがどのように作られるかについて解説しました。
口から取り入れたものが私たちの身体を作りエネルギーになるのなら、バランス良く栄養を取り入れていきたいところ。生理学の中でも今回はホルモンの知識を身に付けて、効率的な栄養摂取 ―ケトジェニック(糖質制限)— を実践するのに役立てていきましょう。

トレーニングの先には?ボディメイクの大会と種類 (パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)

トレーニングの先には?ボディメイクの大会と種類 (パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)の画像

トレーニングの先には?ボディメイクの大会と種類

パーソナルトレーナーのさやえんどう(遠藤亮子)です。
この世界に入るまで、ボディビルの大会といえば独特の掛け声が有名な男性だけの世界というイメージがありました。ですがここ数年で種類もかなり増え、大会に優勝した女性がフィットネスモデルとして活躍し人気を博すなど人気が高まっってきています。
大会に参加する事で経験値を更に高め今後のクライアントのニーズへ応えられるようパーソナルトレーナーとしても参加する意義は大いにありそうな各種大会について今回解説していきたいと思います。