パーソナルトレーナーの資格、NSCAの紹介と取得方法について (パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)

近年、日本はフィットネスブームと言われています。ジムに通う人が増え、健康を強く意識する人が多くなってきました。より本格的に体を変えるために、トレーナーによるパーソナルトレーニングを受ける方も多くなっています。つまり、パーソナルトレーナーはクライアントのニーズに応えるための知識が要求されます。その知識を持っている証明になるものはズバリ、「資格」です。そこで、今回はパーソナルトレーナーのメジャー資格の一つである【NSCA-CPT】について紹介します!


facebookInstagram

パーソナルトレーナーのメジャー資格【NSCA-CPT】を紹介!

近年、日本はフィットネスブームと言われています。ジムに通う人が増え、健康を強く意識する人が多くなってきました。

より本格的に体を変えるために、トレーナーによるパーソナルトレーニングを受ける方も多くなっています。

つまり、パーソナルトレーナーはクライアントのニーズに応えるための知識が要求されます。
その知識を持っている証明になるものはズバリ、「資格」です。

そこで、今回はパーソナルトレーナーのメジャー資格の一つである【NSCA-CPT】について紹介します!

NSCAとは

National Strength and Conditioning Association (NSCA)は、ストレングストレーニングとコンディショニングに関する国際的な教育団体として1978年に設立された団体です。
世界88ヵ国に46000人以上の会員がおり、ストレングストレーニングとコンディショニングの最先端の情報を、世界中に配信し続けています。

NSCAが発行している資格として、
【NSCA-CPT】【NSCA-CSCS】
の2種類があります。

では、この2つの違いはなんでしょうか?

【NSCA-CPT】と【NSCA-CSCS】の違いは?

研究に基づいた知識と現場での応用を広く普及する人材の認定
それがNSCAの認定資格です。
(NSCAジャパンより引用)

【NSCA-CPT】

健康と体力のニーズに関して指導を行う、優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。
指導対象者は、年齢・性別・経験を問わず幅広い層に対してトレーニング指導を行います。そのため、NSCA-CPTはトレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要となります。

【NSCA-CSCS】

傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を有する人材を認定する資格です。
指導対象は主にアスリート、スポーツチームです。筋力トレーニングや他の体力要素の指導だけでなく、施設を運営、管理することも重要な職務となります。また、栄養、ドーピング、生活習慣に関する指導など、教育者的側面も併せ持っています。

要するに、【NSCA-CPT】は全ての人を対象に健康を提供し、【NSCA-CSCS】はアスリートを対象に運動能力の向上を提供する、という違いがあります。

【NSCA-CPT】の資格取得条件は?

1,NSCAジャパン会員である
2,満18歳以上
3,高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)合格者
4,有効なCPR/AEDの認定者
5,NSCA-CPT認定試験に合格
(NSCAジャパンより引用)

以上が【NSCA-CPT】の資格取得条件です。

つまり、高校を卒業した18歳以上のNSCAジャパン会員で、心肺蘇生法がわかってる人が、取得可能ということですね!

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました!
今回は【NSCA-CPT】の概要について紹介させていただきました。

次回は【NSCA-CPT】の試験についてお話させていただきます!

それではまた、次回も読んでいただければ幸いです。

それでは!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の茅野宏志郎でした。
次回の記事もよろしくお願いします。

茅野宏志郎,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:茅野宏志郎

関連記事

「ケトジェニック」とは?パーソナルトレーナーが解説!(パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)

「ケトジェニック」とは?パーソナルトレーナーが解説!(パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)の画像

「ケトジェニック」とは?パーソナルトレーナーが解説!

こんにちは!パーソナルトレーナーの茅野です!

皆さんは「ケトジェニック」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

ダイエットを考えたことがある方なら、一度は聞いたことがあると思います。

「ケトジェニック」はその効果が科学的に立証されており、有効なダイエット方法であると認知されています。

しかしながら、やり方を間違えると効果が表れないどころか、体調を崩してしまう恐れがあります。

なので、しっかりと知識があるパーソナルトレーナーの方に、体質や生活リズムなどを考慮し、二人三脚でやることがオススメです。

ただ、パーソナルトレーニングって結構お金がかかるんですよね......

そこで今回は、ケトジェニックの理論と方法について解説していきます!

自力で「ケトジェニック」をやろうと考えている方の手助けになれば幸いです。

パーソナルトレーナーなら知ってて当然!栄養学 vol.2(パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)

パーソナルトレーナーなら知ってて当然!栄養学 vol.2(パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)の画像

パーソナルトレーナーなら知ってて当然!栄養学 vol.2

こんにちは!パーソナルトレーナーの茅野です!

前回は栄養学、とりわけ糖質について解説させていただきました。

フルーツの危険性や、摂るべき糖質と減らすべき糖質の存在など、かなり身近で実用的な内容だったと思います。

今回も、そんな実用的な知識を提供できたらと思っています。

今回は前回の予告の通り、脂質とたんぱく質についてお話させていただきます。

ぜひ、自らの血肉として吸収して、日常生活に活かしてください!

パーソナルトレーナーなら知ってて当然!栄養学 vol,1(パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)

パーソナルトレーナーなら知ってて当然!栄養学 vol,1(パーソナルトレーナー 資格 茅野宏志郎)の画像

パーソナルトレーナーなら知ってて当然!栄養学 vol,1

こんにちは、パーソナルトレーナーの茅野宏志郎です!

前回は、人間の仕組みを理解する学問、「生理学」についてお話させていただきました。

今回お話させていただくのは、「栄養学」です!

栄養学はパーソナルトレーナーにとって必須の学問であると言えます。

栄養について熟知した上で食事の仕方を教えてくれるトレーナーと、流行っているダイエット方法を仕組みを理解せずに勧めてくるトレーナー、どちらに食事のサポートをして欲しいですか?

明らかに前者ですよね!

栄養学を修めることで、食事サポートの説得力に大きな違いが出てきます。

今回は、そんな栄養学の基礎中の基礎についてお話していきます!