【NESTA-PFT~パーソナルトレーナーの資格~】


facebookInstagram

【NESTA-PFT~パーソナルトレーナーの資格~】


ここ数年、モデルやタレントが「2ヶ月で-16㎏!」「3ヶ月でウエスト-15㎝!!」などのCMや広告を目にする機会は多い。
劇的に変貌を遂げたモデルやタレントにしかスポットライトは当然当たらない。
だが、本人の努力ももちろんだが、ボディメイクをトータルサポートする「パーソナルトレーナー」の存在なくして成功はありえない
パーソナルトレーナーの認知度は高まりつつあるが、まだまだ低い。
今回はパーソナルトレーナーについて「NESTA-PFT」という資格に絡めて紹介する。

・・・目次・・・

【PFT??】

【資格取得のメリットは!】

【資格取得はスタートライン】

【PFT??】

日本において、パーソナルトレーナーになるには資格は必要ない。

トレーニング指導において自らの経験はとても重要であることは間違いない。

一方、「やらされた」「そういうものだから」「セオリー」「根性論」などという根拠のないトレーニングが日本においては少なくない。

相手から説明を求められると、ただただ『上から目線』な体質がスポーツ指導においても、未だに根強い。

このような、「経験」のみの指導には限界がある

しっかりとした科学的な「根拠」を持つことが重要になる。

NESTA-PFTアメリカ発の資格で、パーソナルトレーナーとして確かな技術・理論を学べる「入門書」に近いだろう。

【資格取得のメリットは!】

資格を取得するためには、

運動生理学、運動機能学、解剖学、生体力学、栄養学……などの基礎知識が必要になる。

NESTA-PFTは他のトレーナー資格に比べて、テキストも薄く、文字数も少ない。

最初に挑戦するにはNESTA-PFTが取り組みやすいだろう。

【資格取得はスタートライン】

努力の末、資格を取得したところで、パーソナルトレーナーとして仕事が舞い込む訳でもなく、運良く現場に出られたとしても、手も足もでないだろう。
どの仕事もそうだろうが、資格取得は運転免許を取ったようなものだ。
実際に路上に出なければ資格なんてものは紙切れに過ぎない。
資格をきっかけに「根拠」のある「経験」を重ねていくしかない。

記事の担当者

加藤 大昌(かとう ひろまさ):トレーナーズラボ 研究生

関連記事

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.3 脂質

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.3 脂質の画像

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.3 脂質

パーソナルトレーナーとして働く・働きたい、ダイエットをしたい、などなど考えられている方へ、今回は、必ず抑えておきたい「脂質」についてです。
「脂質」はどちらかというと、「悪」とされやすい栄養素だと思われます。ですが、脂質の身体における働きを知り、「悪」なのか「良」なのか?判断していくために、「脂質」についてまとめていきます。

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.2 タンパク質

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.2 タンパク質の画像

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.2 タンパク質

パーソナルトレーナーは運動の知識・技術と同じくらい必要なものがあります。
それが【食事の知識】、栄養学です。
トレーナースクールで学んだ座学をわかりやすく、誰にでもわかっていただけるように、そして自身の知識の定着と復習も兼ねて、世界で一番簡単な栄養学をモットーにお伝えしていきます!!
第2回はタンパク質です!

愛されるトレーナーの身だしなみとは??

愛されるトレーナーの身だしなみとは??の画像

愛されるトレーナーの身だしなみとは??

トレーナーの仕事は、「パーソナルトレーナー」「フィットネス」「スポーツ現場」どの現場においても、相手と1対1であり、距離感が近い仕事です。
相手にどのような印象を与えるか? 良好な関係を築けるか? 
ここは、とても大事なポイントになってきます。
どんな「身だしなみ」を整えると相手に良い印象を与えることが出来るのか?
トレーナーにとって抑えておきたいポイントをまとめてみました。