スクールで取得できるスポーツ・パーソナルトレーナーの資格NSCA-CSCS

少子高齢化や老後2000万円問題、定年退職の引き上げなど人生100年時代で生活していく上で、健康寿命を伸ばすことは重要である。そんな健康に対して重きを置く人が多い世の中で、求められるパーソナルトレーナーの姿とは?


facebookInstagram

パーソナルトレーナーにNSCAの資格は必要か?

少子高齢化や老後2000万円問題、定年退職の引き上げなど人生100年時代で生活していく
上で、健康寿命を伸ばすことは重要である。

そんな健康に対して重きを置く人が多い世の中で、求められるパーソナルトレーナーの姿とは?

NSCAという団体について

ストレングストレーニングとコンディションニングの指導者の育成や継続教育、研究に裏付けられた知識の普及を通じて、一般の人々に対する健康の維持・増進から、アスリートに対する被害予防とパフォーマンスの向上などに貢献するために活動している。

NSCA-CPTとNSCA-CSCSの違い

CPT
健康と体力には関して、評価・動機付け・
教育・トレーニングやコンディションニング
全般の指導ができる者の認定
CSCS
傷害予防とスポーツパフォーマンスの向上
トレーニングプログラムを計画・実行する
知識と技能を有する者の認定

指導できる対象者

CPT

年齢や性別などに問わず
幅広い一般人を対象とする

CSCS

主にアスリートや
専門的にスポーツを行う人
スポーツチームなど

取得後の職業選択一覧

CPT
パーソナルトレーナー、フィットネスインストラクターやスポーツ指導者、
理学療法士、柔道整復師
CSCS
ストレングスコーチ、アスレチックトレーナー・パーソナルトレーナー、医師、フィットネスインストラクター、探求者

NSCA-CPTの資格取得条件

資格を取得するための条件としては、出願時に万18歳以上で高等学校卒業以上の者または高等学校卒業程度認定試験合格者であること、つまり学歴は高卒以上になります。またNSCAジャパンの会員(正会員、学生会員、英文会員)もしくは米国会員でなければいけません。

さらに出願時に有効なCPR(心配蘇生法)およびAED(自動体外式除細動器)の認定を保持または受験日の1年後までにCPRおよびAEDの認定証のコピーを提出することも条件となっている。
なおCPRおよびAEDの講習は近くの消防署(庁)で受講することが可能なので、そのためにスクールに通学する必要はありません。

田原稜史,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:田原稜史

田原稜史,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:田原稜史

関連記事

『パーソナルトレーナーが生理学と栄養学を駆使してローファットを実際にやってみた』

『パーソナルトレーナーが生理学と栄養学を駆使してローファットを実際にやってみた』 の画像

『パーソナルトレーナーが生理学と栄養学を駆使してローファットを実際にやってみた』

前回に引き続き今回は、脂質制限のダイエットについてアウトプットして行きたいと思います。

パーソナルトレーナー が生理学と栄養学を駆使してケトジェニックを実際にやってみた (パーソナルトレーナー 資格 田原稜史)

パーソナルトレーナー が生理学と栄養学を駆使してケトジェニックを実際にやってみた (パーソナルトレーナー 資格 田原稜史)の画像

パーソナルトレーナー が生理学と栄養学を駆使してケトジェニックを実際にやってみた

前回の記事で説明致しましたケトジェニックを私は、2ヶ月間体験してみました。その時に気づいたことや感想を述べていきます。

パーソナルトレーナーが勧めるケトジェニック (パーソナルトレーナー 資格 田原稜史)

パーソナルトレーナーが勧めるケトジェニック (パーソナルトレーナー 資格 田原稜史)の画像

パーソナルトレーナーが勧めるケトジェニック

ケトジェニックでは、良質な脂を積極的に摂ることや糖質を制限することが重要になります。どのような効果が期待できるのか、また体への影響はどのようなものかを述べていきたいと思います。