パーソナルトレーナーの資格、NSCAの紹介と取得方法について (パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)

近年、日本はフィットネスブームと言われています。ジムに通う人が増え、健康を強く意識する人が多くなってきました。より本格的に体を変えるために、トレーナーによるパーソナルトレーニングを受ける方も多くなっています。つまり、パーソナルトレーナーはクライアントのニーズに応えるための知識が要求されます。その知識を持っている証明になるものはズバリ、「資格」です。そこで、今回はパーソナルトレーナーのメジャー資格の一つである【NSCA-CPT】について紹介します!


facebookInstagram

パーソナルトレーナーのメジャー資格【NSCA-CPT】を紹介!

近年、日本はフィットネスブームと言われています。ジムに通う人が増え、健康を強く意識する人が多くなってきました。

より本格的に体を変えるために、トレーナーによるパーソナルトレーニングを受ける方も多くなっています。

つまり、パーソナルトレーナーはクライアントのニーズに応えるための知識が要求されます。
その知識を持っている証明になるものはズバリ、「資格」です。

そこで、今回はパーソナルトレーナーのメジャー資格の一つである【NSCA-CPT】について紹介します!

NSCAとは

National Strength and Conditioning Association (NSCA)は、ストレングストレーニングとコンディショニングに関する国際的な教育団体として1978年に設立された団体です。
世界88ヵ国に46000人以上の会員がおり、ストレングストレーニングとコンディショニングの最先端の情報を、世界中に配信し続けています。

NSCAが発行している資格として、
【NSCA-CPT】【NSCA-CSCS】
の2種類があります。

では、この2つの違いはなんでしょうか?

【NSCA-CPT】と【NSCA-CSCS】の違いは?

研究に基づいた知識と現場での応用を広く普及する人材の認定
それがNSCAの認定資格です。
(NSCAジャパンより引用)

【NSCA-CPT】

健康と体力のニーズに関して指導を行う、優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。
指導対象者は、年齢・性別・経験を問わず幅広い層に対してトレーニング指導を行います。そのため、NSCA-CPTはトレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要となります。

【NSCA-CSCS】

傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を有する人材を認定する資格です。
指導対象は主にアスリート、スポーツチームです。筋力トレーニングや他の体力要素の指導だけでなく、施設を運営、管理することも重要な職務となります。また、栄養、ドーピング、生活習慣に関する指導など、教育者的側面も併せ持っています。

要するに、【NSCA-CPT】は全ての人を対象に健康を提供し、【NSCA-CSCS】はアスリートを対象に運動能力の向上を提供する、という違いがあります。

【NSCA-CPT】の資格取得条件は?

1,NSCAジャパン会員である
2,満18歳以上
3,高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)合格者
4,有効なCPR/AEDの認定者
5,NSCA-CPT認定試験に合格
(NSCAジャパンより引用)

以上が【NSCA-CPT】の資格取得条件です。

つまり、高校を卒業した18歳以上のNSCAジャパン会員で、心肺蘇生法がわかってる人が、取得可能ということですね!

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました!
今回は【NSCA-CPT】の概要について紹介させていただきました。

次回は【NSCA-CPT】の試験についてお話させていただきます!

それではまた、次回も読んでいただければ幸いです。

それでは!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の茅野宏志郎でした。
次回の記事もよろしくお願いします。

茅野宏志郎,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:茅野宏志郎

関連記事

生理学を修めたパーソナルトレーナーは強い!vol.1(パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)

生理学を修めたパーソナルトレーナーは強い!vol.1(パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)の画像

生理学を修めたパーソナルトレーナーは強い!vol.1

皆様は「生理学」という学問をご存知でしょうか。

日本生理学会は次のように述べています。

生きている仕組み、はたらき、理(ことわり)は全て生理なのです。日本生理学会では体の基本的な機能と仕組みを解き明かそうとしています。
(日本生理学会HPより引用)

我々が生きている仕組みを研究する学問が「生理学」です。

人の体の仕組みを理解しているパーソナルトレーナーからの提案は、信用に値すると思いませんか?

筆者は、「生理学」はパーソナルトレーナーに必須な学問だと考えています。

そこで、パーソナルトレーナーに必須な「生理学」の内容について解説していきます!

パーソナルトレーナーに実績は必要?ボディメイクの大会について紹介! (パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)

パーソナルトレーナーに実績は必要?ボディメイクの大会について紹介! (パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)の画像

パーソナルトレーナーに実績は必要?ボディメイクの大会について紹介!

結論から言えば、パーソナルトレーナーとして活動する上で必須ではありません。しかしながら、実績がある人と無い人には大きな違いがあります!

太っている人にダイエットの指導をされても痩せられる気がしないですよね?

筋肉がないガリガリの人に、筋トレの指導をされてもムキムキになれる気がしないですよね?

筋トレやダイエットを教えてもらうなら、ムキムキで痩せている人に教えてもらった方が安心できますよね。大会に出場したことがある人は、筋トレもダイエットも人一倍やっています。

つまり、大会の実績は筋トレやダイエットをやってきた証明になります!

実績があれば、お客様への言葉に大きな説得力が出ます!

ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

そこで、今回はどんな大会があるのかを紹介していきます!!

パーソナルトレーナーの資格【NSCA‐CPT】の試験の概要を紹介!(パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)

パーソナルトレーナーの資格【NSCA‐CPT】の試験の概要を紹介!(パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)の画像

パーソナルトレーナーの資格【NSCA‐CPT】の試験の概要を紹介!

前回は【NSCA‐CPT】の概要や、NSCAという機関について紹介しました。

【NSCA‐CPT】がどんな意味を持つ資格かわかっていただけたかと思います。

そこで今回は、皆さまが気になっているであろう

・受験にかかる費用
・受験方法
・試験内容
・合格率

についてお話させていただきたいと思います。