パーソナルトレーナー に必要なエネルギー機構やATP、運動の仕組みについて(パーソナルトレーナー 資格 森田あかね)

自粛してから太ったなぁ、、そもそも、食べたものって体でどうなるんだろう?どうエネルギーになるんだろう?そもそもなんで体は動くんだ?知りたいけど生理学って難しそう…大丈夫です!めんどくさがり屋のあなたのためにめんどくさがり屋の私がわかりやすく解説します☺︎一緒に少し学んでみましょう!


facebookInstagram

【食べたものはどうエネルギーになる? 代謝をわかりやすく説明!〜生理学Vol.1〜】

自粛してから太ったなぁ、、

そもそも、食べたものって体でどうなるんだろう?
どうエネルギーになるんだろう?
そもそもなんで体は動くんだ?

知りたいけど
生理学って難しそう…

大丈夫です!

めんどくさがり屋のあなたのために
めんどくさがり屋の私が
わかりやすく解説します☺︎

一緒に少し学んでみましょう!

===
【目次】
①そもそもエネルギーってどう生まれる?
②「ATP」って何?

③エネルギーの作られ方⑴ホスファゲン機構
④エネルギーの作られ方⑵解糖系機構
⑤エネルギーの作られ方⑶酸化系機構

===

【①そもそもエネルギーってどう生まれる?】

私たちは食べていますね!三大栄養素。

・炭水化物
・脂質
・タンパク質

これらは
口に入り→
胃を通り→
小腸で吸収され→
その際の「代謝」によってエネルギーができます!→
そして、そのエネルギーで体は動きます!!!

では、「代謝」とは?
異化作用…大きい分子を小さい分子にバラバラにすること

同化作用…小さい分子を大きい分子にまとめること
この2つをまとめて「代謝」と呼びます。

わかりやすく
おにぎりを例にしましょう!
のりがエネルギーだと思って下さい。

バラバラのお米(小さな分子)をまとめておにぎり(大きな分子)にするにはのり(エネルギー)が必要ですね。
=同化作用

まとまったおにぎり(大きな分子)をバラバラのお米(小さな分子)にしたらのり(エネルギー)はいらないので出されます。
=異化作用

この異化作用で
出されたエネルギーを利用して、
私たちは動いているのです!!!!

そのエネルギー体を
「ATP」といいます。

【②ATPって、何?】

(ん?
「ATP」?難しいそうだな?)

大丈夫です!下の図をみてみましょう!

この図の細かいところは置いておいて、

「ATP」の正式名称は「アデノシン三リン酸」といいます。

(「ATP」のTはトリプルのこと。=リン酸(P)が3つある)

とにかく、
私たちは常にエネルギーが必要です!

異化したエネルギーは
使い切ったり使いきれなかったりします。

必要なときに使いやすいように、

いつでも使えるように
「ATP」にエネルギーを蓄えておくんですね!

そして必要なときに「ATP」は使われて、
「リン酸(P)」が1個切られて
✂️

「ADP」になります。
(「ADP」のDはダブルのこと。=リン酸(P)が2つ)

この切れた際に
結合に蓄えられていたエネルギーが
放出される、ということです!

このように、エネルギーは
「ATP」によりやりとりされているのです!!

ここまでご理解いただけましたか?

さて。
「ATP」は体を動かすために
主に筋肉で使われます。

でも筋細胞にATPを貯蔵するには限界があります…

ずっとずっと筋活動を行うために

ATPが使われ、ADPになったら…

また ATPをつくる!!!

という 「ATPを再合成する仕組み」

が人間の体にはあります✨

それが上記3つです。

この3つは常にどれも使われていますが、
①運動強度と②運動時間により
主に使われる仕組みが決まります。

(3つもあるのか!
と思われるかと思いますが、1つ1つ説明しましょう!)

【③エネルギーの作られ方⑴ホスファゲン機構】

CPを使ってATPを再合成する仕組みです。

CPとは、肝臓に蓄えられている
「クレアチンリン酸」のこと。

ATPが異化されて、リン酸(P)が1個少なくなった
ADPに、CPのリン酸(P)を1個分けてくれるのです!

そうしたらまた**ATPができる**
ということです!

〈ホスファゲン機構が主に使われる運動強度〉
●0〜6秒しか続けられないくらいの
●非常にキツイ運動強度

【④エネルギーの作られ方⑵解糖系機構】

を使ってATPを再合成する仕組みです。

炭水化物(糖質+食物繊維)は

グルコースという名に変わり
血中を流れます

どんどん分解(異化)される経過で
** ATPができます!**

最終的にはピルビン酸になります

このピルビン酸になった後が分かれ道!
運動強度により
2つルートが分かれます。

1つ目
〈解糖系機構が主に使われる運動強度〉
●30秒〜2分しか続けられないくらいの
●キツイ運動強度
=無酸素的分解

最終的にピルビン酸は乳酸になり、血中へ

2つ目
〈酸化機構が主に使われる運動強度〉
●3分以上続けられるくらい
●軽い運動強度
=有酸素的分解

ピルビン酸は酸素が足りれば、、
ミトコンドリア内に入れる!

