パーソナルトレーナーに必要な資格【NSCA】について

最近では、パーソナルトレーナーという言葉を聞くことも増えてきたと思います。テレビや広告、看板などでもよく見かけます。それと同時に、自分もパーソナルトレーナーになりたい!好きなトレーニングを仕事にしたい!という人も増えてきていると思います。しかし、どうやったらパーソナルトレーナーになれるのだろう?資格は必要なのか??という疑問が出てくる方も多いと思います。そこで今回の記事では、パーソナルトレーナーの資格である「NSCA‐CPT」についてご紹介いたします。


facebookInstagram

NSCAとは??パーソナルトレーナーの資格とは??

最近では、パーソナルトレーナーという言葉を聞くことも増えてきたと思います。テレビや広告、看板などでもよく見かけます。それと同時に、自分もパーソナルトレーナーになりたい!好きなトレーニングを仕事にしたい!という人も増えてきていると思います。しかし、どうやったらパーソナルトレーナーになれるのだろう?資格は必要なのか??という疑問が出てくる方も多いと思います。そこで今回の記事では、パーソナルトレーナーの資格である「NSCA‐CPT」についてご紹介いたします。

NSCAという団体について

NSCAとは「National Strength &Conditioning Association」のことであり、アメリカ合衆国に本拠地をおく団体です。NSCAの資格を取得している方は全世界で46.000人を超えています。また、NSCAは日本にも支部をもっており、日本語での対応も可能な団体です。

NSCA-CPTとNSCA-CSCSの違い

NSCAの資格には「NSCA-CPT」と「NSCA-CSCS」の2種類があります。

「CPT」は健康と体力のニーズに関して、評価、動機づけ、教育、トレーニングなど全般の指導を行うための人材を認定する資格です。スポーツ選手やアスリートだけではなく、幅広い層に対しトレーニング指導を行うための知識を必要とします。

「CSCS」とは傷害予防、スポーツパフォーマンス向上を目的とし、安全で効果的なトレーニングを指導する人材を認定する資格です。主にスポーツ選手やアスリートに対し指導し、トレーニングだけではなく、施設の運営や管理も含めた能力も必要とする資格です。

NSCA-CPT資格習得条件に付いて

 NSCA-CPTには資格条件があります。
① NSCAの会員であること
② 18歳以上であること
③ 高等学校卒業以上または高等学校卒業程度認定試験合格者。

次回は・・・・・・
●費用は?(CPTについて)
●受験方法は?(CPTについて)
●試験内容は?(CPTについて)
●試験の難易度合格率は?(CPTについて)
です!!

一戸拓郎,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:一戸拓郎

関連記事

パーソナルトレーナーが知っておくべきボディメイクの大会とは??

パーソナルトレーナーが知っておくべきボディメイクの大会とは??の画像

パーソナルトレーナーが知っておくべきボディメイクの大会とは??

今日では、ボディメイクにおいての様々な大会・コンテストが存在します。
体を鍛えるという行為は、目指すものがないと「苦しい、つらい」というものなってしまうものです。
目標を持つことによって「苦しい、つらい」が「達成感」に変化するのです!!
パーソナルトレーナー大会に出場するということは、大きな目標になりえるのです。
この経験こそがパーソナルトレーナーの経験値と信頼度を上げるものだと思います。
今回は数多くあるボディメイクの大会について調べてみました。

NSCA-CPTをもっと深く知ろう!

NSCA-CPTをもっと深く知ろう!の画像

NSCA-CPTをもっと深く知ろう!

今回は、NSCA-CPTの資格習得においての費用、受験までの流れなどをご紹介致します。具体的なとこを知ることによって、NSCA-CPTに対してのイメージが湧きやすくなると思います。