パーソナルトレーナーの資格NSCA-CPT について

パーソナルトレーナーになりたい!と志し、調べてみるとよく目にするのが″NSCA″という資格です。結論から述べると、″NSCA″の資格はパーソナルトレーナーとして最低限必要な資格であると私は考えます。では、これからNSCAの資格についてまとめていきます。


facebookInstagram

パーソナルトレーナーに資格は必要?NSCA-CPTについて

パーソナルトレーナーになりたい!と志し、調べてみるとよく目にするのが″NSCA″という資格です。結論から述べると、″NSCA″の資格はパーソナルトレーナーとして最低限必要な資格であると私は考えます。
では、これからNSCAの資格についてまとめていきます。

●NSCAという団体について
・NSCA(National Strength and Conditioning Association )とは、ストレングストレーニングとコンディショニング に関する国際的な教育団体として1978年、本部が米国に設立されました。
世界76の国と地域において会員が活動しており、実践と研究から得られた最先端の情報を世界に配信し続けています。科学者とスポーツ指導者の橋渡し役を使命として、活動を行っている団体です。

・NSCAジャパン
NSCAの日本支部として1991年に設立されました。研究に裏付けされたストレングス&コンディショニングに関する知識を普及させ、子どもから高齢者にいたる全ての人々の健康増進と、アスリートの競技力向上および傷害予防の支援を使命として活動しています。
●NSCA-CPTとNSCA-CSCSの違いについて
NSCAの資格は、米国基準で作成されているため、日本語で受けられる資格としては、
NSCA-CPTとNSCA-CSCSの2つです。
それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

◎NSCA-CSCS
指導対象:アスリート、スポーツチーム
難易度:高
安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を有する人材を認定する資格です。筋力トレーニングやほかの体力要素の指導だけでなく、施設を運営、管理することも重要な職務となります。また、栄養、ドーピング、生活習慣に関する指導など、教育者的側面も併せもっています。
取得者:ストレングスコーチ、アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー、医師、フィットネスインストラクター、研究者

◎NSCA-CPT
指導対象:年齢・性別・経験を問わず幅広い層の人々
難易度:中
健康と体力のニーズに関して、評価・動機づけ・教育・トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う、優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。
トレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要となります。
取得者:パーソナルトレーナー、フィットネスインストラクター、スポーツ指導者、理学療法士、柔道整復師

つまり、
CSCSは、アスリートに向けた指導知識が問われる。
CPTは、一般の方に対して、指導する知識が問われる。
パーソナルトレーナーを目指すのであれば、まずは、NSCA-CPTの取得を目指しましょう。
●資格取得条件について(CPT)
1.NSCAジャパン会員である
2.満18歳以上
3.高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)合格者
4.有効なCPR/AEDの認定者(※)下記必須
※講習会の中に実技評価が含まれていること(オンラインのみのコースは不可)
※傷病者の対象が成人であること
5.NSCA-CPT認定試験に合格

次回は・・・

●費用は?(CPTについて)

●受験方法は?(CPTについて)

●試験内容は?(CPTについて)

●試験の難易度合格率は?(CPTについて)

について書いていきます!

渡辺亮俊,パーソナルトレーナースクール,パーソナルトレーナー,パーソナルトレーナー資格,パーソナルジム

記事の担当者:渡辺亮俊

関連記事

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがローファット(低脂質)ダイエットに挑戦! (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがローファット(低脂質)ダイエットに挑戦! (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)の画像

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがローファット(低脂質)ダイエットに挑戦!

さて、前回は、ケトジェニックダイエットの実践編を投稿しましたが、

今回は、ローファットダイエットについてです。

今回はケトジェニックダイエットからローファットへの移行だったので、

炭水化物への体の反応が鋭いタイミングとなります!

体内に蓄えようとしますので、

できれば、3日〜1週間程度慣らす期間(ケトジェニック食から、ローファット食への移行期間)があると尚良いです。

私も初日から、1週間はそのように行いました。

ここで、ドカンと摂りすぎると体脂肪へ溜め込みやすくなりますので、ご自身の現在の食事を踏まえ、注意して取り組みましょう!

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがケトジェニックダイエットに挑戦! (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがケトジェニックダイエットに挑戦! (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)の画像

[生理学と栄養学をフル活用!]パーソナルトレーナーがケトジェニックダイエットに挑戦!

今回は、ケトジェニックダイエットの実践編です!


これまでにケトジェニックを経験している私にとっては、2度目のケト!

前回は、決してうまくいったとはいかない結果でした。

果たして、栄養学と生理学を駆使して今回はどうなったのでしょうか。。。

パーソナルトレーニングを受けたい!ケトジェニックって?? (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)

パーソナルトレーニングを受けたい!ケトジェニックって?? (パーソナルトレーナー 資格 渡辺亮俊)の画像

パーソナルトレーニングを受けたい!ケトジェニックって??

●イントロダクション

ダイエットが目的でパーソナルトレーニングの体験に行ってみると、

”ケトジェニックダイエット”を提案される場合が多いはずです。

なぜなら、

①脂肪燃焼のペースが早い!

②脂っこいものを摂取できる!

 ステーキ、チーズ、ウインナーなどもOK!(パサパサした鶏むね肉などは不向きなんです!)

(他にも免疫向上、肌の調子が良くなる、内臓脂肪が減りやすい、などなどメリットはたくさんあります)

このように、今までのよくある「ダイエットって、”脂っこいものを避ければいいのよねぇ”と考えている方にとっては、驚くような食事法のはずです。

長々と話しましたが、そもそも

「ケトジェニックってなんやねん!!そもそもどうやったら痩せるの??」という方に向けて

●ケトジェニックダイエットとは?

●基礎代謝

●PFCバランス

●ケトジェニックの実際の方法(計算の仕方など)

こちらについて記載していきます。