パーソナルトレーナーは大会に出場する必要があるのか(パーソナルトレーナー 資格 石井健)

こんにちは!石井健です😊いきなりですが、皆さんはボディーメイクのコンテストやボディービル大会などご覧になった事はございますか?実際、私も観戦しに行きました!どの出場者の方も凄い筋肉をしているので(人間は努力次第でこんな身体になれるのか…😳)と、感動しました✨笑そこで今回はパーソナルトレーナーは大会やコンテスト出場の必要性について書いていきます💪


facebookInstagram

パーソナルトレーナーは大会やコンテスト出場が必要なのか?

こんにちは!石井健です😊
いきなりですが、皆さんはボディーメイクのコンテストやボディービル大会などご覧になった事はございますか?

実際、私も観戦しに行きました!
どの出場者の方も凄い筋肉をしているので(人間は努力次第でこんな身体になれるのか…😳)と、感動しました✨笑

画像1
そこで今回は

パーソナルトレーナーは大会やコンテスト出場の必要性
について書いていきます💪

⚫︎どんな大会があるの?

画像2

①フィットネス系
②ボディーメイク系
③モデル系
④ボディービル系
⑤フィジーク系
⑥その他

上記のように色々な系統があり、
その中でも様々な大会、コンテストがあります。

①フィットネス系
・フィットネススター
・フィットネスエンジェル

②ボディーメイク系
・SUPER BODY CONTEST(SBC)
・ベストボディジャパン(BBJ)
・サマースタイルアワード(SSA)

③モデル系
・スーパーモデルコンテスト
・ミスユニバースジャパン
・ミスジャパン

④ボディービル系

・IFBB(国際ボディビルダーズ連盟)
・NABBA(全米アマチュアボディビル協会)
・JBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)
・NBBF(日本ナチュラルボディビル連盟)

⑤フィジーク系
・NPCJ(アマチュアオリンピアジャパン)
・JBBF(メンズフィジーク、ビキニフィットネス)

⑥その他
・

全日本ベンチプレス選手権大会

全日本パワーリフティング選手権大会
・

カネキンデットリフトチャレンジ
・

アームレスリング大会

⚫️もし、私が出場するなら!

②ボディーメイク系の
「ベストボディジャパン」

画像3

に出場します😁

よく、
「筋肉量が多い人が勝つんでしょ?」
と、思っている方が多いのですが、大会によって審査基準がそれぞれ違います❗️
ベストボディージャパンの審査基準はボディービルダーの様な筋肉量は必須ではなく、筋肉量が多くない方でも上位を狙える基準となっています。

画像4

私自身、ボディービルダーのような体では無いので、筋肉量を競う審査基準では勝ち目はありませんがポージングやバランスのとれたスタイルで勝負できるので、1番合っていると思います😊

ちなみに、ベストボディージャパンは初心者歓迎なのも選んだ理由にあります😁

大会に出てみたい❗️
というお客様も取り組みやすいのではないのでしょうか😊

⚫️同じボディーメイク系の大会の違い
・サマースタイルアワード
・ベストボディジャパンの違いとは

同じボディーメイク系の大会でも審査基準が全く異なります!

⚫︎サマースタイルアワードの審査基準

画像5

画像6
①全体的な筋肉量とシェイプ(Vシェイプ)

まず筋肉量で言えばBEASTY部門との差別化をはかる為、かなりの筋肉量を要します。

②絞り(減量)がかなり重要視
③バランスが大事。

絞り具合がかなり重視され、なおかつ、その中でその人の身長とバランスが合っているかを評価します。

④ステージポージングでの振る舞い
ポージングの他に、ムービングもかなり重視されます。

ベストボディと比較すると、筋肉量の多さに加えてポージングの質も高いです😅
大会初出場するには難易度が高いですね💦

画像7

最後に、
パーソナルトレーナーは大会やコンテスト出場が必要なのか?

という問いに対して、あくまで個人的な結論を申し上げますが、
パーソナルトレーナーは大会出場経験が必要
だと考えています🔥

なぜなら、「大会に出てみたい!️」というお客様にご案内する為です✨

私自身、大会に出たくてパーソナルを受けた経験があり、「大会優勝経験があったから。」そのトレーナーに教えてもらおうと決めました。
せっかく大会に出場するのであれば、経験者から教わりたいですよね😁笑
大会に出場したいお客様に満足していただけるよう、知識と経験を身につけていきます‼️

画像8

長文になりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました✨
次回は生理学について記事を書いていきます😊

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の石井健でした。
次回の記事もよろしくお願いします。

石井健,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:石井健

関連記事

パーソナルトレーナーの資格「NSCA」 その受験方法や合格率は?? (パーソナルトレーナー 資格 石井健)

パーソナルトレーナーの資格「NSCA」 その受験方法や合格率は?? (パーソナルトレーナー 資格 石井健)の画像

パーソナルトレーナーの資格「NSCA」 その受験方法や合格率は??

こんにちは!
前回のNSCAとはどういう資格かを述べましたので、今回は
目次

⚫︎費用⚫︎試験内容⚫︎受験方法⚫︎ 試験の難易度合格率
⚫️NSCA-CPTを取得する為の費用はいくらかかるの?
⚫️試験内容は?
⚫️ 試験の難易度合格率はどのくらい?
合格率👉65%❗️
それは資格の取得がお客様への信頼につながると信じているからです。
「高い費用と多くの時間を使ってまで資格を取得したという事は本気で仕事に取り組んでいる人」
属人性の高いパーソナル業界で結果を出すには、信頼される事が非常に大切です。少しでもお客様が安心していただけるよう、トレーニング同様、資格の取得にも力を入れていきます💪✏️

⚫︎費用
⚫︎試験内容
⚫︎受験方法
⚫︎ 試験の難易度合格率


前回よりも具体的に調べてみましたので、ご覧になっていただけると幸いです!

パーソナルトレーナーになる資格としてNSCAが必要

パーソナルトレーナーになる資格としてNSCAが必要の画像

パーソナルトレーナーになるにはNSCAという資格は必要ない?

私は現在、パーソナルトレーナーを目指していますので、どうすればパーソナルトレーナーになれるのかを調べてみました!