パーソナルトレーナーや運動、ボディメイクに必要な生理学、ホルモンについて

前回に引き続き生理学のご紹介です!今回は、生理学を学んだ上でダイエット法(ケトジェニックダイエット)と生理学の知識と共に投稿していきたいと思います。


facebookInstagram

パーソナルトレナーに生理学の知識は必要?【vol.2】

前回に引き続き生理学のご紹介です!

今回は、生理学を学んだ上でダイエット法

(ケトジェニックダイエット)と         生理学の知識と共に投稿していきたいと    思います。

〜目次〜
6・糖新生とは
7・運動強度と運動持続時間について                   (エネルギー供給の観点から)
8・ホルモンとは
9・ボディーメイクに関わるホルモンについて      <インスリン>
10・ボディーメイクに関わるホルモンについて<グルカゴン>
11・ボディーメイクに関わるホルモンについて<成長ホルモン>
12・ボディーメイクに関わるホルモンについて<エストロゲン・プロゲステロン>
13・ボディーメイクに関わるホルモンについて<コルチゾール>
14・ボディーメイクに関わるホルモンについて<甲状腺ホルモン>

画像7

【ケトジェニックダイエットとは?】

簡単にご紹介させていただきます。

ケトジェニックとは、十分な量のタンパク質と 大量の脂肪を摂取し、炭水化物を可能な    限り避ける食事療法の一種である。

<ケトジェニック食事法を成功させるための   5つルール>

①糖質のコントロール

・総摂取カロリーの10%          糖質(60g以下)

②タンパク質の摂取

・総摂取カロリーの30%

③良質な脂質の摂取

・総摂取カロリーの60%

・オメガ3脂肪酸(DHA、EPA)                                                魚油、えごま油、亜麻仁油など

・オメガ9脂肪酸                                                   オリーブオイル、キャノーラ油、イーナッツ油 パーム油、菜種油、米油など

④食物繊維繊維の摂取

・1日20gの食物繊維

⑤ビタミン、ミネラルの摂取

ダイエットの成功のためには         しっかりとビタミン、ミネラルを摂って    代謝を促進させ食物繊維をしっかり摂って   腸内環境を整えることがとても大切です。

これから5つのポイントを抑えてダイエットを  初める効率よく進めていけます!

画像7

6【糖新生とは】              糖新生とは、エネルギー産生の主要物質であるグルコースが不足した際などに、グリセロール(脂質)、アミノ酸、乳酸など、糖質ではない物質からグルコースを生成することをいいます。

糖新生、糖質代謝などに用いられるアミノ酸を「糖原性アミノ酸」と呼びます。糖原性アミノ酸は種類が多いので、次のケト原性アミノ酸と、両方に該当するアミノ酸を覚えて        それ以外のアミノ酸は糖原性アミノ酸と考える のがおすすめです。

ケトン体合成や、脂肪酸合成に用いられるアミノ酸を「ケト原性アミノ酸」と呼びます。具体的には、ロイシン、リジンです。

糖原性アミノ酸であり、ケト原性アミノ酸でもあるのが、イソロイシン、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファンです。イソロイシン以外はいわゆる芳香族アミノ酸です。

画像3

7【運動強度と運動持続時間について】            (エネルギー供給の観点から)

*前回、と重なる部分がございますが     ご紹介させていただきます、

①解糖系機構

「速い解糖」
速いエネルギー供給が必要な場合に使用され無酸素的解糖とも呼ばれています。

「遅い解糖」
エネルギー要求が高くなく 細胞内の酸素量が十分な場合に動員され 有酸素的解糖とも呼ばれています。

解糖系機構の                運動強度と継続時間について

解糖系機構(無酸素系)は          二つのルートに分かれる

・速い解糖
継続時間  6〜120秒
運動強度  かなりきつい・きつい

・遅い解糖
継続時間  2分〜3分
運動強度  普通

②ホストファゲン機構

使用され時間は非常に短い!                                そのため、ホストファゲン機構だけでは   ATPの再合成をする事ができないので     他にも二つの機構が存在しております。

・ホストファゲン機                                              の運動強度と継続時間について

ホスファゲン機構(無酸素系)
継続時間=0〜6秒
運動強度=非常にキツイ

③酸化系機構

安静時や有酸素運動中のエネルギー供給源になります。ATP生産には炭水化物と脂肪が使用されています。
安静時に使用されるエネルギーは70%が脂質、30%が炭水化物から供給されています。
運動強度が上がるにつれて使用されるエネルギー源が脂質から炭水化物へと移行します。

酸化系機構の                運動強度と継続時間について

酸化系機構(有酸素系)
継続時間  3分以上
運動強度  軽い

画像5

8 <ホルモンとは>

ホルモンとは内分泌腺や特定の細胞など    身体の中で作られている化学伝達物質です。

内分泌腺には、脳下垂体(のうかすいたい)  甲状腺(こうじょうせん)、副甲状腺、副じん      すい臓、生殖腺(せいしょくせん)などがあり

それぞれにちがったはたらきの                             ホルモンが作られています。                                 ホルモンは血液によって全身に送られ                   内臓の機能やからだの調子を整えるような           さまざまなはたらきをしています。

画像5

【ボディーメイクに関わるホルモン】
100種類以上あると言われているホルモンの中で 知っておきたいホルモンを6つご紹介致します!

