パーソナルトレーナーが語る、ボディメイク大会について (パーソナルトレーナー 資格 島居魁人)

こんにちは!パーソナルトレーナーを目指して勉強中の島居魁人です。せっかく鍛えているから自分も出てみようかな、と思っていても、大会はムキムキの人ばかりが出てちょっと鍛えているぐらいだと敷居が高いかなと感じている方も多くいるのではないでしょうか。しかし、大会といっても今はたくさんの大会があるし、自分に合った大会がきっとあります。今後パーソナルトレーナーとして皆様に指導していく上で大会に出場するということは体を仕上げていくこと、体の見せ方を知っているということは大事だと思います。今回は体づくりやダイエットをしている方なら一度は聞いたことがあるであろう、ボディーメイクの大会について書いていきます。


facebookInstagram

ボディーメイクに関する大会は何がある?パーソナルトレーナーに大会は必要?

こんにちは!
パーソナルトレーナーを目指して勉強中の島居魁人です。

せっかく鍛えているから自分も出てみようかな、と思っていても、大会はムキムキの人ばかりが出てちょっと鍛えているぐらいだと敷居が高いかなと感じている方も多くいるのではないでしょうか。

しかし、大会といっても今はたくさんの大会があるし、自分に合った大会がきっとあります。

今後パーソナルトレーナーとして皆様に指導していく上で大会に出場するということは体を仕上げていくこと、体の見せ方を知っているということは大事だと思います。

今回は体づくりやダイエットをしている方なら一度は聞いたことがあるであろう、ボディーメイクの大会について書いていきます。

1.大会のジャンルについて

(1)フィットネス系
フィットネススター
フィットネスエンジェル

(2)ボディーメイク系
ベストボディジャパン
サマースタイルアワード

(3)モデル系
ミスジャパン
ミスユニバースジャパン

(4)ボディービル系
日本ボディビル選手権
ジャパンオープン

(5)フィージーク系

ベストフィジークジャパン
ミス・メンズフィジーク

(6)その他
全日本ベンチプレス選手権大会
全日本パワーリフティング選手権大会
アームレスリング大会
上記のように沢山の大会があります。
出場する大会によって審査基準は変わってきます。

また、その他でもあげたようにパワーを扱う大会もあります。

2.どの大会が自分に合っているか

沢山の大会を紹介してきましたがどの大会が自分自身に合っているのだろうかと疑問に思いました。

私はまだコンテスト経験がないので、まずはボディメイク系のベストボディジャパンやサマースタイルアワードに挑戦したいと考えています。

理由としては、まだまだ筋量が多いとは言えないので全体のバランスが重視されるボディメイク系の大会に出ることで自分自身の努力が形に現れやすいと思ったからです。

そして筋量が増えてきたらフィジーク系の大会にも挑戦していきたいと思います。

是非興味がある方は一緒に切磋琢磨していきましょう!

3.自分が出たいと思ったジャンルの大会について

私は上記でもお伝えしたとおりボディーメイク系の大会に出たいと考えています。

よってベストボディジャパンとサマースタイルアワードの違いについて調べてみました。

ベストボディジャパンの特徴

(1)年齢別でカテゴリー分けされている

体重や身長で分けられる大会が多い中、年齢別で分けられているので自分とあまり変わらない競技歴、実力の方と戦うことができる点はメリットに感じます。

年齢分けの詳細は以下になります。

《男性部門》

フレッシャーズクラス(18~29歳)
ミドルクラス(30~39歳)
マスターズクラス(40~49歳)
ゴールドクラス(50~59歳)
レジェンドクラス(60歳~年齢無制限)

《女性部門》

ガールズクラス(18~29歳)
レディースクラス(30~39歳)
ウーマンズクラス(40~49歳)
クイーンクラス(50~59歳)
プラチナクラス(60歳~年齢無制限)

(2)身体以外も評価の対象に

たくましい筋肉、引き締まった身体はもちろん評価の対象となりますが、その他に知性や品格も評価の対象になるようです。

また、容姿や顔の表現力も評価の対象となりますので、筋トレだけでなく、顔の表現力トレーニングを行っておくと良いかもしれませんね!

(3)大会出場へのハードルが低い

筋トレを始めたばかりの初心者でも出場できる&一大競技としてしっかりと注目してもらえるのがベストボディジャパンの魅力と言えます。

サマースタイルアワードの特徴

(1)賞金が出る

なんと、上位大会であるJAPAN OPENで3位以内に入れば賞金が手に入ります!

(2)初心者でも参加しやすい

求められる筋肉の量と体脂肪率はベストボディと同等と考えてよいでしょう。

(3)ドーピング審査がない

ドーピングチェックの行われない大会でドーピングをせずに成績を残した場合でもドーピングをしていると疑われる可能性が高まります…

ですが知名度の高さや、大会の参加のしやすさから参加者年々増加傾向にあります。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

この記事で沢山ある大会の中でも自分にあった大会を見つけ参加する決意ができたと思っていただけたら嬉しい限りです。

次回は生理学についてお話しします。

パーソナルトレーナーを目指して勉強中の島居魁人でした。

次回の記事もよろしくお願いします。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の島居魁人でした。

次回の記事もよろしくお願いします。

島居魁人,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:島居魁人

関連記事

パーソナルトレーナーに必要な生理学について『VOL.1』 (パーソナルトレーナー 資格 島居魁人)

パーソナルトレーナーに必要な生理学について『VOL.1』 (パーソナルトレーナー 資格 島居魁人)の画像

パーソナルトレーナーに必要な生理学について『VOL.1』

こんにちは!
パーソナルトレーナーを目指して勉強中の島居魁人です。

生理学とは、人体を構成する各要素がどのような活動を行っているかについての学問です。

パーソナルトレーナーとして活躍していくためには生理学の知識をしっかり身とにつけているということは必須だと思います。

なぜかというと、正常な生体の機能を理解しなければ,ボディメイクの成果が得られないと思うからです。

それでは生理学について書いていきます。

パーソナルトレーナーの資格NSCAの勉強方法は?受験方法・合格率について! (パーソナルトレーナー 資格 島居魁人)

パーソナルトレーナーの資格NSCAの勉強方法は?受験方法・合格率について! (パーソナルトレーナー 資格 島居魁人)の画像

パーソナルトレーナーの資格NSCAの勉強方法は?受験方法・合格率について!

こんにちは!
パーソナルトレーナーを目指して勉強中の島居魁人です。

今回は前回書いたNSCA-CPTの受験方法・合格率等について書いていきます。

資格を取得するためにどれくらい費用がかかるのか。
どんな試験内容なのか。
合格率はどのくらいなのか。
などの疑問や不安なことが少しでも解決できればと思います。

それでは参ります。