パーソナルトレーナーが目指す、筋肉の大会(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)

近年、日本のフィットネス人口が増え筋肉におけるコンテストが非常に増え身近なものになってきました。なぜ、PTがコンテストの実績が必要なのか、その理由は実績です。コンテストの入賞者PTとなんの実績のないPTどっちに教えて貰いたいか。明白ですよね。(資格も同じですね。)


facebookInstagram

パーソナルトレーナーが目指す 筋肉の大会?コンテスト?とは

近年、日本のフィットネス人口が増え筋肉におけるコンテストが非常に増え身近なものになってきました。
なぜ、PTがコンテストの実績が必要なのか、その理由は実績です。
コンテストの入賞者PTとなんの実績のないPTどっちに教えて貰いたいか。
明白ですよね。(資格も同じですね。)

目次

1.大会の種類
2.フィジークとボディビルの違い
3.自分にあった大会

1.大会の種類
ボディーメイクの大会を主催しているメインの団体は以下の団体があります。
※今回紹介した団体以外にも、大小含め様々ありますが、今回は主要な団体を挙げてみました。
JBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)
NPCJ(一般社団法人NPCJ)
ベストボディジャパン(BBJ)
サマースタイルアワード(SSA)
JPC(日本フィジーク委員会)
セントラルジャパン ボディビルディング&フィギュアチャンピオンシップス

その他の団体を含め6つのジャンルに分けてご紹介していきます。

①フィットネス系
フィットネスモデル(BBJ)
ミス/メンズフィットネス・ミスボディフィットネス(JBBF)

②ボディメイク系
サマースタイルアワード(SSA)
ベストボディジャパン(BBJ)

③モデル系
モデルジャパン(BBJ)
ビューティーフィットネスモデル(SSA)

④ボディビル系
ボディビル選手権大会(JBBF)
ボディビルOPEN大会(JBBF)
男子日本ボディビル選手権(JBBF)

⑤フィジーク系
オールジャパンメンズフィジーク(JBBF)
ベストフィジークジャパン(BBJ)
フィジークノービスチャレンジ(NPCJ)

2.フィジーク、ボディビルの違い

主な違いとしてはボディービルは筋肉の大きさ、フィジークは筋肉のバランスが評価対象ということです。
詳しくは以下の通りなのでご覧ください。

■フィジーク
フィジークは、体格という意味です。
スポーツのトレーニングをする時の、フィジカルトレーニングと同じ語源です。
歴史は浅く2013年頃からアメリカで大会が始まり、2014年頃から日本でも大会が行われるようになりました。
評価基準としては筋肉の大きさを見るのではなくバランスの良い筋肉の付き方などになっております。
そのためボディービルのように筋肉の大きさを目指すものではないため細マッチョを目指したい方に
おすすめな大会になっております。

【審査基準】
ヘアースタイル
顔立ち
全体のバランス
筋肉の大きさ
ウエストの細さ
ポージング
※下半身の審査無し

■ボディビル
「筋肉を鍛え、たくましい身体を作る」という概念は古代ギリシャ時代から始まっており、
日本ボディビルの歴史は日本ボディビル協会(現在の日本ボディビルフィットネス連盟)が、
昭和30年(1955年)に設立されたのが最初のようです。
こう見るかなり歴史があることがわかります。
やはり筋肉の大会=ボディビルのイメージがありますね。

【審査基準】
筋肉の大きさ(バルク)
筋肉の輪郭(ディフィニション)
全体のバランス
ポージング

3.自分にあった大会
自分の理想的の身体を考えた中で筋肉の大きさよりも筋肉のバランス(スタイル)を
重視したいこともありフィジークの大会を目指て筋トレに励んでいきます。
その中でもまず目指す大会は、、

フィジークノービスチャレンジ(NPCJ)

なぜかと言いますと、、、

NPCJのフィジークは初心者でも参加しやすいようにクラスが分かれており、
「ノービスチャレンジ」は、生涯で2回まで出場可能で、
過去にフィジークオープンクラスで6位以内に入賞されていない選手のみが出場可能
となっており、比較的に参入しやすい大会になります。

今回はボディーメイクの大会についてピックアップしてみました。
私は最初、ダイエットから筋トレをはじめ10キロ以上の体重の減に成功しました。
ですが、そのあとの目標としていい身体になりたいとアバウトな目標しか残こらず低迷ぎみでしたが、
新たに大会に出場、入賞を目指すと目標が出てきましたので、一直線に頑張っていきます。

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。

次回は・・・・・・
●栄養学について

次回もお読み頂ければ幸いでございます。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の高梨竜弥でした。
次回の記事もよろしくお願いします。

高梨竜弥,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:高梨竜弥

関連記事

パーソナルトレーナーに栄養学は必要なのか?(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)

パーソナルトレーナーに栄養学は必要なのか?(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)の画像

パーソナルトレーナーに栄養学は必要なのか?

答えはYESです。

それは何故か?

パーソナルトレーナーは
トレーニングの仕方を教えるのが仕事ではなく
1対1でゲストにあった健康的かつ安全にボディーメイクをするのが仕事になります。
そのため、トレーニング指導+食事指導行います。

その中で、多くの人が勘違いしているのが食事です。
実は、トレーニング 3割、食事 7割と言われていて
正しくボディーメイクが出来ない方のほとんどがほぼ食事に原因があります。
そのため食事=栄養学はトレーナーにとって
とても必要に知識になります。

ケトジェニックダイエットには生理学の知識が必要なのか?(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)

ケトジェニックダイエットには生理学の知識が必要なのか?(パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)の画像

ケトジェニックダイエットには生理学の知識が必要なのか?

答えはYESです。

それは何故か?

ケトジェニック(糖質制限)では
糖質をカットして、脂質をエネルギー源にすることで脂肪を燃やしてダイエットを行います。
脂肪の減少が望めますが、筋肉量も落ちやすくなってしまいます。
筋肉量が落ちてしまうと基礎代謝も下がってしまい、リバウンドの原因にもなってしまいます。
そのため正しく身体について学び、筋肉量を残しつつ脂肪のみを落とすことが必要になります。

パーソナルトレーナーに生理学は必要なのか? (パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)

パーソナルトレーナーに生理学は必要なのか? (パーソナルトレーナー 資格 高梨竜弥)の画像

パーソナルトレーナーに生理学は必要なのか?

まず、生理学とはなにか?

『生理学は生命体の構造ごとの機能』を学ぶ学問になります。
何やら難しそうな雰囲気が出てきましたがご安心ください。
簡単にご説明すると、、、

『身体の働き』をイメージするととても分かりやすいです。

そのため、パーソナルトレーナーは正しく身体の働きを学ぶ必要があるため
『PT=生理学』といっても過言ではないのではないのでしょうか。

では実際に、生理学についてご紹介したいと思います。