この酸化機構を更に詳しく説明しましょう!

【⑤エネルギーの作られ方⑶酸化系機構】

上記で分かれた
2つのルートのうちの1つ。
酸素を使ってATPを再合成する仕組みです。

ピルビン酸は十分な酸素があれば、
ミトコンドリア(筋肉や細胞内にある)の
中にスッと入れます!

そして輸送されて

アセチルCoAになり

TCA回路に入ります

この回路の中でぐるぐる代謝されていく中で
**ATPができます!**

●ダイエットしたい方へ●

酸化機構、なんとなくご理解いただけたでしょうか?

つまり食べたものを消費したい!と思ったら

ミトコンドリアがたくさんあれば、
食べたものがエネルギーに変わる!

ミトコンドリアを増やすには
筋肉を増やせばよい!


トレーニングしましょう!♪

ということですね◎

しかも、上記の図からみてわかるように
この酸化機構、
脂質もエネルギー源にして
TCA回路で
ATPをつくってくれるんです!!👏👏

つまり酸化機構は
脂肪燃焼する!


酸素が十分にある
有酸素運動はダイエットに良い!

ということですね◎

さて。
生理学、難しいところもありましたが、
どうやって食べたものが体でエネルギーになるか、少しでも知ることができたでしょうか?

次回も生理学のお話です。
お楽しみに☺︎

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の森田あかねでした。
次回の記事もよろしくお願いします。

森田あかね,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:森田あかね

関連記事

「ボディメイクにはホルモンが鍵!? 〜めんどくさいなりに学ぼう!〜生理学vo.3〜 (パーソナルトレーナー 資格 森田あかね)

「ボディメイクにはホルモンが鍵!? 〜めんどくさいなりに学ぼう!〜生理学vo.3〜 (パーソナルトレーナー 資格 森田あかね)の画像

「ボディメイクにはホルモンが鍵!? 〜めんどくさいなりに学ぼう!〜生理学vo.3〜

そもそもホルモンて、
よく使う言葉だけど、、
つまり何?

痩せたり理想の体になるために
必要なら、知っておきたいですよね!

今回は
様々なホルモンをわかりやすくまとめてみました!

めんどくさいけど、自分の体で起きていること!少し学んでみましょう。

【糖質を抜くとどうなる? めんどくさいなりに学ぼう!〜生理学vo.2〜】 (パーソナルトレーナー 資格 森田あかね)

【糖質を抜くとどうなる? めんどくさいなりに学ぼう!〜生理学vo.2〜】 (パーソナルトレーナー 資格 森田あかね)の画像

【糖質を抜くとどうなる? めんどくさいなりに学ぼう!〜生理学vo.2〜】

前回の記事で、この↓図を説明しました。

これは、糖質があったからこそ
エネルギーが作られた流れでした。

では、糖質をぬくとどうなるのでしょう???

糖質を制限し、
代わりに脂質をとる【ケトジェニック】
と言われる食事方法。

「よく聞くし、流行ってるけど…
体の中でどうなってるの?」
そんな方に向けて

そのメカニズムを生理学的に
わかりやすく説明します!

【ボディコンテストに出る人の心理から学ぶ! 運動を続けるヒント】

【ボディコンテストに出る人の心理から学ぶ! 運動を続けるヒント】の画像

【ボディコンテストに出る人の心理から学ぶ! 運動を続けるヒント】

ボディコンテストで優勝!
出場経験あります!ムキムキです!
厳しいトレーニングに食事制限。
そのために時間やお金も費やし、
1番の優先順位が、「ジムに行くこと」…


すごいなぁ。

と思う反面、
そんなに鍛えなくても十分だよ…😅

そんなこと思いませんか?

パーソナルトレーナーを目指すわたし自身、
大会にでるようなムキムキなカラダではないです。😅

でも、だからこそ…

筋トレはツライものでしょ。
継続ができない、、。
そんなあなた!

少し気になりませんか?

●どうして
ツライ筋トレ、食事を乗り越えられるのか?
●なぜそこまでして鍛えることが「続けられる」のか?

きっと大会に出るムキムキの人の生態には

(そんなムキムキを目指さない私たちでも)

運動を続けるためのヒントが隠されているかもしれない!!!!

そこで今回は
ボディコンテストや大会にでる方の生態
を調べてみました!

最後まで読むと、
あなたも
少し…筋トレしたくなるはずです。😇