「パーソナルトレーナー」の資格 ~NESTA-PFTについて~ Part2『資格取得の手順』


facebookInstagram

「パーソナルトレーナー」の資格 ~NESTA-PFTについて~ Part2『資格取得の手順』

前回の、
「パーソナルトレーナー」の資格 ~NESTA-PFTについて~ Part1  『NESTAの特徴』では、
NESTA-PFTの特徴と取得可能な条件、取得の効果についてお伝えしました。


今回は、
「取得には、どんな作業が必要なのか?」その流れを具体的にお知らせいたします。

資格の取得・更新に必要な手順、方法を知ることで、


NESTA-PFTという資格が、みなさんのライフスタイルの中で取得しやすい資格なのかどうかが見えてきます。


 

NESTAの受験方法は3つのコースに分かれているため、それぞれのコースの特徴をそれぞれ示します。


1.ゼミコース

NESTAの実施する養成講座を受講して、修了後に認定試験を受験するコースです


「ロングコース(4日間 32時間)」と「ショートコース(2日間 16時間)」の2種あります。


・ロングコース 4日間
 運動生理学、機能解剖学、生体力学を一度も学んだことがない、経験が浅い、基礎から学習したい方を対象


・ショートコース 2日間
 運動生理学、機能解剖学、生体力学については学習済みの方を対象

基礎知識は習得していること前提としているため、基礎知識に関して不安がある方は、ロングコースがおススメです。

2.WEBコース

Eメールを活用した通信教育にて学習するコースです。


①テキストに沿って、各章毎に担当講師からメールにて課題が送信

②1週間程を目途に解答を返信する

③講師が解答を添削、補足して返信。


学習ペースや解答ペースにより異なりますが、通常2~3カ月かかります。

3.ダイレクトコース

資格試験のみ受けに行くコースです。

このコースの特徴は、「ゼミ」「WEB」コースと違い、講座を経ることなく受験するため、
現場での指導経験が長い方、知識、技術に自信がある方におススメできるコースです。


このコースは、受験要件を満たしていれば、
「試験日程の申し込み」→「料金の支払い」→「手続き完了」となります。
パーソナルトレーナーの学校に通っている方は、ダイレクトコースで問題ありません!

申し込み方法

全てのコースの申し込み手続きはNESTAのホームページから行う事が出来きます。
申し込み後に入金です。
ダイレクトコースは、クレジットカード決済・銀行振込が可能です。
ゼミコース・WEBコースは、銀行振込のみとなります。

まとめ

大事なことはコース選びです。


①:ご自身の現状として知識、経験とも自信があるかどうか?


②:基礎知識は有しているといえるかどうか?


③:資格取得までに急いでない・締め切りがない。養成コースを受講しに行く事が出来ない。


上記の①~③を考えて頂き、
どのコースが適しているのか、見極めて参考にしていただければと思います。

 

次回は、『資格の更新方法』です!!

記事の担当者

松山 尚史(まつやま たかふみ):トレーナーズラボ 研究生・柔道整復師

関連記事

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.3 脂質

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.3 脂質の画像

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.3 脂質

パーソナルトレーナーとして働く・働きたい、ダイエットをしたい、などなど考えられている方へ、今回は、必ず抑えておきたい「脂質」についてです。
「脂質」はどちらかというと、「悪」とされやすい栄養素だと思われます。ですが、脂質の身体における働きを知り、「悪」なのか「良」なのか?判断していくために、「脂質」についてまとめていきます。

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.2 タンパク質

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.2 タンパク質の画像

パーソナルトレーナーへの道:【栄養学】Vol.2 タンパク質

パーソナルトレーナーは運動の知識・技術と同じくらい必要なものがあります。
それが【食事の知識】、栄養学です。
トレーナースクールで学んだ座学をわかりやすく、誰にでもわかっていただけるように、そして自身の知識の定着と復習も兼ねて、世界で一番簡単な栄養学をモットーにお伝えしていきます!!
第2回はタンパク質です!

愛されるトレーナーの身だしなみとは??

愛されるトレーナーの身だしなみとは??の画像

愛されるトレーナーの身だしなみとは??

トレーナーの仕事は、「パーソナルトレーナー」「フィットネス」「スポーツ現場」どの現場においても、相手と1対1であり、距離感が近い仕事です。
相手にどのような印象を与えるか? 良好な関係を築けるか? 
ここは、とても大事なポイントになってきます。
どんな「身だしなみ」を整えると相手に良い印象を与えることが出来るのか?
トレーナーにとって抑えておきたいポイントをまとめてみました。