日本のパーソナルトレーナー資格 日本トレーニング指導者協会『JATI』とは? 〜その1〜


facebookInstagram

日本のパーソナルトレーナー資格 日本トレーニング指導者協会『JATI』とは? 〜その1〜

パーソナルトレーナーと言われる職業に有益ないくつかの資格があります。
代表的な資格として、NESTA,NSCAがあります。
どちらもアメリカの団体の資格ですが、実は国内にもトレーナーの資格があります!!!
それが、日本トレーニング指導者協会『JATI』です!
この記事では『JATI』を徹底的にご紹介してまいります!!!!

目次
• そもそも、JATIとは???
• 資格取得方法と効率の良い勉強法とは??
• 意外な落とし穴な勉強方法がある・・・???

〜そもそも、JATIとは???〜

JATIとは日本トレーニング指導者協会が、
一般人からトップアスリートまで、あらゆる対象や目的に応じて、
科学的根拠に基づく適切な運動プログラムの作成と指導ができる専門家であることを証明する資格です!!


そして、国内唯一の資格!!!

資格取得方法と効率の良い勉強法とは??

JATIをわかったところで、具体的な取得の方法をご紹介!!!

資格を取るために何が必要?


JATI-ATIを取るためには、以下の受験資格を満たしていることが必須になります。
① : JATIに入会し、正会員であること
② : 養成講習会の受講および自己学習課題(ワークシート)の提出を終えていること


これだけを見ると、JATI-ATIの受験条件は意外と簡単?と思うかもしれません。


しかし、実は上記条件の1つであるJATI-ATI養成講座を申請するためには、

次の条件が必要なのです。
・4年制大学卒業者( 卒業見込み含む )
・短大、専門学校卒業者( 卒業見込み含む )
・職業能力開発大学校の専門課程修了者( 見込み含む)
・防衛大学校、海上保安大学校、気象大学校などの各省大学校修了者( 見込み含む )
・高卒以上で、運動指導歴が3年以上ある者


意外に厳しい・・笑
逆に言えば、それだけ「信頼」出来る資格!!!!

効率の良い勉強方法とは

効率の良い勉強法をご紹介!!!
実はシンプルなものです。。。


 テキストや問題集をひたすら、行う!!!


えっ、、、これだけ??汗


実は、問題集やテキストは用意されています。

その中に「出題される」問題は掲載されています
もう、とことんやるべきです!!

意外な落とし穴な勉強方法がある・・・???

ここまで来たら勉強するのみ!!!


しかし、1つ落とし穴があります。


それは、、、
「1人で勉強すること」
です!!


 これは絶対に 【ダメ!!!】


なぜ???
そもそも、JATIとはトレーナーの資格です。

トレーナーは「教わる」より「教える」のがメインの仕事です!!!!
誰かに客観的に評価をもらい改善点を見直す機会を得ることが大切です!!!

次回は、JATIの資格取得方法について具体的にご説明します。
お楽しみにっ!

記事の担当者

會澤 慎也(あいざわ しんや): トレーナーズラボ 研究生

関連記事

パーソナルトレーナーに必要な生理学 〜ATPについて〜

パーソナルトレーナーに必要な生理学 〜ATPについて〜の画像

パーソナルトレーナーに必要な生理学 〜ATPについて〜

パーソナルトレーナーは限られた時間と期間で最大の結果を出すことが求められます。
そして、その結果を出すことができるからこそ、お客様に求めらる【売れっ子パーソナルトレナー】になることが出来るのです。
そのためには、解剖学や栄養学のほか、しっかりとした『エビデンスに基づく生理学』の知識が必要不可欠です。
今回はパーソナルトレーナーに必要な【生理学】についてわかりやすく記事にいたしました。
〜ATP編〜です。

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.3 脂質

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.3 脂質の画像

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.3 脂質

パーソナルトレーナーとして働く・働きたい、ダイエットをしたい、などなど考えられている方へ、今回は、必ず抑えておきたい「脂質」についてです。
「脂質」はどちらかというと、「悪」とされやすい栄養素だと思われます。ですが、脂質の身体における働きを知り、「悪」なのか「良」なのか?判断していくために、「脂質」についてまとめていきます。

パーソナルトレーナーの集客方法:【セミナー】の開き方を考える

パーソナルトレーナーの集客方法:【セミナー】の開き方を考えるの画像

パーソナルトレーナーの集客方法:【セミナー】の開き方を考える

パーソナルトレーナーの集客方法として【セミナー】を開くというものがあります。
今回の記事は、セミナーの開き方ないついてご紹介したいと思います。
セミナーには情報提供型、顧客獲得型という2種類の方式があります。前者は、開催者の知識や技術を広めていくのに効果的な方式です。一方で後者は、自社の商品をプロデュースするところが大きな目的となります。
具体的な事例を挙げて解説していきます。