9 <インスリン>

インスリン(インシュリン)は        膵臓から分泌されるホルモンの一種です。   血糖値を下げる働きをするホルモンは     インスリンだけです。

食後に血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が   上昇すると、それに反応して膵臓からインスリンが分泌されます。細胞の表面にはインスリン  受容体があり、インスリンがこの受容体に   結合することで、細胞は血液中のブドウ糖を  とりこみ、エネルギー源として利用します。  余ったブドウ糖はグリコーゲンや中性脂肪に  合成され蓄えられますが           その合成を促進するのもインスリンの働きです。

トレーニング中、インスリンが不足だと    粘れないため必要とさせております。

10 <グルカゴン>

グルカゴンは29のアミノ酸がくっ付いて    できているペプチドホルモンの一種      主に膵臓のランゲルハンス島から分泌される  ほか、胃や十二指腸などの消化器官からも   分泌されることがわかっています。

骨格筋中の血中アミノ酸も肝臓の中で糖に変えて血糖値を一番よい状態で安定させることも   グルカゴンが担っています。

11 <成長ホルモン>

成長ホルモンは、脳から出た指令を受けて   下垂体から分泌されます。          そして肝臓や筋肉、脂肪などのさまざまな臓器で行われている代謝を促進します。       肝臓では成長ホルモンを仲介するIGF-I(ソマトメジン-Cとも呼ばれます)という物質が作られています。

他にトレーニングを行うと分泌が活性化する  ことで有名なホルモンといえば       「成長ホルモン」です。           成長ホルモンにはたんぱく質を合成し     筋肉をつけたり脂質の代謝を促して      体脂肪の蓄積を抑えたり体脂肪を燃焼させる  働きがあります。

12 <エストロゲン・プロゲステロン>

・エストロゲンは、一般的には8・9歳頃から 卵巣で分泌され女性らしいからだ作りを助ける ホルモンです。               肌や髪の潤いを守ったり女性特有の丸みを帯びたカラダをつくったり女性のカラダ全体の健康を 支える役割も果たします。
また脳や自律神経にも働きかけるため     女性の心身に大きく影響するのが特徴です。

プロゲステロンは、受精卵の着床のために子宮内膜を整えたり基礎体温を上昇させたりする働きが あるなど妊娠維持に活躍します。
体内に水分を保つ作用もあり         生理前に体に変化が現れるのは        プロゲステロンの働きと言われています。

13 <コルチゾール>

コルチゾールは、副腎皮質から分泌される   ホルモンの一種です。
心身がストレスを受けると          急激に分泌が増えることかことら      「ストレスホルモン」とも呼ばれています。

ストレスは、心に影響するだけではなく    肉体にも具体的な変化を与えます。      なので栄養、運動、休養                                         3つのバランスを保ちストレスフリーな     生活を心がけていきましょう!

14 <甲状腺ホルモン>

甲状腺ホルモンとは 食物として摂取された   たんぱく質、脂肪、炭水化物は代謝され    体の組織を作る材料や体を動かす       エネルギー源として利用されます。

甲状腺ホルモンにはこのような新陳代謝の過程を刺激し促進する作用があります。                         また胎児の発育や子どもの成長にも      重要な役割を持っています。

画像6

<まとめ>

生理学を学び、               ダイエットのメカニズムやホルモンの役割   分泌方法を知る事で効率的かつ適切なダイエットを行えると思って頂けたのではないでしょうか!

ダイエット、筋肥大、健康維持
それぞれニーズのお客様をサポートできるよう これからも学び続けていきます。

今回の記事は以上となります。
最後までご清聴ありがとうございました!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の武下旭でした。
次回の記事もよろしくお願いします。

武下旭,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:武下旭

関連記事

パーソナルトレナーに栄養学の知識は必要?【vol.2】(パーソナルトレーナー 資格 武下旭)

パーソナルトレナーに栄養学の知識は必要?【vol.2】(パーソナルトレーナー 資格 武下旭)の画像

パーソナルトレナーに栄養学の知識は必要?【vol.2】

今回はタンパク質ついてご紹介します!

〈目次〉
1.【タンパク質の働き】
2.【タンパク質を多く含む食材】
3.【プロテインについて】
4.【おすすめプロテイン3選】
5.【まとめ】

パーソナルトレナーに栄養学の知識は必要?【vol.1】(パーソナルトレーナー 資格 武下旭)

パーソナルトレナーに栄養学の知識は必要?【vol.1】(パーソナルトレーナー 資格 武下旭)の画像

パーソナルトレナーに栄養学の知識は必要?【vol.1】

私たちの身体は食べた物により構成されていますダイエットや健康を語る上で栄養の知識は   重要です!

食事の案内やボディメイクの指導を行う    パーソナルトレーナーには必要な知識では   ないでしょうか。              今回は、栄養学の知識と共に重要性を     ついて学んで行きましょう。

〈目次〉
1.【5大栄養素とは?】
2.【糖質の働きと種類】
3.【GI値とは?】
4.【脂質の働きと種類】
5.【脂肪酸の種類】
6.【まとめ】

パーソナルトレナーに生理学の知識は必要?【vol.1】 (パーソナルトレーナー 資格 武下旭)

パーソナルトレナーに生理学の知識は必要?【vol.1】 (パーソナルトレーナー 資格 武下旭)の画像

パーソナルトレナーに生理学の知識は必要?【vol.1】

パーソナルトレーナーに生理学は       私は必要だと思います!!

生理学を学ぶ事により、人体の各部がどのように働き、どのような仕組みなのかを知ることができます。

色んな働きなどを理解した上でないと     正しいダイエット指導、ボディメイクは行えないと考えています!

そこで今回はボディメイクやダイエットにも  役立つ、生理学の知識をご紹介致します。