パーソナルトレーナーの資格、NSCAにスクールは必要か(パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)

はじめまして。パーソナルトレーナーのさやえんどう(遠藤亮子)です。この記事にたどり着いたあなたはきっとパーソナルトレーニングについてその中でもNSCAという資格についてご興味がおありなのだと思います。NSCAは「National Strength and Conditioning Association」の略で1978年に設立され、米国コロラド州コロラドスプリングスに本部を持ち一般の方々の健康維持・増進からアスリートの方々の傷病予防やパフォーマンス向上などの貢献のために活動する団体です。画像1そしてこちらの団体から取得可能なトレーナーの資格は以下の2種類です。・NSCA-CPT「Certified Parsonal Trainer」・CSCS「Certified Strength & Conditioning Specialist」※出願にあたりいずれも以下2点の条件を満たす必要があります。①NSCAジャパン会員に入会する②CPR/AEDの講習会への参加


facebookInstagram

NSCA-CPTとNSCA-CSCSの違いとは?

はじめまして。パーソナルトレーナーのさやえんどう(遠藤亮子)です。
この記事にたどり着いたあなたはきっとパーソナルトレーニングについて
その中でもNSCAという資格についてご興味がおありなのだと思います。

NSCAは「National Strength and Conditioning Association」の略で
1978年に設立され、米国コロラド州コロラドスプリングスに本部を持ち
一般の方々の健康維持・増進からアスリートの方々の傷病予防やパフォーマンス向上などの貢献のために活動する団体です。

画像1

そしてこちらの団体から取得可能なトレーナーの資格は以下の2種類です。

NSCA-CPTCertified Parsonal Trainer」
CSCSCertified Strength & Conditioning Specialist」

※出願にあたりいずれも以下2点の条件を満たす必要があります。
①NSCAジャパン会員に入会する
②CPR/AEDの講習会への参加

NSCA-CPT(指導対象:一般)

CSCSよりも取得難易度が低く人気がある資格です。基本理念に基づきトレーニング全般の指導を行う専門能力のほか医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要です。パーソナルトレーナーやフィットネスインストラクター・スポーツ指導者・理学療法士、柔道整復師などに取得されています。

<資格認定条件>
①満18歳以上
②高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)合格者

CSCS(指導対象:アスリート・チーム)

CSCSは本部の理念を基に、安全で効果的なトレーニングのプログラムを計画し実行する知識と技能を持ち、さらに施設管理・運営のほか栄養や生活習慣に至るまで多岐に渡る知識を有する人に与えられる資格です。CPTより厳しい資格認定条件は以下の通りです。パーソナルトレーナーやフィットネスインストラクターに加えて医師・研究者などにも取得されています。

<資格認定条件>
①4年制の大学を卒業しているか卒業見込みがある
②独立行政法人大学改革支援・学位授与機構、もしくは海外の大学で学位を与えられていること
③専門学校で4年間の教育課程を受けた高度専門士である

NSCA-CPTよりも認定条件が厳しい分CSCSの方が上位資格と言えるでしょう。
ただしその違いは一般の方々に認知されているかというと、そうとも言えません。いずれの資格もパーソナルトレーナーと名乗るには有意なのではないでしょうか。

NSCA-CPTの資格を取得することは、専門の知識が身に付く事はもちろん
未来の顧客への安全で適切なトレーニング指導、プログラム作りに大いに役立ちます。
パーソナルトレーナーを目指す方にはNSCA-CPT認定資格取得をおススメします!

次回はNSCA-CPTについて更に掘り下げていきます。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の遠藤亮子でした。
次回の記事もよろしくお願いします。

遠藤亮子,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:遠藤亮子

関連記事

栄養学なしにパーソナルトレーナーと名乗ってはいけない vol.1 (パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)

栄養学なしにパーソナルトレーナーと名乗ってはいけない vol.1 (パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)の画像

栄養学なしにパーソナルトレーナーと名乗ってはいけない vol.1

パーソナルトレーナーの遠藤亮子です。
栄養学、その昔習った記憶はあれど内容はほとんど記憶の彼方・・・という方も多いと思います。「体に良いもの=野菜」というイメージで野菜ばかり食べているという話もちらほら。バランスの良い栄養が体にどんな影響を与えるのか、ボディメイクに携わるパーソナルトレーナーなら当然知っておくべきこと。一生健やかに生きていくために必要な栄養について一緒に考えていきましょう。

パーソナルトレーナーが考える生理学vol.2 (パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)

パーソナルトレーナーが考える生理学vol.2 (パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)の画像

パーソナルトレーナーが考える生理学vol.2

パーソナルトレーナーのさやえんどう(遠藤亮子)です。
前回は人間が身体を動かすためのエネルギーがどのように作られるかについて解説しました。
口から取り入れたものが私たちの身体を作りエネルギーになるのなら、バランス良く栄養を取り入れていきたいところ。生理学の中でも今回はホルモンの知識を身に付けて、効率的な栄養摂取 ―ケトジェニック(糖質制限)— を実践するのに役立てていきましょう。

パーソナルトレーナーが考える生理学vol.1 (パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)

パーソナルトレーナーが考える生理学vol.1 (パーソナルトレーナー 資格 遠藤亮子)の画像

パーソナルトレーナーが考える生理学vol.1

パーソナルトレーナーのさやえんどう(遠藤亮子)です。
驚いて飛び跳ねた時、のんびりお散歩している時…当たり前に動く身体に必要なエネルギーは一体どうやって供給されているのでしょうか。
私たちの身体はとても高性能でエネルギーを生み出すシステムを持っています。パーソナルトレーナーなら知っておくべきそのシステムについて今回は考えてみたいと思います。