パーソナルトレーナーを目指す僕がボディーメイク大会(ベストボディー ジャパン)にトライする。Vol.#2


facebookInstagram

パーソナルトレーナーを目指す僕がボディーメイク大会(ベストボディー ジャパン)にトライする。Vol.#2

トレーナーが大会に出場する意味とは

糖質制限(ケトジェニック)や脂質制限(ローファット)などの食事指導をお客様にご案内することがあります。
食事指導をするにあたり、まず自分の身体で体験することがとても大事になります。


そして、お客様は期限を決めてパーソナルトレーニングへ入会している方がほとんどです。
一生に一度、極限まで頑張ってみようと意気込んでくる方々ばかりです。


大会に出場するということは、期限内にどこまで自分を追い詰めることができるのか挑戦するということです。その日に向けて自分がどれだけ身体を作れるか、その決まった期間で身体を作りあげたことがある!
その経験こそがお客様に共感し、寄り添うことができるパーソナルトレーナーになるために必要な要素なのです!!

多くの大会がある中でなぜベストボディー ジャパンを選択したのか

①年齢別である!!

肉体美のみを競うことになると、どうしても若い人には勝てない・・・
また、年齢が若いためトレーイング歴が浅くなってしまっている・・・
このようなハンデキャップを極力無くしてくれているのが嬉しい!

②筋肉量ではなく整っていることが重要視される!!

健康的なバランスの取れた引き締まったカッコいい身体や美しい身体を競う健康美コンテストです!
ムキムキの腹筋バキバキの方とは書かれていませんよね?
体の美しさを競うため、筋肉量が少ない方もしっかりと絞りを作ることができれば、十分にチャンスがあると思われます。

③開催数が非常に多い!!

ベストボディージャパンの大会は各都道府県で多く開催されています!
自分に合ったタイミングで何度でもエントリーすることが可能です。

大会で少しでもいい成績を残すために・・・

ベストボディー ジャパンの公式サイトには


健康的なバランスの取れた引き締まった
カッコいい身体や美しい身体を競う
年齢別健康美コンテスト


と書いてあるが・・・・
具体的に何をすればいいのかわからない!ということで、
ネットなどの情報を駆使して調査しました!!
その結果、次の5つが大切だと判明。

①:絞りを中心に行うこと
②:一箇所(肩だけ・胸だけなど)のみ強くしないこと
③:ロードマップの作成がしっかりできていること
④:ポージングがしっかりできていること
⑤:自分の身体に自信を持っていること

ロードマップの作成について

先ほどの5つのポイントの中で、
【ロードマップの作成】
が少しわかりにくいと思うので、補足させていただきます。


ロードマップとは計画のことです。

大会という目標に向かってどういうスケジュールで食事やトレーニングを行なっていくか綿密な計画を立てることを言います。


大会に優勝や入賞する方の【共通事項】として【何時に何を食べる】・【必ずこのトレーニングメニューをやる日】などルーティンがあります


決めたスケジュールをいかに確実にこなせるかがバランスのとれた身体、引き締まった身体を作るということに繋がります。
自身のスケジュールや時間コントロールをいかに上手にできるかがポイントになるわけです。
大会に出ることが、肉体だけでなく、自分の内面も大きく成長させてくれるのは間違いありません。

ポージングがとても重要!!

ベストボディー ジャパンには規定のポーズがあります。
この規定ポーズをしっかり取れないと減点対象になってしまいます。


ポージングで失敗することは許されません・・・
そのため大会までにしっかりと何度も鏡をみて練習する必要があります!

ベストボディージャパンが開催するポージングの講習会などを利用するのも良いかもしれません。

まとめ

ベストボディー ジャパン出場のためのポイントや注意事項をまとめてみました。
パーソナルトレーナーになるために大会出場の経験は【食事】・【肉体】・【メンタル】全てにおいてプラスの経験になると思います。
2019年7月28日 ベストボシージャパン東京大会にチャレンジしますので応援よろしくお願いします!
次回は、ベストボシージャパン出場にかかる実際の費用についてです!!

記事の担当者

中島 和也(なかじま かずや):トレーナーズラボ 研究生

関連記事

パーソナルトレーナーを目指す僕がボディーメイク大会(ベストボディー ジャパン)にトライする。Vol.#3

パーソナルトレーナーを目指す僕がボディーメイク大会(ベストボディー ジャパン)にトライする。Vol.#3の画像

パーソナルトレーナーを目指す僕がボディーメイク大会(ベストボディー ジャパン)にトライする。Vol.#3

パーソナルトレーナーを目指す僕がボディーメイク大会(ベストボディー ジャパン)に挑戦することにしました。
トレーナーが大会に出場するということは、期限内にどこまで自分を追い詰めることができるのか挑戦するということです。
その日に向けて自分がどれだけ身体を作れるか、その決まった期間で身体を作りあげたことがある!
その経験こそがお客様に共感し、寄り添うことができるパーソナルトレーナーになるために必要な要素だと思われます!!
今回は、ベストボディジャパンに出場するのに実際にいくらくらいかかるのか!!!
始めて出場する方への疑問を詳しく調べてみました。

パーソナルトレーナーを目指す僕がボディーメイク大会にトライする。Vol.#1

パーソナルトレーナーを目指す僕がボディーメイク大会にトライする。Vol.#1の画像

パーソナルトレーナーを目指す僕がボディーメイク大会(ベストボディー ジャパン)にトライする。Vol.#1

前回の記事でも書いたようにボディーメイクの国内大会は
【ベストボディージャパン】
【サマースタイルアワード】
この2つが有名です。
私はまだゴリゴリのマッチョでもなく、ボディービルディングやフィジークの大会はかなりハードルが高いと思われたため、
まずはボディーメイクの大会に出ようと思いました。

ボディービルディング!?・フィジーク!?・ボディーメイキング!?どんな大会があるのか??

ボディービルディング!?・フィジーク!?・ボディーメイキング!?どんな大会があるのか??の画像

ボディービルディング!?・フィジーク!?・ボディーメイキング!?どんな大会があるのか???

体を自分で作り上げたことがある・・・・・
その経験をしたことがあるという事実は、自身が今後トレーナーをしていく中でとても大切になります。
体を作り上げる基準として大会に向けて調整をするというのは、ゲストからの【◯◯までに痩せたい・・・】といったニーズにも対応できる能力をつけることになると思われます。
では一体、どのような大会があるのが、今回は調べてみました。