パーソナルトレーナーがボディメイクに使うエネルギー機構について(ATPを中心に)

みなさん、こんにちは!今回は、生理学について書いていきます。生理学を学ぶと、どのくらいの時間と強度でトレーニングすればいいのか、有酸素にはどういったトレーニングがいいのか、エネルギーの使われかた等が理解できるためボディメイクをする上で非常に役立ちます。ですので、生理学というのはパーソナルトレーナーが知っておくべき内容でありボディメイクをしようとしている方も知っていて損がない分野になります。この章では、代謝やATPというエネルギー物質の話について説明していきます。お話しする内容は、以下になります。


facebookInstagram

ボディメイクの効率を上げる〜パーソナルトレーナーの視点(生理学『VOL.1』)


みなさん、こんにちは!

今回は、生理学について書いていきます。

生理学を学ぶと、どのくらいの時間と強度でトレーニングすればいいのか、有酸素にはどういったトレーニングがいいのか、エネルギーの使われかた等が理解できるためボディメイクをする上で非常に役立ちます。

ですので、生理学というのはパーソナルトレーナーが知っておくべき内容でありボディメイクをしようとしている方も知っていて損がない分野になります。

この章では、代謝やATPというエネルギー物質の話について説明していきます。

お話しする内容は、以下になります。

■代謝とは

代謝(たいしゃ)とは、生体内の化学反応のことで、体外から取り入れた物質から他の物質を合成したり、エネルギーを得たりすることをいいます。

代謝は大きく異化(catabolism)と同化(anabolism)の2つに区分されます。

■異化と同化とは

画像2

異化・・・摂取したエネルギーを体内で分解し、その過程でエネルギーを得てATP(アデノシン三リン酸)という物質を合成する

例)人(動物)は食べたもの(有機物)を分解してエネルギーを得る

同化・・・異化したものを原料に体に必要な物質を合成する

例)植物は水、二酸化炭素の無機物を材料にして日光などのエネルギーを利用し有機物を合成する

■ATPについて

ATPとは”アデノシン三リン酸”の略で、A(アデノシン)という物質にT(triphosphate)とリン酸基(p)が結合したものをいいます。

画像2

ATP分解酵素の働きによってATPが水分解すると、ひとつのリン酸基が外れてADP(アデノシン二リン酸)になり、その際にエネルギーを放出します。

このエネルギーを使って筋の収縮が行われます。

筋繊維の中に蓄えられているATPの量はわずかなので、激しい運動では短時間で使い果たしてしまいます。

普段激しい運動していても動けているけど?と疑問に思いますよね。

なぜ動いていられるかというと、体の中でATPの再合成や産生が行われているからなんです!

■ATPの再合成や産生のしくみ

ATPの再合成や産生は3つのエネルギー供給機構に分類され、それぞれ運動強度や継続時間によって使われるエネルギー供給機構が異なります。

① ホスファゲン機構
②解糖系機構
③酸化系機構

(正確には割合が違うだけで常に3つとも使われています)

       ①ホスファゲン機構

画像3

 短時間で高強度の身体活動のための供給機構
・強度にかかわらず全ての運動の開始時に動員される
・無酸素性機構、酸素を必要としない
・ATPを最も早く再合成できるが、作られる量が少ない

ATPとクレアチンリン酸の化学反応でエネルギーを供給

         ②解糖系機構

画像5


大抵のスポーツの主要なエネルギー供給機構

・2つのタイプがあり、早い解糖・遅い解糖に分けられる。

(早い解糖)
6秒〜2分で活動限界をむかえる運動時に使われる
(遅い解糖)
2分〜3分で活動限界をむかえる運動時に使われる

 血中グルコース、筋グリコーゲンをピルビン酸というものに分解し、その過程で発生するエネルギーを利用してADPをATPに再合成。

         ③酸化系機構

画像5


低強度の運動や安静時に使用される供給機構

・有酸素性機構、酸素を必要とする
・ATPを最も多く再合成できるので長時間の運動が可能だが、作られるまでに時間がかかる。

体内のミトコンドリアにおいて、酸素を使ってATPを産生。

■まとめ

いかがでしたでしょうか?

人の身体の中の働きは目に見えないのでイメージがしにくいですよね。

まずは、活動するためのエネルギーはどのようにつくられて活動強度によって使われる供給機構が違うんだ。

ということが分かればいいと思います!

次回は、ホルモンについて書いていきます。

ボディメイクダイエットする上で参考になる話ですので、ぜひご覧ください。

及川雄太,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:及川雄太

関連記事

ボディメイクの効率を上げる〜パーソナルトレーナーの視点(生理学『VOL.2』)

ボディメイクの効率を上げる〜パーソナルトレーナーの視点(生理学『VOL.2』)の画像

ボディメイクの効率を上げる〜パーソナルトレーナーの視点(生理学『VOL.2』)

みなさん、こんにちは。

 前回、生理学の基本的なことを書きましたが、次はボディメイクと生理学の関係について詳しく書いていきたいと思います。


 ダイエットやボディメイクをする際に特に重要なのが”食事・運動・休息”です。

 食事制限ダイエット(ケトジェニック等)が流行っていたりしますが、もしやるにしても生理学の知識をもってやることが大事ではないかと個人的に思います。

目次
■ボディメイクに関わるホルモンについて
■ホルモン①グルカゴン
■ホルモン②インスリン
■ホルモン③成長ホルモン
■ホルモン④女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)
■ホルモン⑤コルチゾール
■ホルモン⑥甲状腺ホルモン
■まとめ

ボディメイクの大会・コンテストをまとめて紹介

ボディメイクの大会・コンテストをまとめて紹介の画像

ボディメイクの大会・コンテストをまとめて紹介

みなさん、こんにちは。

ボディーメイクを競う大会は数多く存在しますが、今回はどのような大会が開催されているのか紹介していきます。

目次
■大会のジャンルの紹介
■どの大会が自分に合っているか?
■ボディメイク系の2大会について比較してみる!
■まとめ

【パーソナルトレーナーがとるべき資格・NSCAとは】 PART1

【パーソナルトレーナーがとるべき資格・NSCAとは】 PART1の画像

【パーソナルトレーナーがとるべき資格・NSCAとは】 PART1

みなさん、こんにちは。yu_fitness_15です。

パーソナルトレーナーになるのに必ずしもNSCAの資格は必要ありませんが、知識がないトレーナーは活躍するのが難しいのが現実です。
そこでNSCAの資格取得に必要な情報を書いていきます。