パーソナルトレーナーには資格以外にも生理学知識が必要(ATPとエネルギー機構について)

パーソナルトレーナーとして、お客様の理想のお体に導くのが1番の役目ですが、ただ単に、”痩せた”だけでは何のメリットもありません。なぜ”痩せたのか”根拠をもって、ご案内するためにも、「生理学」の知識はもっておくべきと考えます。


facebookInstagram

【生理学】パーソナルトレーナー目線での生理学vol.1

●イントロダクション

パーソナルトレーナーとして、お客様の理想のお体に導くのが1番の役目ですが、ただ単に、”痩せた”だけでは何のメリットもありません。

なぜ”痩せたのか”根拠をもって、ご案内するためにも、「生理学」の知識はもっておくべきと考えます。

●1 異化と同化

まず、はじめに異化と同化です。

人間の状態は、食事摂取や運動によって主に2つの状態に分けられます。

それは”異化”と”同化”です。

異化とは、別名(カタボリック)とも呼ばれます。

ここでは、大きな分子を小さな分子に分解し、エネルギーを作り出している状態です。

同化とは、別名(アナボリック)とも呼ばれます。

先ほどとは逆で、小さい分子を大きい分子に合成することです。

ボディメイクにおいては、この異化と同化を使い分けることが非常に重要となってきます。

ダイエットをするときには、異化(カタボリック)状態に傾きやすい状態なので、なるべく、その作用を抑制しながら進めることが、理想の身体づくりにつながってきます。

●2 ATPとは

ATPとは、アデノシン三リン酸のことです。

ATPは、主に筋肉で使われます。

身体に貯蔵できる量には、限度があるので、

活動しつづけるためには、ATPの供給もしくは、再合成が必要になるため、分解の作用が起きます。

ATPの再合成には、以下3つの機構があります。

①ホスファゲン機構

②解糖系機構

③酸化機構

これからこの3つの役割について記述していきます。

●3 ATPの作り方①ホスファゲン機構

ここでは、ATPとクレアチンリン酸が再合成に用いられます。

場面で言うなら、非常にきつい強度の際に、この機構が使われて、エネルギーを供給します。

トレーニングで言えば、

1~5RMの高強度の際に積極的にこの機構が用いられます。

この機構は、生産速度は最も速いですが、生産量は少ないです。

例をあげると、

高強度のトレーニングをマラソンのように継続できませんよね。

その場合にこの機構が使われている訳です。

●4 ATPの作り方②解糖系機構

次に解糖系機構です。

場面で言うと、きつい強度の際に、この機構が使われて、エネルギーを供給します。

トレーニングで言えば、

10~15RMほどの強度の際にこの機構が用いられます。

この機構は、生産速度はホスファゲンには劣りますが、生産量は少し増えます。

トレーニングの際も、1~5RMに比べれば、10~15RMは少し長く活動できますよね。

その場合にこの機構が使われています。

●5 ATPの作り方③酸化機構

最後に酸化機構です。

場面で言うと、普通もしくは軽い強度の際に、この機構が使われて、エネルギーを供給します。

トレーニングで言えば、

20reps以上の軽強度やウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動の際にこの機構が用いられます。

こちらは、生産速度は最も遅いですが、生産量はとても多く、長い時間、筋活動を行うことができます。

●6 まとめ

①ホスファゲン機構

②解糖系機構

③酸化機構

それぞれに活動場面が違い、長所・短所があるということです。

より強い力を発揮する

ホスファゲン機構

長い時間活動できる

酸化機構

その中間の

解糖系機構

「今、この機構だな」

なんて考えながら、トレーニングに臨むと、

マッスルコントロールのように、意識して、

取り組むことができるかもしれませんよ^^

次回は【生理学vol.2】として、記事を書きます。

ぜひまた、読みに来てください!

渡辺亮俊,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:渡辺亮俊

関連記事

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがローファット(低脂質)ダイエットに挑戦! (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがローファット(低脂質)ダイエットに挑戦! (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)の画像

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがローファット(低脂質)ダイエットに挑戦!

さて、前回は、ケトジェニックダイエットの実践編を投稿しましたが、

今回は、ローファットダイエットについてです。

今回はケトジェニックダイエットからローファットへの移行だったので、

炭水化物への体の反応が鋭いタイミングとなります!

体内に蓄えようとしますので、

できれば、3日〜1週間程度慣らす期間(ケトジェニック食から、ローファット食への移行期間)があると尚良いです。

私も初日から、1週間はそのように行いました。

ここで、ドカンと摂りすぎると体脂肪へ溜め込みやすくなりますので、ご自身の現在の食事を踏まえ、注意して取り組みましょう!

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがケトジェニックダイエットに挑戦! (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがケトジェニックダイエットに挑戦! (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)の画像

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがケトジェニックダイエットに挑戦!

今回は、ケトジェニックダイエットの実践編です!


これまでにケトジェニックを経験している私にとっては、2度目のケト!

前回は、決してうまくいったとはいかない結果でした。

果たして、栄養学と生理学を駆使して今回はどうなったのでしょうか。。。

パーソナルトレーニングを受けたい!ケトジェニックって?? (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)

パーソナルトレーニングを受けたい!ケトジェニックって?? (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)の画像

パーソナルトレーニングを受けたい!ケトジェニックって??

●イントロダクション

ダイエットが目的でパーソナルトレーニングの体験に行ってみると、

”ケトジェニックダイエット”を提案される場合が多いはずです。

なぜなら、

①脂肪燃焼のペースが早い!

②脂っこいものを摂取できる!

 ステーキ、チーズ、ウインナーなどもOK!(パサパサした鶏むね肉などは不向きなんです!)

(他にも免疫向上、肌の調子が良くなる、内臓脂肪が減りやすい、などなどメリットはたくさんあります)

このように、今までのよくある「ダイエットって、”脂っこいものを避ければいいのよねぇ”と考えている方にとっては、驚くような食事法のはずです。

長々と話しましたが、そもそも

「ケトジェニックってなんやねん!!そもそもどうやったら痩せるの??」という方に向けて

●ケトジェニックダイエットとは?

●基礎代謝

●PFCバランス

●ケトジェニックの実際の方法(計算の仕方など)

こちらについて記載していきます。