ベストボディージャパン大会(BBJ)に向けてボディーカラーリングの「方法」「 費用」 「メリット」 「デメリット」を調べてみました!!


facebookInstagram

ベストボディージャパン大会(BBJ)に向けてボディーカラーリングの「方法」「 費用」 「メリット」 「デメリット」を調べてみました!!

目次
「セルフタンニングローション」
「日焼け」
「スプレータンニング」

「セルフタンニングローション」

仕事上日焼けはまずい 大会当日だけ間に合わせたい! そう思う出場者は少なくはないはず。。
そんな方にオススメなのがタンニングローション。

以前は大会指定のローションがあったようなのですが、

2019年現在他メーカーの物の使用について違反になるという規約は見つからなかった為オッケーということでしょう。

メリット

・何と言っても安価!
ネットでざっと検索しても1000円〜3000円程度で見つかりました!
・お風呂で洗えば数日で素の肌の色に戻ることが出来る

デメリット

・セルフで行うと色むらができやすい

・洋服にカラーが移る可能性がある

コツは事前にスクラブ等をして角質を整えておくこと。

また塗布する際に友人や家族にムラがないようチェックしてもらうとより安心ですね!

「日焼け」

こちらは自然光とマシンを使って行う2パターンあるかと思いますが 肌の負担や綺麗さを考えると断然マシーンでしょう!

メリット

・ローションのように衣服につく心配がない。
・好きな肌色まで微調節ができる。

デメリット

・事前準備が必要

人によっては大会出場の3ヶ月前位から週に数回通い段階的に色や肌のコンディションの調整を行っていました


・すぐに元の色には戻らない・肌の手入れが必要

日焼け後の保湿は必ず行うようにしましょう!

値段は都内で1回2000円〜4000円程度でした。

マシンの強さや時間により値段が異なります。

「スプレータンニング」

大会公式ホームページにも公認スプレーショップの案内がリンクされています!都内では16店舗が加盟していました。

メリット

・プロによる施術でムラなく確実に綺麗に仕上がること
・楽 (1日で終了)
・肌への負担が少ない

デメリット

・価格が高い(1回の施術で10000円〜12000円程度)

・衣服に色移りする可能性がある

ちなみに加盟店のリストをリサーチしていたところ男性施術者がいるサロンがあったり、

タトゥーカバーをしているサロンも発見しました。

男性出場者やタトゥーが入っている方には嬉しいサービスですね!


是非以上のことが参考になれれば嬉しいです!
出場者の皆さんの日頃の鍛錬の結果が出ますよう祈っています 頑張ってください!!!

記事の担当者

吉村 祥子(よしむら さちこ):トレーナーズラボ研究生

関連記事

「NSCA-CPT」と「NSCA-CSCS」における資格試験の違い 〜料金 ・更新方法を中心に〜

「NSCA-CPT」と「NSCA-CSCS」における資格試験の違い 〜料金 ・更新方法を中心に〜の画像

「NSCA-CPT」と「NSCA-CSCS」における資格試験の違い 〜料金 ・更新方法を中心に〜

引き続きNSCA資格NSCA-CPTとNSCA-CSCSの違いをさらに深掘りしていきます!
前回は『資格の目的』・『指導対象者』・『必要な知識』・『取得者職業リスト』についての比較をしました!
気になった方は前回の記事、【一体何が違う?? 【NSCA-CPT】と【NSCA-CSCS 】この2つ資格を比べてみた!】をチェエクしてみてください。

今回は「NSCA-CPT」と「NSCA-CSCS」における資格試験の違いと料金 また其々の更新方法について書かせていただきます!

一体何が違う?? 【NSCA-CPT】と【NSCA-CSCS 】この2つ資格を比べてみた!

一体何が違う?? 【NSCA-CPT】と【NSCA-CSCS 】この2つ資格を比べてみた!の画像

一体何が違う?? 【NSCA-CPT】と【NSCA-CSCS 】この2つ資格を比べてみた!

パーソナルトレーナーを志す者として一度は耳にした事があるであろう資格NSCA。
2018年においての資格認定者数は、全世界で延べ46,000名を超えている。

さてこのNSCAが発行する資格には、「NSCA-CPT」と「NSCA-CSCS」の2つがあります。協会ホームページにてこの2つの資格の違いを調べていたのだが... 分かりづらい...。

そこで私なりにこの2つの違いをまとめてみました!

オススメのパーソナルトレーナー資格【NSCA-CPT】パート3

オススメのパーソナルトレーナー資格【NSCA-CPT】パート3の画像

オススメのパーソナルトレーナー資格【NSCA-CPT】パート3

前回に引き続き今回はNSCA-CPT更新方法とその費用についてご紹介させていただきます!
せっかく時間とお金を費やして取得した資格   失効させてしまうなんて勿体ない!!
更新方法は少し複雑です。気付いた時には手遅れ!という事にならないよう事前に更新方法やそれに伴う費用を知っておきましょう!