パーソナルトレーナーの資格【NSCA】試験のまとめ

今回は、NSCA-CPTの資格習得においての費用、受験までの流れなどをご紹介致します。具体的なとこを知ることによって、NSCA-CPTに対してのイメージが湧きやすくなると思います。


facebookInstagram

NSCA-CPTをもっと深く知ろう!

今回は、NSCA-CPTの資格習得においての費用、受験までの流れなどをご紹介致します。具体的なとこを知ることによって、NSCA-CPTに対してのイメージが湧きやすくなると思います。

CPTの費用は??

CPTの受験料は45.200円です。一見高いと思われるかもしれませんが、日本だけではなく、海外でも使える資格であることを考慮すると安価かもしれません。

受験方法は??

 試験はコンピューターベースで行います。受験者自身が試験会場、日時を選ぶことができます。休みが不定期な人でも安心です。
① 出願
「NSCAのマイページから出願」し、「受験料の支払い」、「学歴証明書を郵送」を終えると出願手続きが完了します。
② テストセンターの予約
出願手続き終了後、1~2週間後にピアソンVUEよりメールが届きます。内容は試験予約の案内なので、そのメールにしたがってテストセンターを予約します。
③ 受験
という流れになっています。

試験内容は??

 NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識(テキスト)の内容から出題されます。
① クライアントに対する面談と評価 
② エクササイズテクニック
③ プログラムプランニング 
④ 安全性、緊急時の手順、法的諸問題
このようなテーマからそれぞれ出題されます。
時間は3時間、選択式で回答をしていきます。合格スコアは70パーセント以上です。


難易度合格率は??

CPTの合格率は約65パーセントです。決して高いわけではないのでしっかりと勉強しましょう。

資格を習得するにあたってのメリット・デメリット

メリット

資格を持っていることによって、お客様からの信頼を得られやすくなると思います。試験を受けるにあたって勉強をしっかり行います。その知識をお客様に伝えることもパーソナルトレーナーとしての使命だと思います。また、NSCAの資格は海外でも使えることができます。自分の可能性を広げるという部分もメリットであると考えられます。

デメリット

 費用や時間がかかるのは確かです。パーソナルトレーナーになるにあたって、資格習得は必須ではありません。また資格を持っているだけでは良いトレーナーなれることはありません。
 資格やマナー、知識、トレーニングをすべて総合的に身に付ける、行うことが最も大切なことであると思います。

一戸拓郎,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:一戸拓郎

関連記事

パーソナルトレーナーが知っておくべきボディメイクの大会とは??

パーソナルトレーナーが知っておくべきボディメイクの大会とは??の画像

パーソナルトレーナーが知っておくべきボディメイクの大会とは??

今日では、ボディメイクにおいての様々な大会・コンテストが存在します。
体を鍛えるという行為は、目指すものがないと「苦しい、つらい」というものなってしまうものです。
目標を持つことによって「苦しい、つらい」が「達成感」に変化するのです!!
パーソナルトレーナー大会に出場するということは、大きな目標になりえるのです。
この経験こそがパーソナルトレーナーの経験値と信頼度を上げるものだと思います。
今回は数多くあるボディメイクの大会について調べてみました。

NSCAとは??パーソナルトレーナーの資格とは??

NSCAとは??パーソナルトレーナーの資格とは??の画像

NSCAとは??パーソナルトレーナーの資格とは??

最近では、パーソナルトレーナーという言葉を聞くことも増えてきたと思います。テレビや広告、看板などでもよく見かけます。それと同時に、自分もパーソナルトレーナーになりたい!好きなトレーニングを仕事にしたい!という人も増えてきていると思います。しかし、どうやったらパーソナルトレーナーになれるのだろう?資格は必要なのか??という疑問が出てくる方も多いと思います。そこで今回の記事では、パーソナルトレーナーの資格である「NSCA‐CPT」についてご紹介いたします。