TRAINER'S LABとは


facebookInstagram
topBg - 06(ms49.5s)

TRAINER’S LABとは

『人を健康で幸せにしたい』

漠然としたこの想いを何の根拠もなく、『これをもって人の役に立ちたい』、18年前、駆け出しの運動指導者であったころからずっと願ってまいりました。しかし、当時の私はその想いをどう社会へ表現するか明確にはなっていませんでした。

フィットネスインストラクターとして勤めていくうちに『あなたのおかげで体がとても楽になったよ』『最近疲れにくくなって、休みも外へ出掛けることが多くなりました』『次回も是非あなたに指導してもらいたい』『今度は何曜日の何時にいらっしゃいますか?その時間に合わせてトレーニングを受けに伺います』『他のトレーナーさんも良かったけど、あなたが一番私に合ったから・・・』これらの言葉をゲストの方から頂けて、もっとお客様により良い運動を、もっと素敵なライフスタイルを、さらに良きゲストのサポーターになり続けたいと、心から思うことが出来ました。

その想いを最も適した形で表現できる職業、それがパーソナルフィットネストレーナーであることを知ったのです。パーソナルトレーナーは肉体美を提供してくれるだけではなく、健康やライフスタイルへの考え方を変化させ、向上させることが出来る職業だと知ったのです。つまり、この職業はヒトの人生をより豊かに、より素晴らしい未来へ変える可能性に満ちているのです。

【次はこれを目指したい!】 【私もあのような格好にチャレンジしたい!】

ゲストへ私がサポートさて頂く時間が長くなるにつれて、『その先にあるもの』に目を向けているゲストの懸命な姿に私自身も成長しなくてはならない、いや、成長したいと常に思えるようになり、その想いもどんどんと強くなりました。

私は、多くのゲストをサポートさせて頂いた経験から、パーソナルトレーナーという職業が人々に与えるエネルギーがとても大きいものだと深く実感いたしました。

自分自身がトレーナーという職業を生業として18年が経過し、私が初めて喜びの声を頂いたお客様にどこまで生活改善・運動の価値・人生のサポートが出来たのか、その答えはまだ出ていないかもしれません。

ただ、今まで関わってきた多くの方に【ありがとう】と言われた時、自分がやってきた仕事が間違っていなかった、この仕事を選んで良かったと心から自信を持って言うことができます。

世の中にいる全ての人達に、【かかりつけパーソナルトレーナー】がいる。いつでも気軽に寄り添えるパーソナルトレーナーがいる。かかりつけの医者よりも、もっと気軽に自分の身体の相談をできる人、パーソナルトレーナーという人がいる。そんな世の中に本気でなってほしいと思っています。

パーソナルトレーニングは若い人達のものだけではあません。今後、超高齢化社会を迎える日本において、疾病予防の観点からも、パーソナルトレーナーはもっともっと多くの現場で必要とされることでしょう。

アフターケアのプロが介護職であり、介護業界の人材不足はすでに指摘されております。今後は予防医学が中心となり、予防のためのプロフェッショナルが必要になるのは時間の問題です。

今後の日本ではトレーナーという職業が、最も頼りにされ、必要となる職業になることは間違いありません。

より多くのプロフェッショナル・パーソナルトレーナーを世の中に輩出することを私の次の使命として、この業界に携わっていきたい。それが私の夢です。

そして、それを実現するために、この【TRAINER’S LAB】を創設いたしました。

松尾 茂