パーソナルトレーナーの資格、NSCAの受験方法を紹介(パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)

前回は【NSCA‐CPT】の概要や、NSCAという機関について紹介しました。【NSCA‐CPT】がどんな意味を持つ資格かわかっていただけたかと思います。そこで今回は、皆さまが気になっているであろう・受験にかかる費用・受験方法・試験内容・合格率についてお話させていただきたいと思います。


facebookInstagram

パーソナルトレーナーの資格【NSCA‐CPT】の試験の概要を紹介!

前回は【NSCA‐CPT】の概要や、NSCAという機関について紹介しました。

【NSCA‐CPT】がどんな意味を持つ資格かわかっていただけたかと思います。

そこで今回は、皆さまが気になっているであろう

・受験にかかる費用
・受験方法
・試験内容
・合格率

についてお話させていただきたいと思います。

【NSCA‐CPT】の受験にかかる費用

最初に、皆さんが一番気になるところである、費用について説明します。

まず、受験するにはNSCAの会員になる必要があります。その会員費は、

正会員(個人) :13,200円
学生会員    :11,000円
賛助会員(法人):55,000円

となっております。次に受験料は、

46,000円(税込)

となっており、さらにテキストなどで20,000円近くかかります!

高い!!!!!!!!!!!!!!!!

しっかり勉強して1発で合格しましょう!!!

【NSCA‐CPT】の受験方法

次に受験方法です。

まず【NSCA‐CPT】の受験に必要な条件は、前回の記事で紹介しましたように以下の通りになります。

1,NSCAジャパン会員である
2,満18歳以上
3,高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)合格者
4,有効なCPR/AEDの認定者
5,NSCA-CPT認定試験に合格
(NSCAジャパンより引用)
【NSCA‐CPT】の試験内容

受験には以下の手順が必要です。

①出願

会員登録をしたNSCAの公式サイトの「マイページ」から出願します。  その後、受験料を振込み、学歴証明書を郵送して出願完了です。

②テストセンターの予約

出願が完了した後、1~2週間ほどで「試験予約の案内メール」が届きます。その案内に従ってテストセンターを予約します。

③受験

受験当日は、予約した時間の15分前にはテストセンターに到着しましょう。本人確認や注意事項の説明の後、試験が開始されます。

2016年からコンピュータベース試験になり、受験する人が会場や日時を選んで受験ができるようになりました!余裕をもって、希望日の2か月前を目安に出願の手続きをしましょう!

【NSCA‐CPT】の受験内容

試験内容は3時間です。

問題数は全155問であり、映像や画像を見て答える問題が25~35問含まれています。内訳は以下の通りです。

分野	問題配分	問題数
クライアントに対する面談と評価    35問
エクササイズテクニック                      43問
プログラムプランニング        43問
安全性、緊急時の手順、法的諸問題   19問
ノンスコアード問題※         15問

合計                 155問

※採点されない問題。随所にちりばめられている。

コンピュータ上で三択問題を回答していく、という方式です。

一問当たり1分ほどで答える必要がありますので、しっかり勉強して試験に挑みたいですね!

【NSCA‐CPT】の合格率

合格基準は約70%となっており、気になる合格率は...

78.9%

となっております!

比較的に高くなっていますので、敷居があまり高くない資格だと言えます。

最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

資格とは、技術、知識の証明となるものです。

人に教える立場であるパーソナルトレーナーは、持っておくことで言葉に一定の説得力が出ます!

パーソナルトレーナーとして活動する方は視野に入れてみてはいかがでしょうか!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の茅野宏志郎でした。
次回の記事もよろしくお願いします。

茅野宏志郎,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:茅野宏志郎

関連記事

生理学を修めたパーソナルトレーナーは強い!vol.1(パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)

生理学を修めたパーソナルトレーナーは強い!vol.1(パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)の画像

生理学を修めたパーソナルトレーナーは強い!vol.1

皆様は「生理学」という学問をご存知でしょうか。

日本生理学会は次のように述べています。

生きている仕組み、はたらき、理(ことわり)は全て生理なのです。日本生理学会では体の基本的な機能と仕組みを解き明かそうとしています。
(日本生理学会HPより引用)

我々が生きている仕組みを研究する学問が「生理学」です。

人の体の仕組みを理解しているパーソナルトレーナーからの提案は、信用に値すると思いませんか?

筆者は、「生理学」はパーソナルトレーナーに必須な学問だと考えています。

そこで、パーソナルトレーナーに必須な「生理学」の内容について解説していきます!

パーソナルトレーナーに実績は必要?ボディメイクの大会について紹介! (パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)

パーソナルトレーナーに実績は必要?ボディメイクの大会について紹介! (パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)の画像

パーソナルトレーナーに実績は必要?ボディメイクの大会について紹介!

結論から言えば、パーソナルトレーナーとして活動する上で必須ではありません。しかしながら、実績がある人と無い人には大きな違いがあります!

太っている人にダイエットの指導をされても痩せられる気がしないですよね?

筋肉がないガリガリの人に、筋トレの指導をされてもムキムキになれる気がしないですよね?

筋トレやダイエットを教えてもらうなら、ムキムキで痩せている人に教えてもらった方が安心できますよね。大会に出場したことがある人は、筋トレもダイエットも人一倍やっています。

つまり、大会の実績は筋トレやダイエットをやってきた証明になります!

実績があれば、お客様への言葉に大きな説得力が出ます!

ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

そこで、今回はどんな大会があるのかを紹介していきます!!

パーソナルトレーナーのメジャー資格【NSCA-CPT】を紹介! (パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)

パーソナルトレーナーのメジャー資格【NSCA-CPT】を紹介! (パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)の画像

パーソナルトレーナーのメジャー資格【NSCA-CPT】を紹介!

近年、日本はフィットネスブームと言われています。ジムに通う人が増え、健康を強く意識する人が多くなってきました。

より本格的に体を変えるために、トレーナーによるパーソナルトレーニングを受ける方も多くなっています。

つまり、パーソナルトレーナーはクライアントのニーズに応えるための知識が要求されます。
その知識を持っている証明になるものはズバリ、「資格」です。

そこで、今回はパーソナルトレーナーのメジャー資格の一つである【NSCA-CPT】について紹介します!