パーソナルトレーナーが語る、ボディメイクに関わる生理学、ホルモンについて(パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)

前回の続きです。生理学vol.2ということで調べた内容を書いていきます。


facebookInstagram

パーソナルトレーナー目線での生理学vol.2

前回の続きです。

生理学vol.2ということで調べた内容を書いていきます。

●6 糖新生とは

定義としては、

”糖以外の物質から糖を生成する経路”のことを示します。

では、どのような場面で糖新生が起きるのでしょう。

人間は普段、糖をエネルギーとして活動しています。

ですので、十分に栄養(糖)がある状態では、糖新生は起きにくいです。

ボディメイクにおいて、ダイエットでは、いずれかの栄養素をコントロールして、アンダーカロリーに摂取カロリーを留める必要があります。

このように、ダイエットの場面で、”糖新生”は起きやすくなります。

●7 運動強度と運動持続時間について(エネルギー供給の観点から)

前回の記事でエネルギー機構について書きましたが、

それらを図にして、ご紹介します。

画像2

このように運動の継続時間や強度によって

使われるエネルギー機構は変化しています。

ですので、目的に合わせて選択していく必要があります。

●8 ホルモンとは

ホルモンとは、内分泌腺という細胞でつくられ、血液中を流れ、別の特定の細胞で作用するものです。

量がごくわずかで、50mプールにスプーン1杯入れただけでも効果があるくらいとても微量なものです。

このホルモンが体にどのような影響を与えているのでしょう。

今日はホルモンの種類について、学びましたので記載していきます!

●9 ボディメイクに関わるホルモン〈インスリン〉

インスリンは、ホルモンの中で唯一”血糖値を下げる”働きがあります。

インスリンは同化ホルモンであり、筋合成に強く貢献します。

バルク期には、いかに適切なタイミングで糖質を摂取し、インスリンを上手に扱っていくかが大きなポイントになってきます。

●10 ボディメイクに関わるホルモン〈グルカゴン〉

グルカゴンは、インスリンとは対の働き

つまり、”血糖値”を上げるホルモンです。

ダイエット中など、糖質をコントロールした際に分泌が多くなります。

これは、”異化ホルモン”であり、筋分解を誘発させてしまうので、

グルカゴンをなるべく出さないためにも、血糖値を一定に保つ努力が必要です。

●11 ボディメイクに関わるホルモン〈成長ホルモン〉

成長ホルモンは、”脂肪細胞から脂肪酸の放出を刺激する”働きがあるホルモンです。

血中乳酸濃度の上昇を感知して、分泌が促されます。

ですので、分泌を促すためには、

10RMを3セット rest1分など

乳酸をためるようなトレーニングを推奨します。

時間帯にも、関係があり、22時〜2時に分泌が上昇するため、早めの就寝も役立ちます。

●12 ボディメイクに関わるホルモン〈エストロゲン・プロゲステロン〉

こちらは、女性ホルモンです。

生理周期の際に、こちらのホルモンが活発化します。

エストロゲンが増加すると、

・痩せやすくなる

・気分が明るくなる

・活動的になる

などいいことが多いですが、

プロゲステロンが増加すると

・むくみやすくなる

・便秘になりやすくなる

・気分が不安定になる

など、ダイエット中には、望ましくない状態です。

女性の方で、この時期に、測定値が変動し、やる気が削がれてしまう方が多いですが、

これらは一時的なもので、生理が終わると、もとの数値に戻ります。

ですので、この時期も、めげずにコントロールした食事を続けていきましょう!

私も、トレーナーとしてそのようなお客様をもった際は、言葉がけで応援して参ります!

●13 ボディメイクに関わるホルモン〈コルチゾール〉

コルチゾールは別名、ストレスホルモンとも呼ばれ、

トレーニーからは、忌み嫌われている言葉です。笑

タンパク質分解酵素の増加、異化作用、筋力の低下など、筋肉を細くしてしまう作用があります。

なるべく、分泌させないようにしていきたいものです。

●14 ボディメイクに関わるホルモン〈甲状腺ホルモン〉

甲状腺から分泌されて、全身の細胞に作用して、細胞の代謝を上昇させるアミノ酸誘導体のホルモンです。

こちらは、全身に関与します。

もし、パーソナルを受けられる方で、甲状腺について、医師からなんらかの助言、処方を受けた方は、ぜひトレーナーへひとこと伝えていただきますと、その後のご案内がしやすくなりますので、ぜひおっしゃってください。

●15 生理学を学んだ感想

普段、生活していると、ホルモンバランスが。。

などと心配することはないですが、

体にとって大きな役割をもっていることを再確認できました。

人それぞれ10人10色、それ以上違います。

それと同じでダイエットの手法も人によって効果の差は出てきます。

学んだことを、ゲストの悩みを解決することで、還元していきたいと思います。

次回は、栄養学について記載します!

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
パーソナルトレーナースクールに通学し、プロのトレーナーとして資格取得を目指して勉強中の渡辺亮俊でした。
次回の記事もよろしくお願いします。

渡辺亮俊,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:渡辺亮俊

関連記事

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがローファット(低脂質)ダイエットに挑戦! (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがローファット(低脂質)ダイエットに挑戦! (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)の画像

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがローファット(低脂質)ダイエットに挑戦!

さて、前回は、ケトジェニックダイエットの実践編を投稿しましたが、

今回は、ローファットダイエットについてです。

今回はケトジェニックダイエットからローファットへの移行だったので、

炭水化物への体の反応が鋭いタイミングとなります!

体内に蓄えようとしますので、

できれば、3日〜1週間程度慣らす期間(ケトジェニック食から、ローファット食への移行期間)があると尚良いです。

私も初日から、1週間はそのように行いました。

ここで、ドカンと摂りすぎると体脂肪へ溜め込みやすくなりますので、ご自身の現在の食事を踏まえ、注意して取り組みましょう!

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがケトジェニックダイエットに挑戦! (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがケトジェニックダイエットに挑戦! (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)の画像

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがケトジェニックダイエットに挑戦!

今回は、ケトジェニックダイエットの実践編です!


これまでにケトジェニックを経験している私にとっては、2度目のケト!

前回は、決してうまくいったとはいかない結果でした。

果たして、栄養学と生理学を駆使して今回はどうなったのでしょうか。。。

パーソナルトレーニングを受けたい!ケトジェニックって?? (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)

パーソナルトレーニングを受けたい!ケトジェニックって?? (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)の画像

パーソナルトレーニングを受けたい!ケトジェニックって??

●イントロダクション

ダイエットが目的でパーソナルトレーニングの体験に行ってみると、

”ケトジェニックダイエット”を提案される場合が多いはずです。

なぜなら、

①脂肪燃焼のペースが早い!

②脂っこいものを摂取できる!

 ステーキ、チーズ、ウインナーなどもOK!(パサパサした鶏むね肉などは不向きなんです!)

(他にも免疫向上、肌の調子が良くなる、内臓脂肪が減りやすい、などなどメリットはたくさんあります)

このように、今までのよくある「ダイエットって、”脂っこいものを避ければいいのよねぇ”と考えている方にとっては、驚くような食事法のはずです。

長々と話しましたが、そもそも

「ケトジェニックってなんやねん!!そもそもどうやったら痩せるの??」という方に向けて

●ケトジェニックダイエットとは?

●基礎代謝

●PFCバランス

●ケトジェニックの実際の方法(計算の仕方など)

こちらについて記載していきます。