パーソナルトレーナーはNSCAなどの資格以外にフィジークなどの大会に出場すべき

年々トレーナーの数が増える中で、お客さんはどこのジムに行くべきか、また誰に教えてもらうべきかが重要になってきています。そんな中で、トレーナーがゲストの見本となる体であることは重要な要素の一つです。今回は、ボディーメイクの大会やコンテストについて書いてみました。


facebookInstagram

パーソナルトレーナー のボディーメイクと大会

年々トレーナーの数が増える中で、お客さんはどこのジムに行くべきか、また誰に教えてもらうべきかが重要になってきています。
そんな中で、トレーナーがゲストの見本となる体であることは重要な要素の一つです。
今回は、ボディーメイクの大会やコンテストについて書いてみました。

大会のジャンル

フィットネス系
ミス/メンズフィットネス・ミスボディフィットネス(JBBF)

モデル系
Model Japan(ベストボディ・ジャパン協会)
ミス・ユニバース・ジャパン(MY group)

ボディビル系
男子日本ボディビル選手権(JBBF)
CRONOS CUP(NPCJ)
HORIZON CUP(NPCJ)
マッスルコンテスト東京
(マッスルコンテストジャパン)

フィジーク系
オールジャパンメンズフィジーク(JBBF)
日本女子フィジーク(JBBF)
Best Physique Japan & Best Bikini Japan(ベストボディ・ジャパン協会)
Men’s Physique
(ベストボディ・ジャパン協会)
マッスルコンテスト東京
(マッスルコンテストジャパン)

上記のような大会があります。

この大会出たい!自分に向いている!

私は数ある大会の中でもフィジーク系の大会に出場してみたいと思います。フィジークの大会はボディービルとは違い全身の筋肉ではなく上半身の筋肉を見る種目です。審査基準は綺麗な逆三角形か、表情や髪型が評価されるポイントになります。
なぜフィジークなのか?理由は2つあります。
一つ目は、ボディビルのように筋肉をつけてしまうと威圧感が生まれる。
2つ目はゲスト(お客さん)の理想からかけ離れている。
以上の理由でパーソナルトレーナー としては、属人性の強い職業であるため、ゲストの目的目標に近い体型になっておく必要があります。
私はフィジークの大会を目指して、ゲストの理想に近づけるようにしていきたいです!

田原稜史,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:田原稜史

関連記事

『パーソナルトレーナーが生理学と栄養学を駆使してローファットを実際にやってみた』

『パーソナルトレーナーが生理学と栄養学を駆使してローファットを実際にやってみた』 の画像

『パーソナルトレーナーが生理学と栄養学を駆使してローファットを実際にやってみた』

前回に引き続き今回は、脂質制限のダイエットについてアウトプットして行きたいと思います。

パーソナルトレーナー が生理学と栄養学を駆使してケトジェニックを実際にやってみた (パーソナルトレーナー 資格 田原稜史)

パーソナルトレーナー が生理学と栄養学を駆使してケトジェニックを実際にやってみた (パーソナルトレーナー 資格 田原稜史)の画像

パーソナルトレーナー が生理学と栄養学を駆使してケトジェニックを実際にやってみた

前回の記事で説明致しましたケトジェニックを私は、2ヶ月間体験してみました。その時に気づいたことや感想を述べていきます。

パーソナルトレーナーが勧めるケトジェニック (パーソナルトレーナー 資格 田原稜史)

パーソナルトレーナーが勧めるケトジェニック (パーソナルトレーナー 資格 田原稜史)の画像

パーソナルトレーナーが勧めるケトジェニック

ケトジェニックでは、良質な脂を積極的に摂ることや糖質を制限することが重要になります。どのような効果が期待できるのか、また体への影響はどのようなものかを述べていきたいと思います。